2008年01月

2008年01月27日

192) 土地分譲の傾向とKYの私   (愛知西部 海部郡 美和町)

今日は、お客様に勉強させていただいた。

お客様は、自分の住む場所について、こちらが考えている以上に、いろんなことを思い悩み考えているんだな〜なんて思う。

そして、お客様は、よく調べ、よく把握している。

先般、売り出した美和町篠田の宅地分譲の売れ行きを見てると、そう思う。

おかげさまで、11区画中、4区画は契約させていただいたし、3区画は商談中。

売れ行きが、早い!

6月末までに、売れたらいいな〜と思っていましたが、3〜4月には完売しそうな勢いです。


北側に大きな通りがあり、そちらでも少し売り地がでているみたいだ。
当社の出している価格より、少し安いw

そちらのほうが駅に近いのだが、当社の売り出しに来たお客様が言うには、『駅に近い旧市街地のほうよりも、区画整理のしてある、こちらの地域のほうが住みやすそうだ!』と言ってくださる。

まぁ、確かに私が、家を建てるとしても、市街地から少し離れた住宅街のほうが住みやすいと思うのだが、こちらは区画整理がしてある地域の為、少し値段が高い。

今日、会社に行くと、当社の営業が美和町の土地を一生懸命商談していた。

まあまあ気に入ってくださってるようで、お客様は『親さんと相談してみる』と言っていた。

しかし、KYの私は、お客様に聞いた。

『商店街の裏の方に、もう少し安いところがありますけど、なぜこちらがいいのですか?』

『この間の、お客様は、通りの南の区画整理地だから住みやすそうと言ってましたけどね』と、私が言うと、

お客様は言った!

『住環境だけではなく、子供のことを考えると、大昔から住んでいる方が多い、旧市街地に転校させるより、新しい人の多い区画整理地の学区に転校したほうが、友達もできやすいし、イジメの可能性も低いので、こちらの土地がいいのです。』


私は、『なるほど〜』と言いましたが、次の言葉がでてきませんでした。

それは、今まで、家の建てやすい区画の形や採光や前面道路のことは考えて、やってきたし、学校に近いとか駅に近いとかも、考えてきたのですが、実際に学校に通った後の子供のことまで考えたことはなかったのです。

なんか、はっと、させられました。

今まで、仲介を含め、何百区画も売ってきた私が・・・・・^^:

お客様の子供さんの学校での立場ということを考えたことがなかったのです。

今まで考えていたのは、子供さんの通学の距離のみ。

恥ずかしい話です・・・><

学校を変わらずに家を建てることができれば、最高です。
しかし、各家庭の事情により、子供さんの数年の学校生活のことよりも家族全員の先々の生活を考えて不動産を購入する場合がありますが、子供さんが転校する場合、当然に、子供さんの学校での立場というものを考えるというのが親心というものですよね。

まだまだ、私も、気遣いが足りないな〜なんて思いました。

一般のお客様と直接商談することがなくなり、約5年・・・・。

今度の、宅地分譲の売り出しの時は、社長商談会なんてことををやって、お客様との接点をもつ機会を作ろうと考えています。

私は、当社の営業の誰よりも、お客様の気持ちがわかっていなければいけないと思います。

それは、土地を仕入れ、宅地分譲の企画をしている私が、お客様の気持ちを理解していなければ、良いものは造れないと思うのです。

今日は、美和の宅地分譲検討中のお客様に会えて良かったです。

2月の最初の土日に、社長商談会をやりますので、美和の宅地分譲にご来場ください。

イベント好きの私・・・・・どうせ、やるなら、ハウスメーカーさん、ガス屋さん、銀行さんなんかも呼んで、粗品を配ったりして、派手にやってしまおうかなw

明日、各所に電話して、企画してみます。

その節は、美和の分譲を買わなくてもいいので、ご来場の上、いろんな意見を聞かせてください!

あはは〜 買わなくてもいいとかいう発言は、まずかったかなw

社員に『空気読めや〜』と、叱られそうです。。。



ブログランキング応援クリックよろしく!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ


2つのブログランキングに参加しています。
貴方の清き1クリックを・・・m(^^)m宜しくおねがいします。

今日のランキングは何位かな???





2008年01月26日

191) KY営業マン   (司法書士の続き)

昨日のKY司法書士に続き、KY営業マンのことを書こうw

会社名を書きたいが、当社の取引先なので○○ホームと言っておこう。

当社で土地を購入したお客様が、○○ホームを紹介して欲しいと頼まれたので、いつものごとく、私が展示場に電話をして、『うちの紹介料いらないから、その分安くしてあげてね〜』と伝えて、お客様に展示場に行ってもらったのだが・・・・・。

一週間ほどして、お客様から『建物はいいが、営業マンを変えてほしい』と電話があった。

理由は、もちろんKYだからだ!

お客様に失礼なことを連発!

結婚して1年の新婚さんの奥さんに、『自分の元カノに似てる。』とか、『目の下のほくろの位置まで似てる』とか、言ってたらしい。

まだ、ほくろの位置が、顔でよかった・・・・(^^;

それだけではなく、奥さんがミニスカだと、ジロジロ見たりするし、旦那さんがいないときに、アポもなく家に来たりするらしいのだ。

空気が読めないと通り越して・・・・超きもい。

苦情の電話を受けて、速攻で営業マンをチェンジさせたわけだが、どうも営業くんとしては納得がいかなかったらしく、私に電話があり、なぜ、それが悪いことなのかわからないということだった。
仕方が無いので、その日の夜、近くの居酒屋で食事をしながら説明をした。

自分が結婚したとして、『お前みたいなイケメンが奥さんに馴れ馴れしくしたら嫌じゃないか〜』とか、『若い奥さんが1人の時は家に上がり込むのはまずいぞ〜』と、わかりやすく説明した。

なんとなく、理解できたようだ!

しかし、次の瞬間・・・私の目に、すごい光景が飛び込んできたんだ!

居酒屋で頼んだ、手羽先が全部骨だけになってるじゃないかぁ〜〜〜。

普通、8本あったら、少しくらいは残しておくだろぉぉぉ〜???????

マジで、こいつKYだわ・・・と思った。

これは、俺の感覚が間違ってるのかもしれないが、4人で中華に行ったとして、唐揚げが8個あったら、自分の分は2個だな〜って計算するのが常識じゃないか?

家族4人で食事をするとして、ハンバーグが4個あったら、1人1個づつと考えてたべるものではないのか?

別に、手羽先くらいは追加すればいいから、銭金でゴタゴタ言う気はないが、せめて1本や2本、残しておいてほしかったなぁ。

ハウスメーカーというのは、新人研修で、いろんなことを学ばせるはずなのだが、こんなこともわからないとは・・・・。

営業の基本を教える前に、人としての基本を教えてあげないといけないような気がするのですが、みなさんは、どう思いますか?

あの手羽先事件は、今でも鮮明に覚えています。

俺が、真剣に話し込んでいたときに、むしゃむしゃ手羽先食ってやがったわけですよ!

しかも、全部・・・><

手羽先・・・・><

ちなみに、私がとった対策は・・・・その営業くんに『お前、手羽先好きか?』と聞いて・・・店に『手羽先何人前作れる?』と聞いて・・・・

手羽先を30人分頼んで、『全部食えやぁ〜』


最後のほうになると、涙目になっていたので、少し手伝ってあげたけど・・・。

本人は、なぜ、私が手羽先を30人前頼んだのかわかってないみたいだった。

お客様の奥さんの件も、手羽先の件も、常識がなさすぎるというか、空気が読めてないですね。

彼の背中に、KY営業マンという張り紙をしてあげたかったです。


その後、その居酒屋に行くと、毎回、今日は、『手羽先たくさんありますよ〜』なんて言われるようになってしまったのですが、居酒屋のオヤジも立派なKYであるような気がするwww


ブログランキング応援クリックよろしく!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ


2つのブログランキングに参加しています。
貴方の清き1クリックを・・・m(^^)m宜しくおねがいします。

今日のランキングは何位かな???




190) 自分の席を考えろ!      (不動産 営業 KY)

みんなに聞きたいんだが、複数の人がいたら、自分の座る場所考えるでしょ?

たとえば、女の子と夜景の見えるフレンチレストランとか行ったら、夜景が見やすいほうに座らせたりしない?
せっかく連れて行ったら、喜んでもらいたいでしょ???

この間、若いカップルがデートしていて、男が夜景を見やすいほうに座っていて、女の子に言ってた『ここ夜景綺麗だよね』 女の子は後ろを振り返り、また正面を向いて『綺麗だね〜』と言った。

私は思った。 あほか・・・(^^;


それから、目上の人や、お客様と食事をする場合、上座下座を考えて座りませんか?
俺を料理屋へ連れて行き、いきなり床の間を背にして座ったバカな下請け。
その後、飲みに行ったが、自分だけお気に入りの女の子と話し込み、こっちには適当な対応w

そんなことで、仕事を減らしたりしないが、仕事でも、お客様に気を使うことはできないのだろうから要注意!と思った(^^;


そして本題!

登場人物 買主、買主側仲介業者、売主、売主側仲介業者、司法書士(若い)

当社は買主側仲介業者で私は、社員を1人連れて行った。

私が、銀行の応接に到着すると、応接のソファーの買主の隣に、司法書士がドカーンと座っていたので、俺は別の場所に座ったw

そして、当社の社員は、ソファーの隣に置かれたパイプ椅子に座ったwww

売主さんは、かろうじて下座のソファーに座り、売主側仲介業者はパイプ椅子に座った。

何で司法書士が、お客様が座る上座のソファーに偉そうに座ってるんだ?

しかも、資格とってほやほやの若い司法書士。

売主さんは、ムッとして、『登記なんて自分でやろうと思えばできるんだ』とか言って、お怒りサインを出してるのに、それに気が付かないで、淡々と実務を進める司法書士様w

結局、最後まで気が付かないで、決済は終わった。

途中で言ってあげようかと思ったが、いつ気が付くか見てみたくなって、放置しといたら、最後まで気が付かなかったw(あはは〜w)

決済が終わってから教えてあげたのですが、返ってきた答えは・・・・。

『私も、そう思ったのですが・・・。』

まあ、他所の人だから笑って済ませたが、当社の社員だったら、蹴り入れてるわw


私なんかは、必ず自分の席を考えて座ります。
もしも、お客様が、下座に座ってたら、『場所を変わってください』と言いますし、変わっていただけないばあいは、『本日は、そちらが上座ということでお願いします』と言ってから座りますけどね。

ちなみに、当社の社長室の応接は、お客様のソファーが上座(北側背)で、私のソファーが下座(南背)になっていますし、家の応接も、西がお客様で、東が私の席になっています。


そこまで、上座下座を考えなくてもと言われる人もいるかもしれませんが、私的に座敷や応接で座って話をする時の、お客様や諸先輩に対する礼儀であると思います。

すべての場所でとか、どちらが偉いとか偉くないとかではなく、そのときの状況やメンバーの立場を考えて自分の座る場所を考えるということは、大切なことだと思いますが、古い考え方なのでしょうか?

今日の決済の若い司法書士様に、KYと書いた大きなバッチを胸につけてあげたかったですw


ブログランキング応援クリックよろしく!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ


2つのブログランキングに参加しています。
貴方の清き1クリックを・・・m(^^)m宜しくおねがいします。

今日のランキングは何位かな???