2009年02月

2009年02月28日

590) 美和町宅地分譲 販売開始!!!

今日から、美和町で宅地分譲19区画の販売を開始!

約1500坪の土地に6mの道路を入れた美しい住宅街。

小学校に近く、駅までも歩いていける場所。

今回、当社の宅地分譲ではなく、私の友人の会社の宅地分譲です。

そして、当社が、仲介。

価格は、坪25万円〜 区画は、どれも間口が広い!

これだけの美しい分譲地を見ると、ここ当社が売主でやりたかったな〜。と思ってしまう(笑)


美和町の全19区画の宅地分譲、とりあえず第一期の今回は、7区画を建築条件なしでスタートしました。

その後の二期目は、もしかしたらメーカーさんと提携して建築メーカー指定の宅地分譲になるかも・・・・???

といいうのも、住宅メーカーさん各社から、提携の話が多いみたいで、昨日、売主さん(友人)が、『けっこう提携話が来るのだけど、もしも提携するとして・・・どこのメーカーさんと提携するのがいいかな〜?』と聞いてきたので・・・・ 2期目以降の販売は、どこかのメーカーさんの建築条件付になるかもしれない! (未定)

まあ、当社が売主ではないので、何とも言えないが、とりあえず、一期目の7区画を売るのが当社の仕事なので頑張ります(^^)b

最初の7区画については、建築業者の指定等はいっさいありません!


そして、来週からは、当社売主の一宮小金町の宅地分譲10区画の販売を開始します。

南向き6区画と、北向き4区画です。

詳しくは、またブログとHPに掲載させていただきます。


今年、不景気といいながら、住宅用地の動きはいいですね〜。

1月、2月が、思ってたより好調だったので、3月以降の春商戦本番の動きも良さそうな予感!

それでは、みなさん、私は、今から本日の売り出し現場に行って参りますw




ブログランキング 急降下、今日も応援クリックをお願いします。

今日のランキング・・・何位かな???




↓(人気blogランキング)と、(土地・不動産)ポチッすると順位がわかるよ!

ブログランキング応援クリックよろしく!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ












2009年02月26日

589) 隣地の売物件 買いますか?

突然ですが・・・・・  貴方が自己所有して居住しているお隣の土地が売りにでたらどうしますか?

持家ではない方は、持家だったとして考えてみてください。

買う買わないは、それぞれですが、大半の人は、欲しいと思うようです。

全部買いたいという人、半分買いたいという人、少しだけ買いたいという人、様々だが、隣の土地を欲しがる人は多い。

理由も様々で、庭が欲しい、駐車場が欲しい、息子の家を建てたい、家を大きくしたい等・・・ 

人というのは、多かれ少なかれ、もう少し土地が広かったら良いのに・・・と思っているようです。

これは、40坪の土地の人も、100坪の土地の人も同じみたいです。

ですから、不動産営業の基本中の基本なのですが、売り物件が出た場合、売主さんが嫌がらないかぎり 必ず隣地に買いませんか?と営業に行きます。

隣地の方、最優先ということです。


半分くらいの方は、買ってくださります。

これは、高く売る為に持って行くのではなく、隣が売りに出たということを知らせるのが目的なのです。

私は、駆け出しの頃、隣地に声をかけずに、まったく別のラインで営業をかけて売り、売ってから、隣地の方にお叱りを受けたことがあります。

まあ、隣地の方の一方的な主張なのですけど、『俺は、ここが狭いから近所で大きな土地をさがしていたのに、何で、他の人に売ったんだ? 声くらいかけろ!意地の悪い不動産屋だな!』と言われてしまったのです。

売却の依頼をしたのは売主さんなのだから、売主さんに満足して頂ける価格で売れれば良い事なのかもしれないですけど・・・・・ よく考えたら、もう少し隣地の方に配慮すべきだったと思いました。

駆け出しの頃の失敗談です(苦笑)



さぁ〜本題です。

昨日、約40坪の売り物件がでたので、隣地の方のところに、営業に行きました。

すると・・・ 『半分欲しい』と言われました。

私は、『40坪の半分ということは、反対側の隣地の方にも買っていただかないと、中途半端に残ってしまうので、声をかけてみます』ということと、反対側の隣地の方が買わない場合は、半分だけで売ることはできないと説明しました。

そして、接道間口が約8mなので半分に割ると4mずつになること、分筆の費用も折半だと説明しました。

ジャーン!  隣地の方の主張

・今の売主は金持ちだから、中途半端に20坪残しても大丈夫だから、半分だけ買います!

・反対側の隣地には、道路に面していない裏側を買ってもらい、自分のところは道路側が欲しい!

・お金がないし、収入も少ないから、売主さんに、分割払いにするように頼んでほしい!

・息子が来るときの駐車場にしたいからコンクリート張りにしてほしい!(売主の費用でw)

・隣の人とは知り合いだから仲介手数料を0円にしてほしい!

今まで、何百件売ってきましたけど、ここまで主張されたのは初めてです。

自己中心的というレベルを超えた発想です。

売主さん、反対側の隣地、当社、自分以外のことは全く無視・・・(^^;)


私は、条件が厳しすぎて買えないお客さまと判断して、『申し訳ないのですが、今回の話は無かったということで、お願いします。』と言って、反対側の隣地に営業に行きました。

反対側の隣地の方は、先ほどの方とは正反対の方で、売主さんの条件を快く受け入れて、40坪全部を購入してくださることになりました。

買主さんは、隣の土地が買えることを喜んでくださり、何度も、お礼の言葉をいただき、こちらが恐縮してしまったほどです!


問題は、本日・・・ 先に話をした隣地の方が電話をかけてきて、『やっぱり全部買ってあげる。 手数料も半分くらいなら払ってもいいから・・』と言うのですが、もうすでに買主さんが決まったと説明すると、激怒!

ご主人様に、『今から乗り込んだろかぁぁぁ〜〜〜。』って言われてしまいました。

まあ、怒っているのは勝手なんですけど、今度の買主さんに迷惑がかかるといけないので、今夜、なだめてきます。

また、無茶苦茶な事を言われるかと思うと、少し気が重いです。

私の変わりに、社員の誰かが行ってくれないかな〜・・・? ダメだダメだ・・・こういう仕事こそ私がやらねば・・・・(TT)

読者の皆さんは、もしも今夜、隣地を売りたいという不動産業者が来たら、どういう対応をしますか???

気になったので書いてみました。







ブログランキング 急降下、今日も応援クリックをお願いします。

今日のランキング・・・何位かな???




↓(人気blogランキング)と、(土地・不動産)ポチッすると順位がわかるよ!

ブログランキング応援クリックよろしく!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ







2009年02月23日

588) 若き営業さん がんばれ! (住宅メーカー)

あるハウスメーカーさんからご紹介いただいたお客様の話です。

メーカー営業さんと、お客さまの了解を得たので書きます。

お客様のマイホーム取得総予算 4000万円

ハウスメーカーさんの家、3000万円

= 土地取得資金  1000万円


お客様の希望、名古屋駅まで30分以内の急行が止まる駅の近くで 南向き、50坪・・・・しかも、間口が10m以上ないと、メーカーの間取りが入らないとのことだ。

申し訳ないが、こんな土地が1000万円以上で買えるのであれば私が欲しいくらいです。

今日、メーカーさんの若い営業さんが、当社の営業に、何とか1000万円で、そういう土地を探して欲しいと頼んでいた。

当社の営業は、『厳しいですね〜』と言って困っていた。

メーカーさんは、『それを、何とかお願いします〜』と何度も言っていた。

お願いされても何とかなる問題ではない!

メーカーの若い営業さんは、深刻な顔をしてるし、うちの社員は困った顔をしているし・・・ 何とも言えない暗い雰囲気だ。

私は、遠くで話を聞いていたのだが、当社の営業が困っていたので、話の中に入った。

『◎◎◎ホームさん、無理なものは無理なんですよ。 こちらとしては、逆におたくの建物価格を、あと1000万円くらい引いてくださいってお願いしたいくらいだよ!』

メーカーさん 『社長・・・ それは・・・ (^^;)』

 『無理なことを、話していても無駄だ! 建物は下がらない、土地は相場があるわけで、お客様が、◎◎ホームの家を建てたいなら、方法は2つしかない!』

『1000万円で買える土地を買うか、予算を上げるかのどちらかしかないだろ〜。』

『まあ、◎◎ホームの家を建てずに、もう少し安いメーカーにするという手もあるけどな・・・冗談だよw』(笑)

メーカーさん 『冗談きつすぎますよ・・・w でも・・・そうなんですよね〜。 お客様に妥協していただかないと・・・。 でも、あまり押すと、うちで建ててもらえなくなる可能性もあるのですよ。』

『質を落とせば、安く建てることはできますからね。』

 『でも、でも、ばっかじゃん! よ〜く考えてみなよ! お客さんに言いたい放題言われて、はい、そうですかって、ないものを探していても、お客さんにとっても良い結果にはならないんだよ!』

『無理なものは無理と言わなきゃ、無いものをズ〜〜〜ッと探すわけ?』

メーカーさん 『建物・・・断られないですかね〜。』

 『ん〜〜〜 たぶん断られるなwww』

『自分の建物に自信がない奴が商談しても断られるに決まってるよ! 自分ところの商品に、絶対的な自信をもって話そうよ!』

メーカーさん 『は・・・はい!』

 『要するに、お客さんは、パーフェクトな物件を、自分の予算内で納めようとしているわけだ。 何かを我慢してくださいと言ったときに、何を削るかなんだよ! 場所なのか、建物なのか、予算を上げるのか?』

メーカーさん 『建物を削るほうに行きそうな気が・・・』

 『それがダメなんだよ!!! 自分のところの建物に自信ないのか???』

『俺達のやることは、お客さまの予算の中で最大限の夢と希望を叶えることであって、無いものを探し続けることではないんだよ!』

メーカーさん 『問題は、お客様ではなく・・・、断られたら・・・ 上司が・・・ 』

 『厳しい世界だからな〜w 上司に叱られたら、自分は断られたことはないのですか???って聞いてみたらどうだwww』

メーカーさん 『言えません・・・・・。』

 『1つだけ、教えてあげよう。 お客さんの為を想って一生懸命やってたら、そこそこやれるもんなんだよ! 器用とか不器用とかじゃなく、ただ一生懸命! それが、自分の自信になり、お客様がついてきてくれるんだよ。』

メーカーさん 『ありがとうございます。 何か元気がでてきました。 社長は、人を元気にする神様ですね・・・神ですw』

 『意味わからんが、誉められてるんだよな???』

メーカーさん 『はい、それはもう・・・神ですから・・・』

 『お前、おちょくってるんじゃないか???』

そんなこんなで、メーカーの若き営業マンは、元気に帰って行った。』

お客様に、駅近の南向きは無理だと伝えて土地の場所を変えてもらうつもりらしい。 無い土地を探すより、予算内で最高の土地を探します。と伝えるらしい・・・・。

言い方を間違えると、お客さまからも叱られるし、断られれば上司からも叱られる・・・・。

彼は、勝負に出たのだ!

とても素直な営業さん・・・俺も、こんな時代があったのかな〜?

彼の商談の成功を祈ります。





ブログランキング 急降下、今日も応援クリックをお願いします。

今日のランキング・・・何位かな???




↓(人気blogランキング)と、(土地・不動産)ポチッすると順位がわかるよ!

ブログランキング応援クリックよろしく!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ