2007年10月

2007年10月31日

116) 不動産売却 (病気の家族のために)

不動産を売却するには理由がある。

大きな家に住むために、今までの小さな家を売却する幸せな売却もあれば、一生懸命生きてるのに家を売却しなければならない場合もある。

今回は病気の家族のために家を売ったという人の話をしましょう。

ある日、知り合いの金融屋から電話があった。

金融屋「社長〜 ○○市に中古住宅あるんですけど、いくらで買ってくれますか〜」「資料一式送っときましたけど・・・」

「お〜見た見た、1200くらいでどうだ?」 

金融屋、「いいですよ〜じゃあ1200で売らせますわ」(←こらっお前の家か?)

そこから、話が始まった。

しかし、実際、売主と会うと、1200で買い取る気はなくなった。

1200万で売ったら、借金返すと手取り32万しか残らないのだ><

、「ここから出て行ったら何処に住むの?」

まだ、わかりません。という答えが返ってきた。

この売主さんの事情

簡単に言うと、長年働いてきて、あと4年で住宅ローンが終わるという頃、この親父(売主)の嫁さんが癌になり、給料の安い親父が、嫁のために無理して高い癌治療をさせていた。
そのうち、自分も体を壊し働けなくなってしまった。

子供は2人いるが、1人は高校生の男の子、もう1人は20歳女の子で昼間の仕事をしていたが辞めて、キャバクラで働いて返済を助けていた。

金融屋に負われて病気の両親とキャバクラ勤めの娘、弟学生><
絵に描いたような家族だなぁ〜と思った。


結局、治療費が払えなくなり、金融屋に金を借りて、追加融資と金利で、月の支払いが滞り、とうとう売らなきゃ返せなくなった。

私が家を1200万円で買っても、引っ越すことがやっとで、生活費も治療費もない状態><

私は、買うのを辞めた。

その代わり仲介をすることにした。

ここで問題が発生。

金融屋は、返済を1度でも滞ると全額返済!!!

いつも当社に来るチンピラ営業マンでは話にならないので、金融屋の社長に電話をして、金利は払わせるという約束で2ヶ月待ってもらうことにした。

1ヶ月弱で、客をつけて、1480万円で売却した。

何とか、売却後、金利と当社の仲介手数料を引いて200万くらい残してあげることができた。

30万円しか、残らないはずが、200万円残してあげられたので良かった。
その時は、そう思った。

しかし、その半年後に親父は逃げた。
親父が逃げて数週間後に、奥さんも亡くなった。
娘は、キャバ嬢で弟と暮らしている。

結局、助けたつもりだったが、俺のやったことは半年余分に生活ができたということだけだったのだ。

めちゃくちゃ空しい仕事だった。


それから、数年、連絡もなくなり、この空しい仕事を忘れかけていたのだが、先日、あるクラブで、娘と会ったのだ。

娘は、キャバ嬢から、クラブのホステスになっていた。

クラブの中で、隣のボックスにいて、私の席についたわけではないので、どうなったのか詳しいことは、わからないが、昔のような子供か大人かわからない雰囲気ではなく、完全な大人になっていた。

弟も大学に行ってなければ、社会人になってるはずだ。

そのホステスの痩せた体と身に着けている物から、余裕のある暮らしをしているとは思えなかったが、少しでもいいから昔より幸せであってほしいと思った。

あの時、本当は、手数料なんか貰わずに、仲介をしてあげればよかったのかな〜なんて思いますが・・・イカンイカン 仕事は仕事・・・・・><

少しでも良い条件で売却をすることが私の仕事。
無料でやれば、仕事ではなくなるし、他のお客さんに知られれば、当然に、手数料は払わないと言われる!

手数料をなしに取引をするということは、仕事ではなくなってしまう。

ましてや、仕事を頂いた金融屋さんを泣かすわけにもいかないしね。

時に、めちゃくちゃ悲しかったり辛かったり空しかったり・・・><。

買う側では、お客様の幸せのお手伝い、売る側では、極まれにではあるが、不幸になることを知りながら売買しなければいけないこともある。

不動産の売買には、いろんなドラマがあります。

人の財産を売り買いするということは、そういうことなんだな〜なんて、最近になって思うようになりました。


ブログランキング応援クリックよろしく!

人気blogランキングへ

貴方の清き1クリックを・・・m(^^)m宜しくおねがいします。
左のバーの上にあるブログ村(土地建物)も…宜しくです。m(__)m



2007年10月30日

115) 不動産売却 (道楽息子)

不動産を売却するには理由というものがある。

私が商売を始めてから、倒産や業績悪化により資産を売却した人を沢山見てきた。

今回は、6年で7億円の資産を売却して倒産した道楽息子の話をしよう。

彼は、動物に例えると・・・いかんいかん、昨日指摘を受けたばかりだった><

私が不動産をやりだした頃、業種は全く違うが、彼も商売を始めた。

私は、貧乏不動産屋の息子で、軍資金0円><

彼は、ある地方の名士の息子で、軍資金7億!


私が、1500万の仲介をして50万ちょいの手数料を稼いで喜んでいた頃、彼は、資産を担保に融資を受けて数億の商いをしていた。

当時は、うらやましかったなぁ〜w

そこから、1年、2年、3年・・・6年

年数が経つごとに、当社の社員は増え、彼の社員は減った。

当然に、当社の資産や売上は増え、彼の会社の資産も売上も減った。

結局、彼は、破産して逃げた><

商売を始めた頃は、親の金で商売ができる人を、うらやましく思っていたが、最近は、何も無いところからのスタートだったからこそ、今があるのだと思うようになった。

現在、持っているものを減らしていくのは、悲しいことだと思う。

逆に、無い物を1つずつ手に入れていくことは幸せなことだと思う。

ブログで、こんなことを書いたら叱られるかもしれないが・・・。

私を育ててくれた両親に言いたい!!!

親父、お袋、ド貧乏という最高フィールドをありがとうwww

子供の頃、俺だけラジコンを持ってなかったけど、子供ながらに工夫し金を儲けてラジコンを買ったことを思い出した。
買った頃には、他の遊びが流行ってたけど・・・・><

彼は、商売を始めてから、逃げるまでの間、親の資産を次々と処分しながら会社を維持してきた。

私も、いくつか売却させてもらったので、感謝はしているが、知り合いに迷惑をかけまくって逃げたことは、いけないと思う!

でも、私が見る限り、彼は、それなりに努力していた!
挽回しようと、最後まで頑張っていた。
でも、親の数億の資産を失くし・・・逃げた。。。

厳しい言い方だが、道楽息子だ!
博打でもなく、女でもない、仕事道楽だったわけだ!


彼は、逃げたわけだが、でてきてほしい。
少しずつでいいから、迷惑をかけた人に返済して、また1から出直せばいいと思う。

私が、彼にアドバイスをするなら・・・。

このブログの読者は見飽きてるかもしれないが、人の力が9で自分の力が1という考え方をすると良いと思う。

商売をやるうえで、頼りになるのは金じゃない! 
自分を引き上げてくれたり、盛り立ててくれたりしてくれる人脈だと思う!


先ほど、1から出直せばと書いたが、彼の場合は、マイナスからのスタートだな。

マイナスからのスタートは、大変だと思うけど、今度は自力で這い上がってきて、大きな商売をしてほしいと思っています。


ブログランキング応援クリックよろしく!

人気blogランキングへ

貴方の清き1クリックを・・・m(^^)m宜しくおねがいします。
左のバーの上にあるブログ村(土地建物)も…宜しくです。m(__)m






2007年10月28日

114) 不動産売却の理由 (女に貢いだ男)

不動産を売るには事情があります。

今回のケースは、女の人に貢ぐために土地を売ったという話である!


当時、私は、事業も軌道に乗り、諸先輩方々から夜遊びを教えられ、週に3回ほど錦3丁目の高級クラブに顔を出していた。

俺も、めっちゃ使ったなぁ〜〜〜www(いくら使ったのだろう?)

最近は、行かないで済むときは行かないようにしてますけどね。

クラブ活動も、少し飽きたw

アホみたいに、お金を使ったが後悔はしていない!

お金と引き換えに、すごい人脈を得たからだ!

大企業の重役、中小の社長、医者、弁護士、政治家、他、沢山の知り合いができた。

その人たちと対等に付き合おうとすると、正直、大変だったが、自転車操業でなんとかしたw(見栄張ってたな〜w)

知り合った人たちは、20〜30くらい年上だったせいか、私を可愛がってくれて沢山の仕事を頂いた。

財界に顔の大ママも可愛がってくれて、私はママの紹介の不動産屋の坊やということで、偉い人たちにも可愛がってもらえたw

ある日、ママが、「近ちゃん、紹介したい人がいるのだけど・・・。」「不動産を売りたいみたいだからお願いね!」と言われた。

早速、日時を決めて、料理屋の個室で会った。

私が先に行って下座に座って待っていると、ママと女の子と馬面のオヤジが来た。

私はニッコリ笑い、ご挨拶をさせて頂き、細心の気遣いをしながら接待をした。
不動産屋も大変なんです〜なんて言いながら、河童の話とかしたかもwww

このオヤジは、年は経ているが、河童ではなく、白いタテガミの馬だったw

後半、やっと家の売却の話が出てきた。(キターーー☆)

この馬面オヤジ(年商5億程度の小さな企業の2代目社長)が、若い女のために月額800万〜1000万も使っているらしく、親からもらった家を売却したいと言うのだw

家を売りたいといっても、な・・なんと、名古屋市内に500坪の豪邸!!!

当時、バブってない時期だったが、それでも6億だwwww

その家を売って、マンションを買うと言うのだ。

頭の構造を疑ったが、そのオヤジは独身であったのと、27も年の違う女の子と、いっしょに暮らすと言っていたので、サカリ中なんだと納得したwww

それから、3日後、専属専任を頂き、5億7千万で売却した。
手数料で約3000万儲けさせてもらったw

その後、馬は、度々私を誘ってくれて、クラブで豪遊!
いつも馬の隣にはキツネがいたw


みなさんは、1本100万のワインを飲んだことがありますか?
みなさんは、1本80万のウイスキーを飲んだことがありますか?

私は、飲みました。人の金ですけどねw

それから、8年、現在、馬の隣にキツネはいません。
馬とキツネは、2年の甘〜い生活でした><

会社も清算してしまいました。

懐が寒くなったから、冬眠しちゃったのかな?

馬は、高い酒を飲まずに、人参ジュース飲んでたら良かったのに!

夜の街には、いろんな物語があり私は、何人もの成功者を見た。
そして、商売は成功しても落ちぶれていく人も見た。

不動産の売却理由の1つに、女に貢ぐための金策というものがある。

何故、馬は、利用されてるだけだと気がつかなかったのだろう?

馬は、2年で3億を使った><

数年前に、当時買ったマンションも売却して、私が田舎の小さな中古マンションを世話してあげました。
今は、たまに近所の居酒屋で安酒を飲みながら、残った貯金をチビチビ使いながら生活をしています。

キツネは、どこに行ったかって???

今、ある店のオーナーママですよ!

たまに、私も顔を出しますが、店、マンション、ベンツを持ち、幸せに暮らしていますよ!
最近は、株なんかもやってるみたいです!

この間、店に行ったとき、「名古屋にビルなんか建てちゃって、近ちゃんも成長したよね〜〜」なんて言われてしまいました><

「お前とは苦労が違うわ」と言ってやりましたが、「私の2年も苦痛だった」とムキになって話していました。


馬がアホなのか、キツネがズル賢いのか???

みなさん、どう思いますか???


ブログランキング応援クリックよろしく!

人気blogランキングへ

貴方の清き1クリックを・・・m(^^)m宜しくおねがいします。
左のバーの上にあるブログ村(土地建物)も…宜しくです。m(__)m