2009年03月

2009年03月24日

608) 個人情報の取り扱い

昨日のブログで、雑誌社の営業が、私の個人情報を知ってたことを書きましたが、けっこう個人情報って漏れていますよね〜。

まず、会社のメアドには、1日に500件以上の営業メールや、出会い系メールが来ます。

そして、私なんかは、まだ若いのに、精力剤や、育毛剤の営業メールが来ます。

痩せる薬とかもありますね〜。(これは否定できないですけど・・)

まあ、これは、会社のメアドを公開してるので仕方がないのかもしれませんけど、問題なのは、携帯や私の個人のメアドにも、数は少ないですが、営業メールが送られてくることです。

私の個人のメアドは、いろんなキャンペーンに参加したり、仕事関係でも使っていますが、決して公開しているわけではないのに、いろんなところから営業メールが送られてきます。

これって、誰かが情報を流しているってことですよね〜?

キャンペーンの募集等も大手のものにしか応募しないのですが・・・どこから洩れているのでしょうね〜???

それも、まあ、いいとして・・・100歩譲ってですよ・・・・!

特に携帯は、友人か社員以外にメールを送ることもないですが、たまにですが変な出会い系のメールや、携帯の着メロ系のメールとかが来るのです。

情報が流出してるのでしょうか???


因みに、当社では、情報が流出しないように、徹底的に管理をしています。

まずは、書類!

これは流出したらまずいというものは、社員も私も持って帰りません!

会社に置き、万全のセキュリティーのもと、管理しています。

次に、人の口

仕事がら、お客様の年収や家族構成や、その他、いろんな事情を知ってしまうので、お客様の個人的なことや名前が特定できるようなことは絶対に外で話さないように指導しています。

自分の家でも、家族間でも、絶対に話すな!!!と言っているくらいです。

どこで、どう洩れるか分かりませんからね〜。

それから、お客様の住所や電話番号を、下請けなんかに教えるときは、必ずお客様に、教えていいか悪いかを確認してからにしています。

急ぎの用事だからといって勝手に教えるようなことは絶対にしません!

最後に、ゴミ&メモ

お客様の情報の書いてあるものは、ゴミ箱には捨てずに、必ずシュレッターで処理しています。

そのシュレッターのゴミは、信頼できる業者さんに処分をしてもらっています。

それから、メモ用紙は絶対に、白紙のものを使うようにしています。

たまに見かけるのですが、もったいない病の業者さんなんかが、契約書作成を失敗した紙の裏側をメモにしたりしていますが・・・ あれ・・・ ありえませんよね〜。

以前、ある業者さんが、私に手渡したメモの裏側が、お客様の印鑑証明だったなんてこともあり、その時はさすがに、相手の業者に、これはまずいよ〜!って言いましたけど、けっこうメモ用紙に、書類を切って裏側をメモにしている業者さんがいます。

その他、個人情報には、かなり気を使っています。


これだけ気をつけていても、『千代田さん、○○町の土地・・・水面下で、○千万円で買ったらしたらしいね〜?』なんて言われることもあります。(まあ、売主さんサイドから洩れてるんだと思うのですけど・・・)


話が戻りますが、私の個人情報どこから洩れているのですかね〜?

昨日の雑誌営業の人、けっこう深いところまで知っていたので・・・ちょっと気持ち悪かったです・・・(−−:)

まあ、けっこう自分のことをブログに書いてますけどね〜www







ブログランキング 急降下、今日も応援クリックをお願いします。

今日のランキング・・・何位かな???




↓(人気blogランキング)と、(土地・不動産)ポチッすると順位がわかるよ!

ブログランキング応援クリックよろしく!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ







toshikazy at 16:35|PermalinkComments(3)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 土地分譲 | 不動産ブログ

2009年03月23日

607) 雑誌の取材? 営業?

一宮市の宅地分譲 セントフィールド古金の件で、取材の申し込みがあった。

この時期に1回の売り出しでの即完したことを、是非取材をさせていただきたいとのことで電話がありました。


結局、会うことにしました。

今回の分譲のことだけではなく、会社や私のことも載せたいと熱く語っていました。

話を聞いているうちに、なんだか変だぞぉ〜と思うようになり、最終、断りました。

雑誌&HPへ載せるというこてで、当然無料なんですが・・・・

その枠が、とっても小さいのです。

そして、枠を大きくする場合は、料金がかかるというのです。

雑誌ってこんなものなのかな〜〜〜?

普通に本屋さんに置いてあるような雑誌なんですけどね。

↓↓↓こんな売り込み方でした。

『この枠は〇十万円 このページだと○百万円・・・・ 今回、初回売り出しで売れてるから広告宣伝費が余ってますよね〜?』

『この雑誌に載るのは、ある意味ステータスですよ!』

無料の枠は、こんなんなら取材なんてしてほしくないよ!って感じの枠で、料金が高い枠ほど、良い場所で大きいのです。

しかも、無料枠でいいやって断ると、『無料枠でもいいのですけど、社長さんに会ったら、こんな枠に収まるレベルじゃないので、ぜひ、有料のほうを・・・って勧めるのです。

以前も、これに似た営業をされたことがあったのですが、それも断ったので、今回も断りました。

↓↓↓断り方

『以前、新聞と経済誌の取材を受けたことがあるけど料金をとられたことはない!』

『広告宣伝費が余っているだろう?という言い方は、人の懐を当てにしてるだろ〜? 何か変だぞ〜。』

『今回は、お断りさせていただきます。』

すると相手は・・・

断っているのに、しつこく営業・・・あまりにくどいので、ガツーンと断ったら、せっかく雑誌に載せようと思ったのに、社長さんにはがっかりですわ〜。そんな予算もないんですか???』と言う始末・・・

これには、私も腹が立って、『ロト6で当たっても、おたくの会社に1円の金も出したくないわ〜w あんたと遊んでいる暇はないから帰りなさい!』と言って席を立ち、帰ってもらった。

こんなことがあったのだが・・・・。

しかし、うちがセントフィールド古金を即完したことから、広告宣伝費の余りを予想して、営業をしてくるわけですから・・・ 何か観察されているみたいで気持ち悪いですね〜。

しかも、私が飲みに行く錦のクラブの店名や、私の行きつけのホテルのバーや鮨屋まで知っているのには驚きました。

まじで、きもいですわ・・・。

雑誌の取材ではなく、雑誌の営業でした。

前に違う雑誌に載ったときは枠を大きくすると有料です。なんてことはなかったのですが、雑誌の業界というのは、こういうものなのですかね〜???

この営業マンがステータスって、頻りに言ってましたけど・・・ 私は、金で買えるステータスなんていらないです。

大金を払って雑誌に載っておいて、自分の知り合いに、『お・俺、俺、俺・・・雑誌に載ったぞぉぉぉ〜〜 俺ってSUGEeeeだろっ?』って恥ずかしくて言えませんよね(笑)





ブログランキング 急降下、今日も応援クリックをお願いします。

今日のランキング・・・何位かな???




↓(人気blogランキング)と、(土地・不動産)ポチッすると順位がわかるよ!

ブログランキング応援クリックよろしく!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ





toshikazy at 11:19|PermalinkComments(6)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 宅地分譲 | 不動産投資

2009年03月22日

606) 常識のない土地家屋調査士さん

みなさん、自分の土地の面積が正確だと思いますか?

ここ最近、測量をしていれば、公簿と実測の差異は少ないでしょうけど、ず〜〜〜っと測量をしていないと、公簿と実測と大きく違っている場合があります。

昔、岐阜県の〇○市で、500坪の土地を測ったら1200坪あったなんてこともありました!

あの時は、びっくりしたな〜!

まあ、そんなに違っていることは、まずないのでしょうけど、普段取引をする中で、数屐⊃坪くらい違ってることは、ちょくちょくあります。

測量をしていない土地の公簿と実測が違うのはしかたがないとして・・・ 

もしも、測量してある自分の土地の面積が違うと言われたら、あなたは納得できますか?

先日、ある土地家屋調査士が、当社所有の土地の隣の測量の立ち合いに来てほしいと電話をしてきたので、本日、立ち合いをしました。

まあ、立ち合いはお互い様ですから、通常、喜んで協力させていただくのですが、今回は、ちょっと納得がいかないというか、調査士の態度と、測量の内容が無茶苦茶なので、怒ってしまいました。

まず、電話をしてきて、お願いしますの言葉もなく、当り前のように、立ち合いの日時を言ってきました。

当社も土地を買った際に、いつも近隣の方に協力をしていただく立場ということもあり、ちょっとムッときましたが、予定の日時に合わせることにしました。

そして、本日、立会時間になっても、誰も来ませんでした。

私の勘違いかと思って、電話をすると、先方の調査士さんは、『あ〜 すみません、時間の変更を伝えるのわすれてました。 また後日お願いします。 決まったら電話します。』 ガチャ!

当社の使っている調査士さんの場合、こんな対応はありえません。

当社が測量をする場合、近隣にご協力頂かないと困るのはこっちですし、そもそもそれ以前の問題として、隣地の方にご足労いただくわけですから、丁重にお願いするのが当然のことだと思っています。

隣地の方は商売で測量するわけではないようなので、こちらに対して、丁重にとは申しませんが、ちょっと酷すぎるような気がします。

結局・・・電話で怒ってしまいました。。。。。

その後、当社に来て、測量図面を提示して、『おたくのほうが1、1崗なくなります。』と言うのです。


私は、この件に関しても納得がいかないので、どこを起点に、どういう測り方をしたのかを聞きました。

2〜3区画北側から測ったとか、何とかかんとかって訳のわからない説明をききましたが、どうしても納得がいかなかったので、印鑑を押しませんでした。

だって、この土地を買った時、当社は、もっと広い範囲で測り、立ち合いをしてるんですw

確か・・・街区全部を測ったと思います。

まあ、測量素人の私じゃなく、あとは、こっちの調査士と、隣の調査士とで決着をつけてもらいますが・・・ 測量って、こんないい加減なものなのかな・・・・(^^;)

みなさんも、測量の立ち合いの際には、この面積になる根拠をしっかりと聞いて、納得してから、印鑑を押すようにしたほうがいいですよ!

それでも納得いかないときは、法務局へ行くといいですよ!

調査士の見解?で、面積を増減させられたら、困りますからね〜。

みなさんも気を付けてくださいね!






ブログランキング 急降下、今日も応援クリックをお願いします。

今日のランキング・・・何位かな???




↓(人気blogランキング)と、(土地・不動産)ポチッすると順位がわかるよ!

ブログランキング応援クリックよろしく!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ





toshikazy at 14:33|PermalinkComments(3)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 不動産投資 | 営業 経営