2008年03月

2008年03月31日

305) 買取した土地に秘密基地w

当社が買い取りした土地にダンボール小屋ができていたw

うちの会社の近所の土地なのだが、何に使うか決めてはいないが、なんとなく買っておいた。

今のところ、転売するつもりはない!

しかし、ダンボール小屋として使用されるのは嫌・・・(><)

人の土地に勝手にダンボール小屋を造られて、ムカついたので速攻で撤去w

私が蹴って壊して、社員がゴミを撤去した。

久しぶりに回し蹴りとかしたので、腰が痛いwww


その日の夕方、その土地の前を通ると、数人の小学生が何かしている。

私は車から降りて、何してるんだと聞くと、基地が壊されたということで大騒ぎ。

俺が、回し蹴りで壊したダンボール小屋は、子供たちの基地だったんだ!!!

とりあえず子供たちに、ここは私の土地だから、勝手に入って基地を造ってはいけないんだと説明した。

それから、私が基地を壊したことを言って、謝った。(ごめんな〜)

『俺が、君たちの家の庭に基地を造ったら、君たちのお父さんは怒ると思うよ〜。それと同じなんだよ』

わかりやすく説明したつもりだが・・・・(^^;)

子供たちは、素直に、すみませんでしたと言っていた。

俺の子供の頃なら、うるせ〜ジジイと言って逃げたのだが、最近の子供は素直だw

そこで、子供たちに提案をした。

私が『ここに基地を造ってもいいが、条件がある。』と言うと、子供たちは不思議そうな顔で、『何ですか?』と答えた。(今時のガキは敬語つかいやがるw)

条件 まずは、家の番号を教えろ。(事情を話して、事故があった場合、こちらに被せてこないことを親に約束させる)

条件◆危ない遊びはしない、特に火を使わないことと、基地は土地の中心に造り隣地に接触させない!

条件、基地は、今日の6人だけしか使ってはいけないということと、基地に食べ物や、大切なものを置いたりしない!

条件ぁ当社が何かに使用する時は、3日で基地を撤去して立ち退く!

条件ァ大人になったら当社で不動産を購入する!!!(冗談w)

以上の5条件がクリアできるなら、しばらく秘密基地用地として使用しても良いと言うと、子供たちは、またまた素直にありがとうございますと言ったので、私の手帳に名前と電話番号を書かせた。

ついでに、近所の分譲住宅建設地に連れて行き、廃材を少しプレゼントした。

最近は、空地が少なくなったから、子供たちの基地用地確保も大変だろうなw

その夜、6人の子供の親に電話をして、事情を説明した。

5人の親とは、いい感じで笑い話なんかもしちゃって、ありがとうございますと言っていたが、1人の親は、『何か事故があったら責任は誰が取るのですか?』と聞いてきたので、『私は責任取れないから、そういうことを言うなら、可哀想だけど、おたくの子供さんは敷地に入らないでください!』と伝えて電話を切った。

この親、何を言ってくるかわからん奴だ・・・子供は可哀想だがしかたないな〜><

こういう親がいるから、一応、立ち入り禁止、敷地内での事故等は一切責任をを負いません!という看板を作って立てておこう!

子供の頃、私も基地を造ったのを思い出した。

今の子供はダンボール小屋だが、私たちの頃は、竹を切ってきたり、近所の家からトタンを剥がしてきたり、工事現場から、いろいろ拝借してきたりして、基地の周囲には、落とし穴とかも掘って、もう少し本格的に造ったのだが・・・。

楽しかったニャ〜〜〜♪

変なことを教えてもいけないので、黙っていようw

まぁ、考えてみれば、子供には、所有権とか固定資産税とか関係ないwww

会社のすぐ近くで安かったから買取しただけで、今のところ売るつもりも使うつもりもないから、しばらくは、子供たちの秘密基地用地にしておきます。


あいつらが大人になって結婚したら、不動産は当社で買ってくれることでしょうw(あはは〜〜〜w 20年計画だな・・・トホホ… ^^;)


今日のランキング・・・何位かな???

↓ポチッとすると何位かわかるよw

ブログランキング応援クリックよろしく!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ


2つのブログランキングに参加しています。
貴方の清き1クリックを・・・m(^^)m宜しくおねがいします




2008年03月30日

304) 不動産を購入時の親子関係w

先日、30代の夫婦が、当社の物件を購入してくださった。(契約締結済)

2週間ほどして、奥様の親が尋ねてきて、契約を解除してほしいと言った。

事情を聞くと、自分が信仰している宗教の教祖様に相談したら、その土地には悪霊がついていると言われたらしい。

そこは、昭和60年に田を埋めて住宅を建てた土地で、上物を解体して更地にした物件である。前に住んでいた人は、2世帯住宅を建てるために、そこを当社に売り、今も昔も、平穏な生活をしている。

私や前所有者に対して、めちゃくちゃ失礼な人だと思ったが、お客様の親なので、丁重に対応をしたのだが・・・・。

悪霊の住む土地を売りつけやがって、解約しろだの、損害賠償だの言ってきた。

心理的瑕疵があると言うのなら、解約でも損害賠償でもするけど、さすがに、わけのわかんない教祖様に、そういわれても、無条件解約も損害賠償もできない。(><)

私も、そうとう頭にきていたが、お客様の親を相手に、訴訟起こすわけにはいかないので、明治時代まで遡った調査書を提出した。

結局、違約金を頂いて、解約となった。

娘夫婦は、私に必死で謝ってくれたのだが、親は、金払えばいいのだろうと言って、違約金の札束を投げるように机に置いて帰った。

とても後味が悪い。

その土地は、すぐに別のお客様が買ってくれたが、一応、前の方は、こういう理由で解約になったのですが・・・と、言いにくかったが、伝えた。

笑い話で済んだのだが、こちらとしては、そんなくだらない事を聞かせて非常に申し訳なく思ったので100万円値引きした><

**************************************************************************

当社で、不動産を買って下さるお客様の60%が30代・・・。

今日は、その親子関係について書いてみよう。

当然にいろんな形がある。

まずは資金の問題。

自分たちだけで買う夫婦、旦那さんの親に援助してもらう夫婦、奥さんの親に援助してもらうタイプ、旦那さん側と奥さん側の親の合同援助。

ゴタゴタするのは、旦那さん側と奥さん側の親の合同援助・・・(^^;)

どちらの親が、どれだけ出すかによって、相手の親の愚痴を言うことがあるのだ。

本人たち(夫婦)は、とても仲が良いのに、旦那さんの親は、奥さんの親の悪口を言い、奥さんの親は、旦那さんの親の悪口を言う。

本人が物件を気に入ると、親が見に来ることがあり、その時に愚痴をこぼす。

愚痴の内容は様々!

相手の親が金を出さないから自分が出すとか・・・

逆に相手の親が金をだして、こちらには出させてくれないとか・・・

長男がどうとか、長女がどうとか言いながら、自分の子供の配偶者の親を悪く言う。

それを聞くのも仕事だと言われてしまえばそれまでだが、人の悪口や愚痴なんて、聞いて楽しいものではない。

他人同士が夫婦になり、その親と親が、仲良くなんてのが難しいのかな?

表面上は、お互い気を使い合って、とっても仲良しなんだけどね〜www


まあ、みんな自分の子供は特別可愛いから、その配偶者と親には、不満を持ちたがるのかもしれませんね。

こんなことを書きながら、俺も将来、自分の子供の配偶者の親の悪口言ってたりするのかな〜? (ありえんw)


次に、子供が物件を決めるときに口を出す親。

正しいことを言ってくださるなら、ありがたいのだが・・・間違ったことを言う。

先日、こんなことがあった。

、『埋めてから10年経たないと家は傾くんだ!ここは埋めて何年になるの?』

営業、『3ヶ月ですが、今は、地盤調査をして建築をするメーカーが多いので心配ないですよ!』

、『ダメダメ、埋めてから10年は寝かしてから建てないといかん』
『こんな不良品の土地を買ってはいかん』

営業が、いくら説明しても、当社を悪徳不動産屋呼ばわりw

結局、私が間に入って、営業に『当社には、埋めて10年寝かした土地はないから、もう、帰ってもらえ!』と言ったのだ。

最後に、子供さん本人が『オヤジ〜金も出さね〜のに口だけだしてんじゃね〜』と、言って話は終わり、結局、当社の土地を買うことになった。

親に対しての口の利き方は、なっちゃいないが、正論かもしれないw

親は子供のことが心配なのはわかるが、金を出す出さないに関わらず、子供さんが住む家なんだから、子供さんに決めさせてあげたい。

子供といっても、30歳過ぎてるんだからねwww

このお客様は、夫婦でコツコツ頭金を貯めて、当社の宅地分譲を買おうとしたのだが、旦那さんの父が、知ったかぶりして何かと口を出すので、キレだのだw

最初にも書いたが、自分たちだけでやりくりして買う人、親に援助してもらい買う人、いろいろいるが、どちらの場合も親が過剰に口を出すことが多い。

そこには、我が子を心配する気持ちだけではなく、こちらの実家に近いとか、相手の実家に近いとか、金はどっちがいくら出すとか、親同士の見栄があったり・・・。

親の事情よりも、自分たちの子供が住みたいところに住まわせてあげるのが一番良いように思うのだが・・・。

因みに私は、親の言うことは、あまり聞かない・・・そのかわり社会人になってから、してあげることはあっても、何かしてもらったことはないです。

息子夫婦も、娘夫婦も、もう一人前なんだから、何を決めるにも、夫婦で相談して決めさせてあげるのが、愛情なのではないかな〜なんて思うのですが・・・。

子供は困ったり悩んだでSOSを出したときに、口を出すなり手を差しのべるなりすればいいんじゃないかな?

どちらかと言えば、親が先に死んでいくケースが多いのだから、子を自立させることも、親としての教育だと思う。(若造が生意気にすみません!)

あっ、間違った解釈をしないでくださいね。

30代の夫婦が、不動産を買う際に、親に相談をするのは良いことだと思います。

でも、30代の夫婦が不動産を買うと結論をだしたときに、親が、しゃしゃり出てきて、子供が決めたことを撤回するというのは、子供の人権を無視していますよね。

特に、あの悪霊オヤジには、参りました。
たぶん、高い壷とか、水とか、買わされていると思いますw


お客様に合った物件を、一生懸命探し、誠心誠意対応していても、わけのわからないクレームつけられたり、悪徳不動産屋呼ばわりされたりすることもあり、不動産屋って、結構大変なんですよ(><)


今日のランキング・・・何位かな???

↓ポチッとすると何位かわかるよw

ブログランキング応援クリックよろしく!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ


2つのブログランキングに参加しています。
貴方の清き1クリックを・・・m(^^)m宜しくおねがいします




2008年03月29日

303) 相続と破産 その2

昨日の続きになるが、わかりにくいという読者からのメールがきたので簡単に説明しよう。

知人= 債務者A君を紹介してくれた人。

A君=債務者(33歳)で、保障協会3000万円 消費者金融数社と闇金に数百万の債務

(紹介者の話でA君の債務が、次ぎから次へと、どんどん出てきたので、ドラえもんの四次元ポケットという表現をしましたw)

A君は、借金の返済なのか、逃走費用なのか、破産費用なのかわからないが、300万円を貸りたいらしい。

A君の父は亡くなっているが、家と土地を所有していたので、A君は相続する権利がある。

会ってわかったことだが、相続人は、A君の母と姉と本人の3人。

そして、私は、金を貸すことが嫌いなので、不動産を買い取りさせてもらって、その売買代金で、A君にお金が渡るようにアドバイスしようと思っている。

*************************************

知人にAくんと会う段取りをしてもらい、本物件近くのファミレスで会った。

金は貸さないが、不動産を買い取らせてもらって金を出すということでどうだ?と話を持ちかけた。

そして、当社が欲しい値段を提示した。(相場の70%)

難色を示したので、破産をするにも、お金がかかるということを説明した。

このままにしておくと、債権者が勝手に相続登記をして、A君の持分に対して差押をしてくるかもしれないということも伝えた。

早期にAくんは相続放棄をして、母と姉で相続してから、こちらに売却してくれれば、母と姉に売買代金を払うことになるので、そこから借りたらどうだろうと提案した。

そして、相続した母と姉から借りた金で、破産するのか、それとも返せる分だけ返して残りは少しずつでも返していく方法があることを説明した。

Aくんは、身内から借りた金で闇金だけは払って、それから破産するということだった。

とんでもない金利の闇金さんなのだが、回収がきついらしく、そこだけは払ってから破産したいと言っている・・・・・けっこう追い込まれてるんだな〜。

まあ、破産するもしないも本人の自由、破産が認められるかられないかも、私に決定権があるわけではない。

私は本題に入った。

『ということは、お父さんの不動産は当社に売るということでいいですね???』

先ほどは難色を示していたA君だったが、結局、よろしくお願いしますと言った。


まずは、相続登記をしないと何も進まない!

Aくんと相談した結果、Aくんと、お姉さんは相続放棄、A君の母に単独で相続をしてもらうようにした。

相続登記が完了したら、売買契約をして手付けを○○○万円入れる。

Aくんは、その金を母から借りて闇金を消すということだ、そして、破産すると言っていました。

まあ、確かに、破産したほうがいい債務額だと思ったが・・・債権者に対して申し訳ないという気持ちが感じられなかったのは、少しがっかりした。

Aくんに、『どうせなら、闇金分も破産をやってくれる先生に相談したら?』と言ったのだが、『闇金だけは払います。』と答えた。

安い金利のところを踏み倒し、高い金利のところには払う・・・。

正規のところを踏み倒し、不正のところには払う・・・。

俺には、考えられないが、それはA君の自由だから・・・まぁいいいか><

それ以前に、俺から言わせれば、借りた金を破産という形に持っていくこと自体が、何となく嫌。

私は、小学校・・・幼稚園かな? 
人から借りたものは返せと、親や先生から教わったが・・・借りて返せなければ破産しなさいとは教わらなかったな〜。

まあ、社会が、それを認めているのだから言ってもしかたないか。。。

ただ、破産をいっても、いろんな形があり、破産しているのに、やたら金を持って遊びまわっている人もいるが、ああいうのは何とかならないのかな〜?

破産したばっかりで、他人名義の高級外車に乗り、豪邸に住んで、贅沢な飲食やゴルフをしている人もいるが、そういう人を見ると、何となく社会の矛盾を感じるのだが・・・そう思うのは私だけなのだろうか?

そう考えると、親に相続をさせて、親から闇金の借金分だけを借りて返済し、破産をするA君は、まだまだ可愛いほうなのかもしれない。

わかんないや! いろいろ考えるのはやめよう!

私は不動産業者!!!

今回の物件を買い、それを売るのが仕事。

解体して土地で売るか、リフォームして中古住宅として売るか???

良い物件に仕上げて、なるべく値打ちに、お客様に売ることを考える。

そして、ちょっとだけ儲けさせていただく。

売主さんが不動産を売却するのには、売主さんそれぞれにいろんな理由&事情がある。
時に大きな問題を抱えている場合もあるが、私たち業者は、アドバイスしたり解決して、きちんとした売却物件にしなくてはいけない。

特に買取物件は、複雑なものが多いので、問題解決に苦労する場合もある。

中には、ちょっと違うんじゃない・・・と、モヤモヤしながら解決しなくてはいけない場合もある。

そうして、解決できた売却物件を買い、加工して、より良い物にして、当社のお客様に買っていただくわけだ。

そして、こういった苦労やモヤモヤの原因は、お客様・・・・。

でも、こういった苦労やモヤモヤを癒してくれるのもお客様・・・。

購入したお客様が、喜んでくださったときに、私たちは報われ癒されるのです。


今回の物件も、何となく気乗りしないんだけど、この物件を買ってくださるお客様が、喜んで下さると信じて、頑張ろうと思います。



今日のランキング・・・何位かな???

↓ポチッとすると何位かわかるよw

ブログランキング応援クリックよろしく!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ


2つのブログランキングに参加しています。
貴方の清き1クリックを・・・m(^^)m宜しくおねがいします



toshikazy at 11:17|PermalinkComments(8)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote買取 | 借金