2008年10月

2008年10月31日

497) NHKの取材  (何の取材?)

先週、社員に、『NHKの取材をお受けしてもよろしいですか?』と聞かれた。

何の取材か聞くと、『自分が仕事をしているのを撮りに来るだけです。』と言っていた。

忙しかったので、他の社員に迷惑をかけないように言ってOKした。


そして、今日、NHKが取材に来ていた。

何だか、物々しい雰囲気・・・。

NHKの方が、丁寧に挨拶してくださり、栗入りの大判焼きをくれたw

 『一応、取材はOKしたんだけど、何の取材か聞いてないんですよ。』

『何の取材なんですか???』

NHKさん、『メタボの取材です。 コンビニ世代の方の食生活でメタボに悩みながらも頑張って仕事をしている方を・・・・・・・・(長くなるので種略)・・・・・・・・・・・。

 『えっ・・・うちの社員のメタボの撮影ですか・・・???』

NHKさん 『はい、なんといってもメタボですから、なかなか出てくださる方いないんで助かりました〜。』

『あとで、社長さんも一言お願いします。』

私まで、メタボの取材を受けるといけないので、精一杯、お腹を引っ込めて言った。

 『私じゃなくて・・・ ○○くんのメタボについてコメントすればいいのですね?』

NHKさん 『はい、宜しくお願いします。』

3時間くらいで、取材と撮影をしてNHKさんは帰って行った。

撮影中、ず〜〜〜っと、お腹を引っ込めていたので苦しかったです(>・<)

お願いされれば、TV局の撮影には、何でも協力しますけど・・・・。

どうせ、TVに出るなら、ガイアの夜明けみたいなのに出たいな〜。

NHKさんなら、連ドラとかもいいな〜
 (無謀な希望)

オンエアーの日時を聞いたら、ブログに書くつもりでいますが・・・・

変なふうに映っていたら、そのまま黙んまり決めちゃいます!

うむぅ〜・・・、せっかくの取材がメタボとは・・・・・・・(TT)

NHKさん、次は、不動産ネタでお願いします!!!





ランキング下がりぎみです。今日も応援クリックをお願いします。

今日のランキング・・・何位かな???



↓(人気blogランキング)と、(土地・不動産)ポチッすると順位がわかるよ!

ブログランキング応援クリックよろしく!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ



496) 売却物件の画期的な査定方法・・・・・(^^;)

先日、物件の査定したお客様から電話があった。

もう一度話したいとのことでした。


社員ではなく、私と話がしたいということです。

自宅に伺いました。

お客様、『社長さん、他社に査定してもらったら、向こうの不動産業者さんのほうが、査定高かったから、、御社のほうををお断りしようと思ってるのです。』

 『そうですか〜。 残念です・・・・。』

『ちなみに他社は、いくらで査定したんですか?』

お客様 『4000万円です。』

 『えっ〜〜〜、それって、この物件が基本的に建て替えできない土地ってわかってるんですかね〜?』

お客様 『それは、わかんないけど、不動産業者が査定したんだから間違いないでしょう?』

 『まあ、不動産業者が調整区域の新宅を知らないわけないと思いますが、一応、聞いてたほうがいいですよ。 もしも、旧宅だと思っているのであれば、とんでもない勘違いしてますよ。』

お客様 『いや、大手の不動産業者さんですよ。 一応、今から電話で確認してみます。』

担当者に電話した。

担当者は、宅地であれば必ず家は建ちますと答えたらしい。

私は、お客様に言って電話を代わってもらい、大手不動産業者の営業マンと話した。

 『ねぇ〜、お兄ちゃん、新宅と旧宅の違いってわかる?』

営業マン 『わかりません。』

 『そうですか、4000万円で売れるといいですね〜。』

営業マン 『どういう意味ですか?』

 『この土地は、昭和54年に地目変更されて宅地になっているんだよ? 調整区域内で線引き後に宅地になったものを、新所有者が買った場合、再建築ができないんだよ。』

『新所有者に、何らかの建てる権利でもあれば別なんだけど、一般的には再建築するのは難しいのだよ。 4000万円といえば、旧宅の価格だと思うのですが、お客様を騙してまで仕事が欲しいんですか?』

営業マン 『騙すという言い方はないでしょう。本当に再建築が難しい土地だとしたら、それは、申し訳ないと思いますが、騙すつもりはありません。』

 『それなら、もう一度調査されて、再度査定価格を出し直したほうがいいと思いますよ!』

営業マン 『はい、そうします。』


その日の夜、お客様のところに、大手営業マンさんから、電話があったらしい。

お客様の話によると、『お客様の物件は、特殊な物件でございまして、当方では査定できませんでしたので、千代田不動産さんが査定した価格の100万円高い価格で売却の専任をください! 千代田不動産さんの査定価格は、いくらだったのですか?』と言ったらしい。


普通は、聞いた瞬間、怒るのかもしれないが、思わず笑ってしまいました(笑)

私は、長年、不動産をやってきましたが、他所の不動産業者の査定を聞いて、その100万円高い価格を、自社の査定金額にするという、画期的な査定方法を初めて知りましたw

↑素人さんには分からないかもしれませんが、おそらく不動産業者の方なら、この面白さを理解して頂けると思います。

そういえば、某大手不動産業者さんの、売却物件募集のチラシには、スピード査定と書いてありますが、納得できます。

他社の査定を聞いて100万円高くして査定価格とするだけなら、それ以上に早いスピード査定はありません。

あっ・・・これ、他社の悪口を書いているつもりはありませんよ。

ただ、真面目に壷に入る面白さだったので、書いてしまいました。

もちろん、今回、この物件の売却は、当社に任せていただきました。

ちょっと難しい物件ですが、売主様にも買主様にも喜んでいただける価格で取引できるように、頑張ります!

津島市内で、220坪の土地に古家が付いて、2500万円!

古屋に住んでもいいという方なら、喜んでいただける価格だと思います。


2500万円で売却できたら、売主さんにも喜んでもらえます!

11月中に、測量をして、庭をきれいにして、12月1日から売却開始です。

今回の物件は、私が直接受けたので、客付けも、私がしたいな〜。

社員たちに負けないように、頑張ります(^^)b





ランキング下がりぎみです。今日も応援クリックをお願いします。

今日のランキング・・・何位かな???



↓(人気blogランキング)と、(土地・不動産)ポチッすると順位がわかるよ!

ブログランキング応援クリックよろしく!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ






2008年10月28日

495) 超割安な物件かも・・・?

物件の査定を依頼された。

愛知県津島市○○町 土地220坪 建物が昭和54年築の約30坪

私は、2200万円の仲介査定をした。


査定以来をしたお客さまは、めっちゃ怒った(><)

査定価格を出した瞬間、顔色が変わり、激怒したのだ!

ブログに書けないくらいの、言葉で・・・・激怒。

とりあえず、お客様に言った。

 『すみません! とりあえず冷静に話をしましょう! ちょっと、私の話を聞いてください!』

お客様、『わかった。 でも、あんた、土地220坪だぞ! 坪10万円は酷くないか?』

 『いえ、それが相場だと思います。』

お客様 『蟹江インターまで車で5分、バス停も近いし、道も広いし、何でそんな値段なんだ?』

 『市街化調整区域内の新宅地で、基本的に今度買った方は、再建築が難しい物件なのです。 おそらく新しい所有者が10年以上住んで、再建築の許可を申請して許可が下りれば建てかえできますけど、所有権を移転してすぐに建てかえるのは無理だと思います。』

お客様 『何故、宅地なのに建てかえができないの?』

、『簡単に言うと・・・一般的に家が建てられない宅地という評価なんです。つまり、雑種地と同じくらいの評価なんです。』

『それに、この昭和54年の木造住宅の評価ですが・・・・ 私の評価では0円なのです。』

お客様 『つまり、調整区域の雑種地の土地代だけということか?』

 『はい、申し訳ないのですが・・・そういうことです。』

お客様 『因みに、家の建つ宅地だったら、いくらの査定なんだ?』

 『そうですね〜。 約4400万円くらいかな〜』

お客様 『せめて、2500万円くらいで売れないか?』

 『難しいと思います。 もし、その価格で買う方がいるとしたら、この家をリフォームして住む方でしょうね。』

『そういう方がいれば売れると思います。 220坪2500万円で買って、リフォームに500万円かければ、3000万円で220坪の土地付きの家を手に入れることができますから、古い家をリフォームして住むという方にとっては、値打ち感があるかもしれませんね。』

お客様 『じゃあ、そういう人に売ってくれ!』

 『そういう方が現れてくれればいいのですけどね〜。 とりあえず2500万円で3ヶ月間、出してみて、決まらなければ、1ヶ月ごとに100万円ずつダウンしていくというのはどうですか?』

『もちろん、3ヶ月間は、2500万円で売れるように、精一杯努力します。』

お客様 『うむ・・・・しばらく考えさせてくれ!』

 『わかりました。 売却する気になったら電話ください。』

お客様 『他の業者にも査定させるけどいいか?』

 『はい! 何百社でも査定してもらってください!』

ということで、査定終了!


新築の家を建てたい方にとっては、2200万円の価値すらない土地!

雑種地として、駐車場や資材置き場に使用したい人にとっては、相場の土地!

リフォームして住む人にとっては、超割安の物件!


物件の価格は、お客様で決まる。

このお客様は、たぶん当社に売却の依頼をしてくると思う。

できれば、リフォームして住む買主さんを見つけて、2500万円で売ってあげたい!

売主、買主、双方にとって、嬉しい取引になる!



私の予想

2500万円^2400万円で売却できる可能性 30%
2200万円で売却できる可能性 50%
それ以下になる可能性 10%
当社に売却を頼まない可能性 10%

たぶん、2200万円で売ることになると思う!

しかし、最大限、2500万円で売却する努力はします。


2200万円雑種地で取引すれば、売主、買主、共に、相場で取引したと思う。

2500万円古家付き新宅地として取引すれば、売主、買主、共に、おいしい取引になるわけだ!

2500万円で取引できて、売主買主、双方に喜んでいただけたときに、不動産業者としての喜びを感じることができるのです。

この仕事の面白さは、ここにあるのですwww

不動産って、面白いと思いませんか???





ランキング下がりぎみです。今日も応援クリックをお願いします。

今日のランキング・・・何位かな???



↓(人気blogランキング)と、(土地・不動産)ポチッすると順位がわかるよ!

ブログランキング応援クリックよろしく!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ