2009年05月

2009年05月31日

639) 契約解除の違約金

不動産の売買契約を締結してから、解約をする場合、基本的にペナルティーがある!ということは、皆さん御存知ですよね〜。

当然、お客様の融資が通らない場合なんかは、無条件解約できるように契約書に盛り込んであるが、契約してから、やっぱりやめた〜〜〜。なんて時は、手付解除、もしくは、違約解除になる。

当社でも、年に百件以上の契約をするが、2〜3件は、手付解除や違約解除になることがある。

実は、昨日、お客様から違約金を払うので契約を解除してほしいという相談があった。

今回は、お客様が売り主で、当社が買主の契約だったのだが、契約後に家族が猛反対したらしく、契約解除を申し入れてきたのだ。

こちらとしても、契約後、履行に着手していたので、違約金は売買代金の2割・・・・。

違約金を2割払うというのは、売主さんにとっては厳しいことだと思います。

でも、不動産の契約というのは、お互いにペナルティーを定めて、中途で解約した場合はどうするかを決めて、お互いに印鑑を押すわけで、その責任というのは果たさなければいけません。

実際に当社も、契約後、下請けさんに測量をさせたり、図面を作成したりで、今さら解約されると困ってしまうのですよね〜。

私が、本件の担当社員から解約の話を聞いたとき、『今さら、ここまできてそれはないでしょ〜。。。><。。。 御家族の方に理解してもらえないかな〜?』と言ったのですが、社員が、『もう解約の意志は固いので無理です!』と言うので、解約の手続きをすることにした。

 『契約時、契約内容を理解して契約されたのでしょ?』

社員 『はい、それは当然に・・・ きちんと説明したうえで記名押印していいただきました。』

 『うちの会社に対して、どうのこうのではなく、お客様の都合で解約されるんだよね?』

社員 『はい! 契約も、その内容についても全く問題はありませんし、お客様の都合による解約の申し入れです。』

 『じゃあ、気の毒だけど、契約書どうりに解約をしなさい。』

社員 『はい! もちろん、そうするつもりです。』

ということで・・・ 解約の手続きのため、お客様が来店された。

売主さんと、息子さんで来店。

お父さんは、息子に叱られたのか、しょんぼりしていた。

息子さんは、仕事中、抜けてきたのか、作業着姿で、やはりお父さん同様、しょんぼりしている。

そして、お客様と当社の社員が、3階の応接に上がっていくのを、私は1階でパソコンを打ちながら横目で見たが、これから2割の違約金を払う親子が気の毒で声をかけることができませんでした。

しばらくすると、社員が3階から降りて来て私に言った。

社員 『違約金を満額持って来てくださりましたので、解約の手続きに入りますね。』

 『うむ・・・・ 何か気の毒だな・・・ 2割の大金、どこで都合したんだろ??? 作業着姿の息子さんがついて来てるけど、息子さんの貯金かな?』

社員 『それは、わかりませんが、本人も息子さんも、申し訳ございませんと言って違約金を満額持って来ています。』

 『うむ〜・・・ よしっ・・・ まあ、俺が直接話すわw』

私も3階に上がり、お客様と解約の話をした。

お客様は、お金を出して、謝るばかり・・・・。

やはり、解約の意志は固そうだ!

あまり詳しくは聞けなかったが、どうも息子さんが、違約金を用意したと感じた。

自分の生まれ育った家を手放したくないので、頑張って違約金を用意したのかな???

事実はどうなのか知らないが、私はそう感じた。

私の経験からなんだが、解約をする人というのは、何だかんだ、わけのわかんない理由をつけたり、因縁をつけて解約する人が多い

でも、この人たちは、素直に謝るばかり・・・。

私の性格は、強引に来られると、もっと強引に跳ね返すのだが・・・

こういうパターンには弱いんですよね〜・・・・。

私は、契約者ではなく、息子さんと話をした。

 『自分の言葉で話すけど・・・ この金作るの大変だっただろぉ〜。 作業着着てるのを見てると、うちに下請けや孫請けの若い衆と話してる感覚なんだよな〜。 あのさ〜 これ、勤め人にしたら、大変な額だぞ・・・。』

息子さん 『はい・・・。』

 『こういう結果になるのに、何で契約したの? もう少し考えてから契約したほうがよかったのではないですか?』

『うちは、違約金もらいたくて契約したんじゃないんですよ! こんな後味悪い形は嫌なんですよね〜。』

息子さん 『はい、本当に申し訳ございません。』

 『本来は、違約金設定がしてある以上、2割を頂いて解約するのですが、うちが下請けを使った分の経費分だけで解約しましょう。』

結局、概算で、うちが下請けに払う分などの必要経費を計算して、その費用を違約金として解約をすることにして、残りのお金を返した。

当社としては、骨折り損のくたびれ儲けとなったわけだが、違約金が欲しくて契約したわけじゃないし、息子さんが、一生懸命掻き集めてきたお金だとわかったし・・・ まあ、残念だけど仕方がないな〜という感じです。。。

その後、社員と話をしました。

 『これで、良かったよな? 親父の為に息子が違約金もってきたら、俺、満額もらえんわ・・・ちょっと甘いか???』

社員 『いえ、社長のそういうところ好きですよw』

 『あはは〜 今回は特別w 金が必要で売る人から、違約金取れないだろ? 息子さん、違約金を一生懸命作ったみたいだしね。』

社員 『次の案件で頑張りましょう!』

 『そうだな〜。 安くて良いものを供給できるように、仕入れのほうも頑張ろうw』

今日の話は、これで終わり!


あっ・・・ これはお客様にも言ったことですが、買うにしても売るにしても、よ〜く考えて、家族や身内と相談してから、契約をしましょうね!

解約というのは、無駄というか、どちらも後味悪いですからね〜。

当社の下請けさんにも迷惑かけてしまいました。(すみませんでした)





ブログランキング 急降下、今日も応援クリックをお願いします。

今日のランキング・・・何位かな???




↓(人気blogランキング)と、(土地・不動産)ポチッすると順位がわかるよ!

ブログランキング応援クリックよろしく!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ

2009年05月28日

638) 飲食店経営の相談(喫茶店)

知人の紹介で、喫茶店を経営したいという方と会った。

ある程度の計画ができているかと思いきや、まだこれから計画をするということだった。

まずは、聞き取り♪

現在の職業→ 当然、飲食店勤務。

店を出したい場所→ 私に相談するだけあって当然、愛知西部

店の規模→ 店30坪 土地100坪〜150坪

資金面→ なるべく出したくないので大半を融資(^^;)

つまり、場所も資金調達もこれからという状況

国金や銀行の融資のシステムを説明しながら、現在の職歴に問題がないことを伝えて、あとは事業計画書の作り方を説明した。

そして、具体的な場所を決めて、土地取得資金と建築資金と開業資金と運転資金を算出しないといけないことを説明した。

資金面は、最悪、借入が少なくなっても、ある程度の自己資金はあるようなので、ある程度安心して前に進める。

今のところ問題はなさそう。

まずは場所決め!ということだ。

今まで、数十件の飲食店OPENの手伝いをしてきたが、私が良いと言って潰れた店はない!・・・ いや・・・ あったかも・・・? でも・・・つぶれたんじゃなくて、やめたんだけど・・・ 和食の店がありました。

まあ、でも、自分で言うのも何ですが、この地域での場所決めには、けっこう自信があります。

特に喫茶店は、毎日使いますし、この地域の人の流れがわかるので、いいアドバイスができると思います。

そんなわけで、お客様といっしょに、場所選びに出かけましたw

車内で、お客様といろんな話をしました。

 『ここ、いいでしょぉぉぉ〜〜〜w ここらの人は、近所に喫茶店がないから、けっこう遠くの喫茶店に行ってるんですよ。』

『その喫茶店は、モーニングサービスが、パン サラダ ゆで卵、だから、もう少しグレードを上げれば、けっこう流行ると思いますよ〜』

お客さん 『いえ、同じでも大丈夫じゃないですか・・・? 中身を工夫したいですね〜。』

『例えば、サラダを、マカロニとかポテトとか日替わりにするとか、ゆで卵を、半熟と硬めと選べるとか・・・』

 『いいですね〜。 私は、スパサラと半熟玉子が好きですw』

こんな話をしながら、私の独断と偏見の、喫茶店やったら流行るだろうランキング土地3ヵ所を案内しました。

私は、自分の中でのランキング1位の美和町の土地を推しましたが、お客様は津島市の土地を気に入ったみたいです。

まあ、どれを選んでいただいてもベスト3内の土地なので、私としては、津島でも全然いいのですけどね〜w

とりあえず、今日はここまでで、お客様は帰られました。

場所については、一週間ほどで返事を下さるそうですが、喫茶店OPENについての全てを私に任せてくださるそうです。

もちろん、初対面ですから私の信用というわけではなく、紹介者の信用なんでしょうけどね。

紹介者の〇○さんが、『あの男に任せておけば大丈夫だ!』と言って下さったそうで、ほんと・・・感謝です♪


さて、これで場所が決まると、建築や設備の見積もりを取らなくてはいけません。

まだまだOPENまでは、いろいろありますし、時間もかかりそうですが、紹介者の顔にドロを塗らないように、喫茶店OPENまでしっかりサポートしていこうと思っています。

しかし、この紹介者の信頼は絶大ですね〜。

私と会ったその日に、『〇○さんの紹介する人ですからお任せします・・・』ですからねw

そして、今回のお客様に、仲介手数料+コンサル料以外に、特別な報酬をお願いしました。

今回の仕事の報酬は、仲介手数料+コンサル料+半熟玉子になりそうですwww






ブログランキング 急降下、今日も応援クリックをお願いします。

今日のランキング・・・何位かな???




↓(人気blogランキング)と、(土地・不動産)ポチッすると順位がわかるよ!

ブログランキング応援クリックよろしく!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ


2009年05月27日

637) 若い経営者の会に呼ばれて・・・

経営者の集まりにゲストとして呼ばれた。

愛知県を中心に岐阜、三重の20代〜30代の経営者30人ほどで、月に1度集まり、情報交換をしているらしい。


この会の会長さんが、私のブログの読者で、近藤社長の辛口なご意見をという希望だったのだが、最初はこんな感じ・・・↓。

 『こんばんは・・・ 本日は経営者の会ということですが、みなさんカラフルですね〜。 ほら、そこのピンクの女性・・・林家パー子さんかと思いましたよ! 今日はカメラはもってないのですか?』
そんな挨拶からスタートして、自分の10年の不動産業というものを語らせていただき、自分の力は1で人の力は9でという、自分の能力のなさをアピールして、最後に、この会の人同士が繋がり、更なる向上を・・・なんて、つき並みな言葉を贈った。

食事会の後のの挨拶は、『経営者の集まりとは名ばかりで・・・ただの金儲けしたいだけの妄想経営者の集まりですね〜。』 その他、ブログに書けないくらいの厳しいことを言って、みなさんドン引きのところを、この会の発展を・・・なんて言って終わらせた。

ちょっとやりすぎたか・・・???とも思ったが、こんな実のある話は初めてです・・・!と、8割くらいお世辞だと思うが、会長は喜んでくれた。


経営者の会ということなので、企業の社長がいるのかな〜? そんなところで私ごときがゲストで呼ばれて何を話そうかな〜?なんて考えながら行ったのだが、行ってみると、まだ、20代〜30代くらいの若い方たちばかりだった。

ちなみに私も30代だが・・・・ みんな、見た目が若いですね〜。

話を聞いてみると、メンバーの大半が1人でやってる人みたいで、複数でやっているという人でも、4〜5人規模だったかな〜?

雑貨販売、ブティック経営、美容師、エステ経営、車屋、司法書士、税理士卵 塗装業、足場屋、個人運送業、その他、いろんな業種の人が集まり、会を形成しているようだ。

頭の毛が、黒い人より、茶髪が多いのには驚いたwww

経営者の会というより、どちらかというと、ベンチャーの集まりみたいな感じですね。

私は、普段、ロータリーやライオンズの方々と遊ぶことが多いのですが、今回の若き経営者の会に呼ばれて、良い意味でも悪い意味でも、この人たち若い!って感じがしましたね。

まず、悪い意味のほうから行きましょうw

この集まりは、何を目的としているのでしょう?

私には、ただのコンパの延長に見えました。

それに、話してることが、ハッキリ言って幼稚に感じました。

ただ単に金儲けしたいだけでは、商売がうまくいくはずないと思います。

経営者の責任!!!

つまり、お客様に対する責任、社会に対する責任、自分の家族や、人を使っている人なら社員と社員の家族に対する責任ということを、もう少し考えたほうがいいと思いました。

それから、勘違いしているのは、人と集まり名刺交換して酒飲んで楽しく話すだけでは人脈を活かすことなんてできません。

まずは、自分の商売の宣伝をする前に、相手の商売を聞き、その相手に、どれだけ協力してあげられるかを考えたほうがいいでしょうね。

私の経験で、ちょっとキツイ事をを言わせてもらうと・・・
経営者の会では、相手ことを考えることができる人同士が結びつき、お互いが向上するのであって、自分の仕事の宣伝だけなら良いパートナーに出会えないし、余所でやったほうがいいんじゃないかな〜www


では、次に良いほうの話をしましょう。

私の知る経営者の集まりと違い、お金の感覚が素晴らしいですね。

うまく説明できませんが、お金の大切さを知っているというか・・・。

少額でも節約できるのであれば、その為の努力や苦労を惜しまないことや、自分の商売を成功させるために、昼夜問わず働けることが素晴らしいと思いました。

自分の仕事を成功させつために、他のバイトと掛け持ちで商売している人なんかもいて・・・ いい刺激になりました。

俺も、昔は、死ぬほど働いたよな〜wなんて・・・懐かしい気持ちになりましたw

この頑張りや、お金の価値観は、ずっと持ち続けてほしいですね〜。

1食数万円の食事も、1食数百円の食事も・・・・ 1つ数億円の仕事も、1つ数千円の仕事も、大切にする、その感覚は、いつまでも、ずっと持っていてほしいです。

最後に・・・

この会の会長さん、たぶん口癖なんだと思いますけど・・・・。

金があったら・・・とか、自分は資産家じゃないから・・・とか、言わないほうがいいですよ。

金があってやる商売なんて、成功率が高すぎますよ!

金があって商売を成功させるより、金がないところから商売を成功させたほうが、楽しいしヤリガイありますよw

私も昔、資産家の人を羨ましく思ったこともありますが、今は、貧乏人の子に生まれて良かったな〜と思っていますw

あっ・・・ このブログなんですが、普段から読んで下さってる読者の方に、今日のブログ、若き経営者の会をボロクソに貶してると取られると嫌なので説明しておきますが・・・・ 
元々、私のブログの読者の方が、この会に呼んで下さったわけで、その際に、社長が思った事をそのまま・・・ということでしたので、自分の素直な気持ちを、本当にそのまま書かせていただいたのです。

だって、良い集まりでございますね〜。 ただで酒飲めて楽しかったですぅ〜〜〜素晴らしい人たちばかりで感動しました〜wなんて書いたら、この会に呼ばれて行った意味がないですからね〜w

この若き経営者の会の発展と、会員さんの成功を心より願って、ちょっとだけ先輩の私が、本音で感想を書かせて頂きました。





ブログランキング 急降下、今日も応援クリックをお願いします。

今日のランキング・・・何位かな???




↓(人気blogランキング)と、(土地・不動産)ポチッすると順位がわかるよ!

ブログランキング応援クリックよろしく!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ