2009年06月

2009年06月26日

658) 久しぶりのジョギング

先日の話です。

私が会長をしている遊びのサークルの集まりで、メンバーの盛り上げ役、ホストのアキちゃんが言った。

アキちゃん、『会長、俺、最近、毎日5km走ってるんですけどぉ〜 1ヶ月で5kgも痩せてしまったんです。』

『パンツとか、ガバガバになってしまってぇ〜 ベルトの穴も2つぅ〜〜』

『ほら、会長ぉ〜見て見てぇ〜〜〜。』

 『ふ〜〜〜ん。 5kgね〜。 元々そんなに太ってないじゃん。』

アキちゃん 『いやぁ〜 それがそうでもなかったんすよ〜。 25歳過ぎてから下腹に肉が付きだして、ジムとかだけでは追いつかなくなってきていて・・』

『けっこう酒とか飲みますしね〜。』

 『まあ、イケメンでも下腹出ててはなぁ〜。で・・・毎日何キロ走ってるの???』

アキちゃん 『名城公園を回ってるんですけど、5kmくらいですかね〜。』

 ジ〜〜・・・・ 『ほんとにぃ〜w』(ニヤニヤ)

アキちゃん 『あっ・・・会長、嘘だと思ってるでしょ???』

 『ん〜〜 5kmは大げさだなw 1kmくらいだろwww』

アキちゃん 『ひどぉ〜 毎日・・・ 雨の日以外は5km走ってますよ。』

 『はいはいwわかったわかったw 5kmでちゅね。よしよしw』

アキちゃん 『別に信じてくれなくてもいいですよ!』(プンプン!)


そして、本日・・・。

わ・・・わ・・・私も5km走りました!


仕事が終わり家でくつろいでいたのですが、何となくアキちゃんの5kmのランニングの話を思い出して、あいつにできて俺にできないことはない!と思い、ナイキのTシャツと短パンに着替えて、ナイキのエアーシューズを履き、ウエストポーチに携帯とタバコとライターを入れて・・・。

以前手がけた愛西市の勝幡というところの分譲地まで行って帰ってきたら確実に5km以上あるな〜wと思い、ルートを思い浮かべました。

よ〜いドン! 家の前から走りだしました。

バテるのはわかっていたので、ゆっくり走りだしました。

1km青塚駅通過・・・ けっこう息がきれてきて少し辛さを感じました。

2km勝幡ヨシズヤサイドを通過・・・もう限界に近い状態で完璧にアゴはあがってしまい、ゼーゼーハァハァ状態。

2,5km当社の分譲住宅付近(折り返し)・・・・だめだぁ〜もう死にそうな状態。

もうこの時、一応走っているつもりなんですが、歩くスピードと変わらないくらい遅い。

ダメだ〜 歩きたい・・・でも、あいつに走れて俺に走れないわけがない・・・!

絶対足を止めないぞ〜!!!

でも・・・ 足もふらついているし・・・走るのをやめたい・・・。

そんなことを繰り返し考えながら、3km地点通過・・・。 このあたりのスピードは、たぶんタラちゃんやイクラちゃんの三輪車並だと思う。

このあたりから、もう、目はかすむし物を考えることもできず何が何だか分からないが走っている状態・・・・。

4km地点青塚駅まで戻ってきた・・・ 足を止めないようにしながら自販機でミネラルウォーターを買い、いっきに飲んだ。 意識がハッキリしてきて体中に水が浸み込む感覚。

うめぇ〜〜〜こんなに水っておいしいんだぁ〜と思いながら、家に向かい進みだした。

家まであと300m付近 だめだ〜あと300mが走れない・・・ いかん足を止めたら負けだぁ〜。 もう歩道に横たわりたい・・・ もうだめだ・・・ もうだめだ・・・足がもつれるし、膝がカクカクする・・・もうだめだ・・・。

ゴーーールーーーーwww

バタッ・・・家の外の玄関ポーチに倒れこんだ。

ゼーゼーハァハァー ゲホゲホっ ゼーゼーハァハァ・・・・・・・・・・。

何分たったのか時間すら読めなかったが、少しずつ呼吸が戻ってきた。

少し冷静になったのか玄関ポーチに汗が染みて色が変わっているのに気が付いた。

こんなところで寝ていてはいけない!!!

よしっ・・・起きよう!!!

足が重い・・・何とか立とうと方膝を立てて足に力を入れると、膝かカクカクして立てない・・・・ 玄関のノブに摑まりながら何とか立って玄関の中に入った。

玄関に座り靴を脱ぎ、冷蔵庫まで這って行き、お茶をがぶ飲みした。

だいぶ息が整ってきたので、風呂に入りました。

すると、今度は頭痛が襲ってきた・・・・・。

バファリンを飲み1時間ほど横になっていると、元の状態に戻りました。

それから、アキちゃんに電話をかけた。

 『俺も5km走ったぞぉぉぉ〜〜! 死ぬかと思ったw』

アキちゃん 『いきなり5kmも走ったらダメですよぉぉぉ〜。』

『俺、1kmから、毎日少しずつ増やしていって最近やっと5km走れるようになったんですからぁ〜。いきなり5kmは無茶ですってぇ〜。 会長のことだから根性で走ったんでしょうね〜アハハ〜w』

 『アキちゃん・・・ お前・・・1ヶ月毎日5kmって言わなかった?』

アキちゃん 『言ったかな〜? そんなつもりじゃなかったんですけど・・・日本語って難しいですね〜。』

私は、何故か、竹中直人のように、笑いながら怒っていましたwww


私は、現在39歳、来月には40歳になります。

体力おちましたね〜。

5km走れないんですよ・・・走りましたけど・・・瀕死状態で・・・

昔は、5km走っても全然平気だったのですけどね〜。

学生の頃は、5kmくらい屁でもなかったのにな〜><

泳ぐのだって、2〜3km余裕でしたし・・・。

今は、1kmも泳げないかもしれないな〜><

自分の体力低下に愕然としました。。。

当時に比べて体重も、かなり増えていますしね〜。

当時、身長178、3cm 体重が66kg〜70kg 筋肉質

現在、身長177,8cm 体重が88kg〜90kg メタボ質

何とか年内に@10kg落としたいと考えています。

ナイシトール+運動でダイエットします!!!


あああああ・・・ 今、こうしてても足が震えています。

明日、私は、起きられるのでしょうか???


みなさんおやすみなさい。。。。。。。


追伸 そういえばアキちゃん情報なのですが、店が休みの日曜日深夜、名城公園をジョギングしていたら、全裸の外人男性がいたそうです。
アキちゃんは、面白おかしく話していましたけど、よく考えると恐ろしいですよね〜。
名城公園でジョギングされる方は気を付けてくださいね〜。









人気ブログランキングに参加しています!

あなたの一票をください。。。♪

2つのランキングに参加しています。

↓(人気blogランキング)と、(土地・不動産)をクリックすると投票ができますし、本日の順位が表示されます!

ブログランキング応援クリックよろしく!

人気blogランキングへ



2009年06月24日

657) 非通知電話・・・

今日、すごく嫌な電話がありました。

非通知設定のイタ電です。


ブルルルル〜 ブルルルル〜 (バイブ)

誰かな〜〜〜♪

あれ・・・非通知か・・・誰だろう???

最近、飲み屋の子の営業電話だと出ないようにしているから非通知でかけてるのかな〜???

とりあえず出ませんでした。

しばらくして、再度、ブルルルル〜 ブルルルル〜 (バイブ)

??? 誰だろう??? 気になるから出てみました。

 『はい、近藤でございます。』

相手 『・・・・・・・』(無言)

 『もしもし〜 音でてませんよ〜。』

相手 『・・・・・・・・』(無言)

 『何も聞こえないのでお電話切らせていただきますね〜。』

相手 『調子に乗ってると、そのうち会社潰れるぞ!』

しゃがれた感じの暗く小さな声でつぶやく感じでした。(きもい)

 『はい? 何ですか??? どちら様ですか?』

相手 『・・・調子に乗ってると会社潰れるぞ!・・・』

 『わざわざこんな電話をかけてくるくらいだから暇なんでしょ?、おたくの会社よりは長持ちすると思いますよ。』

相手 『・・・・・・会社潰れるぞ・・・・』

 『おたく頭大丈夫ですか? この電話、非通知解読機能あるので誰か調べて、そちらに伺いますから首洗って待っててください。』

ガチャ! 電話が切れました。

非通知解読機能・・・・ そんなものあるわけないでしょw

びっくりして切ったのだと思いますが、かなり気が小さい人ですよね〜。(小心者)

ちょっとキモいイタ電です。

誰だろう?

私の携帯を知っている人で・・・(携帯番号入りの名刺を渡した人)

携帯電話に詳しくない人・・・ (非通知解読機能を信じた)

昼間っから暇な人・・・・ (忙しい人はイタ電かける暇があったら働くw)

何か、わざと声のトーンを落として、しゃがれた声を作っている感じだったので、会ったことのある人で、たぶん同業者でしょうね。

もう、それっきり、イタ電はありませんでしたが、こういうことがあると何となくその日一日中、気分が悪いですよね〜。

人の恨みをかうようなことはしていない!・・・と思いますし・・・

最近・・・・・・何かあったかな???

同業者以外では・・・っと

お客様からのクレームはないし・・・。

ファミマで注意したお兄さんか?・・・いや、違う・・・携帯知ってるわけない。

土地の仕入れのゴタゴタ?・・・・これも、違うな〜。

こうやって、ブログを書いている最中も考えているが・・・わかりません。

結論= やっぱ同業者以外考えられない!!!

こういうことする人って、神経がわからないというか、気持ち悪いですね。

たぶん会社の暗い倉庫の隅で体操座りしながらイタズラ電話してるのでしょうw (想像w)

暗い性格で毎日が充実してなくて、きっと人生がつまんないんでしょうねぇ〜。

言いたいことがあるなら、正々堂々と自分の名前を名乗って言えばいいのに・・・。

どういう神経してるんでしょうね???

ほんと気分が悪いです。

気分転換に社長室で、パターの練習とブルーワーカー(健康器具)を30分ほどやりました。

今日は、まだ何となくムカムカしています・・・・・ 

本当は、こういう頭の狂った人の嫌がらせを受けても、『ご親切にぃ〜ご忠告ありがとうございます〜。』ってなかんじでサラリと受け流せると良いのでしょうけど、まだまだ人間が未熟なので、なかなか難しいというか・・・無理です。

今日は、嫌なことがあったけど・・・・明日は良い日になるといいな〜。






人気ブログランキングに参加しています!

あなたの一票をください。。。♪

2つのランキングに参加しています。

↓(人気blogランキング)と、(土地・不動産)をクリックすると投票ができますし、本日の順位が表示されます!

ブログランキング応援クリックよろしく!

人気blogランキングへ

2009年06月22日

656) 家を買う決心(後篇)

貴方は何がきっかけで家を買うと決めましたか?

もしくは、何がきっかけで家を買うことになると思いますか?


私の友人は、結婚して子供もいるのに浪費癖が抜けず、自分の給料の一部を家に入れるだけで、給料の大半を車や船やバイクなんかに使っている大バカ者!

真面目で地味な奥さんや素直で可愛い子供を知っているだけに・・・・・・。

友人の浪費癖を直し、マイホームを買わせてあげたい!!!

そんな思いで、友人の奥さまを説得しに行ったわけですが・・・・・。

奥さん 『欲しいけど、家なんて買えるわけないじゃないですか!』

『うちの家のルール知ってますよね〜。 月に10万円、ボーナス時30万円は家庭に入れる! それ以外は、この人、全部遊びに使っているのですよ!』

『この人が家に入れてくれる金額は年間180万円、後は、全部私の給料で生活をしてきました。 それだけならまだしも、この人、借金だらけで、どうやって家なんか買うんですか・・・』

友人 『何言ってるんだ! 借金は自分の分から払ってるから、お前に迷惑かけてないだろ! 決めた額の中でやりくりしてるだろ〜』

 『おいおい、この際だから言うけど、世間の常識のわからないバカは黙ってろや! 今は奥さんと真面目に話してるんだ!』

友人 『またバカって言ったな・・・・・・』

 『奥さんの言いたいことはわかるよ。 だからさ〜 こいつの浪費癖をなくして、家を買おうって言ってるんだよ!』

奥さん 『なおりませんよ! 結婚する前からずっと、こんなんですから・・・・』

 『奥さんさ〜 奥さんもほんの少しだけだけど責任があると思うんだけどな〜。』

奥さん 『そういう意味ですか???』

 『怒らずに聞いてね! このバカのワガママを許してきた責任というか、過失割合は0%じゃないと思うんだよな〜。 夫婦なんだから、少しずつでも改善できなかったのかな〜?』

『それに、このままではいけないと思うから、反省して改善して、つまり浪費癖を治して家を買い、新しい家庭の形を作るほうがいいと思うんだ。』

『このまま、浪費癖のある旦那を持って、ず〜〜〜っと永久にやっていくつもりなの?』

奥さん 『・・・・家を買って、今のままやりたい放題やられたら破産してしまいますよ!』

 『今の家賃プラス5万円・・・ 何かをやめさせよう。というか、家の維持費も含めて、毎月10万円を、これから毎月20万円家庭に入れてもらおう。 それから、今後、一切借金はしないと約束させよう。』

『それができるなら買えばいいし、それができなかったら買わない。というか買えないよね。』

私は、友人に言いました。

『お前、約束できる?』

友人 『うむ・・・・・・・・・ うむ・・・・・・・ 月20万も家に入れるのか・・・・ ボーナス時30万だろ・・・・ きついな〜・・・・』

 『いつまで独身気分でいるつもりだ? いいかげん大人になれよ! 船や高級外車なんかいらんだろ。』

『今から、きつい事言うぞ!!! 殴り合いの喧嘩になるかもしれんが、それはそれでかまわんよ! 』

『多くの亭主は決まった小遣いの中でやってるんだぞ! お前の遊びをやろうと思ったら、もっと稼いでからやれよ! お前のやってる遊びは、年間、2000万 3000万稼ぐ人が、余裕をもって遊ぶ金の使い方なんだよ! 甲斐性もないのに 外車、バイク、船、JETなんか買いやがって・・・、飲み食い旅行、やりたい放題やって、お前、このまま死ぬまで行くのか?』

『女房も子供もいるんだから、もう少しマシな生き方したらどうだ?』

友人 『・・・そんなことは、前から考えてる。 でもな、俺は我慢ができないというか、欲しいとなったら何がなんでもほしいんだ。』

 『〇○ちゃん(奥さん)家を買って、こんな調子だったら別れたほうがいいよ。 家を持つってことは、その家を守るという責任ができるわけで、その責任を果たせない旦那ならいないほうがマシでしょ?』

奥さん 『何度も別れようと思ったことはありますけど、いろいろ考えると別れられなくて・・・』

 『じゃあ、本人が、小遣い減らしてでも買うかどうかだな。 お前どうすんの?』

友人 『・・・・家買うわ・・・家にも、今まで以上に金入れるよ!』

 『今回家を買って、お前が約束を破ったら、家族は崩壊するんだぞ! 簡単に言うなよ! 浪費癖なおせるのか?』

友人 『わかった。 約束する。。。』

 『よし、決まったw 〇○ちゃん(奥さん)そういうことだから、家買おう! 俺が、プロデュースするよw 無茶なこと以外なら何とかしてやるよw』

私 『まずは、借金を返さないと金融機関の融資がきついから、〇○ちゃん、今、現金でどれだけだせる?』

奥さん 『預金で1200万円と、保険を解約すれば、後300万円くらいは何とかなりそうだけど・・・・・・・。』

 『こいつの借金が800万円くらいかな〜 それから諸費用で200〜300万円として・・・・ 保険は解約しなくていいよ! 後は俺が銀行から引いてくるわw』

『土地と建物で、3000万円くらいで何とかしましょうw』

その後、どんな家を建てたいかを2〜3時間話しました。

奥さんは、今まで家を建てたかったのでしょうね。

質素で地味な奥さんなんですが、沢山の希望が・・・・。

でも、すごく嬉しそうですw

めちゃくちゃ幸せそうな顔で話していましたwww


私は、新しく建てる家の話を長時間聞いたあと、これからの段取りを話して帰りました。

翌日、友人から電話がありました。

友人 『あの野郎、俺にないしょで、あんなに貯めてやがったのか〜。 さすがリイチ(私のアダナ)、嫁さんがシコタマ貯め込んでることよくわかったな〜。』

 『まあ、経験からくる勘ってやつだw お前も心入れかえてがんばれよ! 家を持つんだから、遊びを減らさないとな〜。』

友人 『ところで、相談なんだけど・・・ 車やJETを入れておく倉庫が欲しいんだけど・・・・ 無理だよね〜。

 『いや、車庫も考えてるよ! 家庭的な車と、お前の小遣いで買えるものしか入らない車庫だw

友人 『あ・・・当たり前だろ〜。 俺は良い亭主になるんだw 無駄なものは極力買わない!』

 『あっ・・・ 言い忘れてた・・・ 俺の手数料というか報酬なんだけど、あの8人乗りの船と、スタンディングのJET1台でいいよ!』

友人 『てめ〜〜〜 それが目的だったのかぁぁぁ〜w』

 『相変わらずバカだな〜w今頃気付いたのか・・・www』

友人 『まあ、船も年に数回しか乗らないしな〜。 スタンディングも、もう2年乗ってないし・・・』

『お前のお陰で、なんか目が覚めたというか、いいキッカケになったよ。 もう少し自重するわ。』

 『じゃあ、ハマー(外車)もちょうだいwww』

友人 『調子に乗るなよぉぉぉwww』

ということで、田舎で少し大きめの土地を探し、家を建てることになりました。

昔からの悪友が、これを機会に真人間になってくれるといいな〜。

また、同じことを繰り返すようなら、その時は友人として・・・・・・。

そんなことを思いながら電話を切りました。


家を購入する決断!

子供がそのまま大きくなったような大人(悪友)が、家を買う決断をしてくれたことが、すごく嬉しいです。

この悪友と悪友の家族の幸せを心の底から願っています。

さぁ〜 決断したのはいいけど、ここまらが私の仕事・・・。

大変ですけど頑張ります(^^;)








人気ブログランキングに参加しています!

あなたの一票をください。。。♪

2つのランキングに参加しています。

↓(人気blogランキング)と、(土地・不動産)をクリックすると投票ができますし、本日の順位が表示されます!

ブログランキング応援クリックよろしく!

人気blogランキングへ