2018年02月18日

2124) 不動産と人のつながりw

これまで、不動産というのは、私のとって、仕事ではなく・・・、私自身が不動産屋という生き物であるというようなことを度々書いてきましたし・・・、また生まれ変わったら、もう一度不動産屋になりたいなんてことも書いてきました。

最近、つくづく思うのは、不動産と人の繋がりって面白いな〜ということです。

不動産の仕事って、どこから来るのかを考えると・・・、もちろん、千代田不動産の広告宣伝や長年の愛知県西部で積み上げてきたものもあるわけですし、買取なんかは、同業者や仲介屋さんからいただくことも多いわけですが・・・、それ以外にも、いろんなきっかけで、お仕事をいただきます。


知人の紹介だったり、飲み友達であったり、パーティー等で知り合った人だったり・・・、このブログの読者さんや、読者さんの紹介だったり・・・、まあ、とにかく、いろんな人たちと知り合い、いろんなところから仕事をいただくわけです。

もちろん、この良いご縁を深く大きくしていくには、まずは、その人のために、自分のできることは、精一杯頑張るわけですが・・・、これは、不動産という私の得意分野だけの話ではなく、楽しくお付き合いをしていれば何らかできることはありますw

人付き合いは鏡のようなものだと考えているので、私が笑えば相手も笑ってくれます。

肯定から入れは肯定してくれる・・・否定から入れば否定されるし、先入観を持てば先入観を持たれる・・・。

私は、第一印象が悪いので、よくわかるのですが・・・(笑)

肯定から入ろうとする人は、どんどん伸びますが・・・否定から入ろうとする人は、先入観で人を判断してしまうので、ある一定のレベルまでは、自力で成長できますが、更に成長しようとしても上には行けなくなります。

その理由は簡単で・・・、気付かないうちに、自分で自分の範囲を決めてしまうから、その範囲から外に出られなくなるのです。


私の場合は、まずは肯定から・・・、否定から入らず、先入観みたいなものは、ほとんどありません。

違うな〜と思ったら、気付いてからやめればいいと思うのです。

でも、まあ、評判がどうとか、見た目がどうとか、あまり気にしません・・・、深く付き合えば、基本、皆さん良い人ですw

ちなみに、Z爺さんは、口は悪いし偏屈ですし・・・、見た目だけで言ったら、Vシネマに素で出れそうな感じで、たぶん、一般的には、仲良くなりにくいタイプなんですけど・・・・www

Z爺さんは、最近、車の関係で知り合ったんですけど、車の話をしているうちに、なぜか不動産の相談をうけて、仕事をさせていただくことになったり・・、私は、昨年から、歯の矯正をしているのですが・・・、鮨屋で、大将と歯の矯正で、口内炎が沁みるとか言ってたら、たまたま隣の席の人が矯正の話を聞いてきて、なぜか、いっしょに飲みに行って、仲良くなり、不動産の相談をされて、お仕事をいただくことになったり・・・縁って、不思議なものだと感じます。

私は、不動産業で生計を立てているので出会った人に不動産屋だとは言いますが・・・、基本的に、自分から、不動産の営業をしたことはありません。


読者の皆さんは、ご存知だと思いますが・・・、最近、フェアレディ240zを、目の中に入れても痛くないぐらい可愛がっているわけですが・・・・、フェアレディを、きっかけに知り合った人(Z爺さん)から不動産のお仕事をいただくことになりました。

FullSizeRender


きっかけは・・・、私が、自分の240zの色を、何色に塗装しようか悩んでいたところからなんです。

Z爺さんは、私の240zちゃんを、たいそう気に入ってくれていまして、会うと、写真を沢山撮ってくれるのですが・・・、もちろん私の写真は一枚も撮ってくれたことはないんですけど・・・Zの写真は、100枚以上撮ってくれていますw

 『う〜〜〜〜ん。 前も話しましたけど、この子、何色に塗ろうか、まだ決まんないんですよね〜・・・。』

Z爺さん 『マルーン・・・

 『前も、言いましたけど・・・。 マルーンだけは、嫌なんです。 乗っている人には、申し訳ないですが・・・。 私の好みではないというか、これは、禁句中の禁句なんですけど・・・、ある生き物をイメージしてしまうんです。』

Z爺さん 『戯けか〜 240zの最高峰は、マルーンの240zgだ。 俺らの憧れの車だ・・・。  何色に塗るかって聞かれたら、100回とも答えは、マルーンだ マルーンの240z・・・誰もが振り返る色だ・・・。』

 『私のような若輩非才の身では、まだマルーンの良さは分からないんですよ・・・。 というか、この子、昭和48年当時の元々の色がマルーンなので、他の色がいいんです。』

因みに、マルーンって、どんな色なのか・・・、あるものをイメージするとか書いて、マルーンのZを載せると、私は、Zの業界では生きていけなくなるので、カラーだけを載せます。

IMG_1659


こういう感じの、シブくて、高貴な色なんです。

Z爺さん 『元々、マルーンなら、なおさらマルーンだろ〜・・・。 まあ、100歩譲って、白、赤・・・。 で・・・、近藤さん、迷っているようだが、何色で迷っている? 本当は、何色に塗りたいんだ?』

 『キャンディーレッド・・・・。 キャンディーレッドのボディーに、カーボンのオバフェン、リアスポ・・・・・・。 もしくは、全部キャンディーに塗ってしまって、バンパーとミラー、ホイールは、メッキ・・・。 エンジンルームの中も、メッキっぽくしたいです。 まあ、最近、グランプリホワイトもいいな〜と・・・でも、芸がないですよね〜w』

IMG_1660


Z爺さん 『まあ、キャンディーに塗った時点で、価値も価格も下がるわな。』

 『たぶん、ずっと乗るから、売ることはないと思うので・・・、他人の価格は関係ないです・・・。 俺は、俺の価値観なんで・・・、世界で一台の240zにしたいんですよ。 この子は、何色に塗ってほしいんだろう???』

Z爺さん 『マルーンだろうな。 この子は、マルーンに塗ってほしいって言ってる。 オレには聞こえるんだ。』

 『全く、聞こえませんけど・・・。 マルーンだけは、塗らないでって聞こえますけど・・・。 じゃあ、質問なんですけど・・・。 なんで、自分のZは、マルーンに塗らないんですか?』

Z爺さん 『うっ・・・。 みんな集まると、マルーンが多いからな〜。』

 『はぁ〜??? 意味わからんです。』

Z爺さん 『俺は、いいんだ・・・。 昔、マルーンに乗ってたからな。 そういえば、近藤さん、不動産屋だったよな。 昔、車を8台ぐらい持っていた時の倉庫があるんだが、今は、家の一階を車庫にしたから、その倉庫が、ほとんど空いているんだけど・・・。 売るか貸すかしたいんだけど、そういうのやってる???』

 『まあ、大丈夫ですけど・・・。 車8台って・・・。何者ですか??? まあ、社長は社長なんでしょうけど、そんなに儲かる商売かな〜?』

Z爺さん 『儲かる商売ではないわな〜w 車が好きで増えていっただけで・・・。 今は、だいぶ減らした・・・・。 まだ、その倉庫に、ゴミと、空冷の動かないポルシェが一台入ってるけど、倉庫は、ほとんど空だから・・・。ポルシェは、家の裏に持ってきて・・・ゴミは、片付けるわ。 』

 『はっ? 空冷ポルシェ、ゴミといっしょに倉庫に置いてあるんですか? バチ当たりますよ・・・。 今、高いんですよ。』

Z爺さん 『動かないポルシェを置いていあるだけで、ゴミ扱いはしとらん。そのうち直して乗る。 とりあえず、今度、遊びがてらおいで・・・w』

そんなわけで・・・、場所や面積を聞いて・・・後日、見に行って、賃貸か売買か、決めましょう!と約束したわけですが・・・。 バタバタしていて・・・まだ、見にも行けてませんが・・・、一応、お仕事をいただきました。


そして・・・矯正社長w

鮨屋で知り合った、矯正に興味深々の、製造業の社長さんからも、5億円までぐらいの収益物件を探してほしいという依頼を受けましたし・・・ついでに、矯正歯科を紹介してあげることにもなりましたし・・・、東京に息子のマンションを探してほしいという話もいただき・・・・、つくづく、不動産って、人の繋がりなんだな〜と・・・今さらながら、再再認識させられたわけです。

IMG_800


この社長さんも、面白い人で・・・・。

会うたび、電話で話すたびに・・・『矯正って痛い?』 『どんな痛さ?』って聞くんですwww

 『もう、何回も言ってますけど・・・。 最初のうちは、うどんも食えないぐらい、痛いですよ〜・・・。 で・・、ワイヤーが、奥歯のところとか、突き出てくると、口の中の肉に刺さったり、引っかかったりして・・・、醤油や酒が沁みるんですよ・・・・。 まあ、慣れますけど・・・。慣れるまでは・・・、死ぬほど痛いっすよ〜〜〜〜〜wwww』

社長 『うわぁぁぁ〜〜〜。 やっぱりやめようかな〜・・・。 インプラントにしようかな〜・・・。』

 『うむ〜。 俺は、ある食通の社長から・・・。 食感が変わったとか、若干味覚が変わったとか言われて、歯医者からは、歯が丈夫だからもったいないとか言われて矯正することにしましたけど・・・。 痛いですよ〜。 親不知が動いた時の痛みを覚えていますか? あの痛みが、全部の歯に来ると思ってください。ワイヤー閉めて3日は、あんな感じの痛みが・・・。 激痛が走って、うどん噛み切れない痛さってわかりますか???』

社長 『わ・・・わからない・・・。 わかりたくない・・・。 やっぱりやめようかな〜・・・。 そんなに痛い???』

 『だから、痛いって言ってるじゃないですか・・・。 毎回、同じこと聞いてますし・・・、毎回同じこと説明してますよ・・・。 社長が、矯正終わるまでには、良い収益物件見つけますから・・・www』

社長 『できれば、矯正が始まる前にほしいが・・・、今は、収益物件よりも、矯正が気になる・・・。どうしよう・・・痛いよな〜・・・やめようかな〜・・・。』

 『痛いものは痛いんだから、腹くくらないと仕方がないですよ。 美味しいものを美味しく食べるために頑張りましょうw』

社長 『うどんも噛み切れないぐらい痛いんですよね〜?』

そう言いながら・・・レントゲン撮って、今、虫歯を治して、矯正に向けて着々と進んでるんですけどね〜・・・。

来月の初旬頃には、社長の矯正が始まるので・・・、ちょっぴり楽しみです♡

しかし、まあ、なんだかんだ言って、車の話や・・・、食事の話をして、楽しみながら・・・友達になり、自然に仕事の話になっていく・・・、これは、衣食住の住である不動産だからこそ!ってのもあるとは思うのですが・・・・。

私は、人が大好きで・・・、人との縁の中で・・・、不動産の話がでてきて・・・、その人にとって一番良い形になるように誠心誠意頑張る・・・そして、絆は更に深まり・・・、付き合いはより一層楽しくなる。

人が好きだから不動産屋という仕事が好きなのか・・・、不動産という仕事が好きだから、人も好きなのか・・・分かりませんが・・・。

まあ、どっちも私にとっては、なくてはならないものなので・・・どっちも好きなんでしょうけど・・・。

最近、仲良くなった・・・Z爺さんと、矯正社長・・・どちらも、大好きです

今度、この二人を、美食の会に誘って引き合わせてみようかな〜。

Z爺さんと、矯正社長は、仕事で共通点はないけど、どちらも、経営者だし、どちらも意味分からんところがあるので、意外と合うかも(笑)

これからも、不動産という仕事を通して、多くの人と関わって楽しくやっていきたいと思います。

そんなわけで・・・本日は、不動産と人のつながりというテーマで書かせていただきました。




本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください







2018年02月16日

2123)日本円出金できました(コインチェック騒動)

平成30年2月13日 AM・・・、コインチェックから日本円(JPY)出金できました。

とりあえず日本円奪還・・・というか、コインチェック騒動勃発後の、1月27日の時点で、ビットコインを日本円に換えて・・・、ここまでは、良かったのですが、換金後、出金ボタンを押しましたが、時すでに遅し・・・・。

それから、ず〜〜〜〜っと、手続き中になったままでしたが、とりあえず返金されました。

コインチェックの口座の中には、ビットコインが多く入れてあり、アルトコインは少なかったので、とりあえずは大半を回収しました。

速攻、ビットフライヤーに入れました・・・・w


一時は、もう返ってこないかと思っていたので・・・嬉しいっす・・・。

IMG_1613


とりあえず、喜びを写真で表現してみましたw

あとは・・・・、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ビットコインキャッシュ(BCH)・・・そして、今回、話題の・・・ネム(XEM)!

まあ、このあたりのアルトコインは、数十万ぐらいなので・・・、とはいうものの・・・早く換金して引き出したいが・・・まずは、主要というか大口だった、ビットコイン分の日本円が返ってきたので良かったです。

さて・・・先日、書かせていただいた、2120話:コインチェック騒動の表と裏を考えるは、大反響で、メール、電話、メッセージをたくさんいただいたわけですが・・・・。

コインチェック騒動で、皆さんの気持ちは、一極集中で、コインチェックのネム事件や、返金、補償について集まったわけだが、それはそれとして、今回の騒動の中で、誰が一番得をして、誰が一番損をしたのかを考えると・・・、いろんな仮説、陰謀が湧き上がってきます。

もしも、コインチェック騒動が、仕組まれたものだったら、なんか怖いですよね〜・・・まだ読んでいない方がいたら・・・詳しくは、過去の記事を読んでください。


たくさんの、コメント、メッセージ、ありがとうございました。


さてさて・・・、本日は、今後、仮想通貨は、どうなっていくのかということを、私の主観で書かせていただこうと思っているわけですが・・・。

まず最初に言っておきますが・・・、今の段階で、ビットコインも他のアルトコインも、仮想通貨ということを認識していないといけません。

仮想通貨は、読んで字のごとく、仮想の通貨なので、何の補償もないし、形もないと考えておくことは、絶対です。

仮想通貨を、お金とか、資産だとか、考えている人がいるとしたら、即刻やめて、日本円か、ドルか、金等、信頼性の高いものにでもしておいてください。

それこそ、前回書いた太陽光発電所でも買っておいたほうが、確実に儲かるのではないでしょうかw

私は、ビットコインが100万手前ぐらいの時に、始めましたが・・・、仮想通貨の購入に出遅れたのは、最悪、お金を捨てることになるという決心がつかなかったからです。

今でも、安全な投資だとは思っていませんし・・・そもそもが投資というよりは、博打に近い感覚です。

私の知人、友人の中には、ビットコインが、数万円だった頃に始めた人から〜・・・200万円を超えてから始めた人までいろいろですが・・・、恐ろしいことに、ビットコインが200万円前後の頃に始めた人が、まあまあ多いですし・・・、仲間内では、コインチェックに入れていた奴が一番多い・・・・。

ビットコインが、急激に上がっていくのを見ながら、早く口座できないかな〜・・・と思いながら・・・、口座ができたとたんに急いで金を入れて仮想通貨を買った人が多いわけす。

まあ、買えば儲かると思って勢いで買っているわけで・・・これは、仕方がないとしても・・・、皆さん、仮想通貨であるという認識は薄く、まるで株でも買うような感覚で買っています。

もちろん株や為替みたいな要素はありますが・・・、根本的に、株や為替と・・・、今の段階での仮想通貨では、全く別物ですからね。

そして、仮想通貨を、法定通貨のように考えている人・・・、電子マネーと、同じように考えている人もいますが・・・、これも、まった別物ですからね〜。

法定通貨は発行体である政府の信用に基づき価値が変動するものですし・・、電子マネーは、その法定通貨を電磁上に落とし込んだものです。 

それを、十分に理解しないで買っている人が多いのです。


う〜ん・・・。

こうやって書くと、更に分かりにくく感じるので・・・簡略化しますが・・・。

要するに、法定通貨ではないので、今現在、不安定なものだから、法定通貨をベースにしているFXや株とは違う・・・仮想通貨は、仮想通貨以外の何物でもないということを承知の上で始めなくてはいけないという事です。



ここまで書いた上で、本題である、仮想通貨は今後どうなっていくのかを、私の主観で書かせていただきますが・・・・。

その前に、読者の皆様、株の人気ブログランキングバナーをクリックして、(素人さんの為の不動産学校)をクリックしていただき、ブログランキングの投票クリックをお願いします。


建設・不動産ランキング

投票、ありがとうございました。


ブログの続きです。

まあ、仮想通貨をご存知の方にとっては、復習になってしまうような内容ですが・・・。

円やドルといった法定通貨と、仮想通貨は、全く別物だと書かせていただきました。

円や、ドル等の、法定通貨は政府の信用に基づき価値が変動しますので・・・ある程度は、国が操作できる部分もあるわけですが・・・、、仮想通貨は、プログラムの信用というか・・・、投資家の需要と供給によって価値が変動しますので・・・、与信が、政府なのか、民間のオープンプログラムなのかということです。

お金の歴史から考えると・・・。

物々交換から、石や貝殻等を使うようになり、金属や紙へ・・・。

そして、現在の日本では、お金の現物が100兆円分、デジタルが900兆円という状況で・・・ほとんど、数字が飛び交っているわけです。

簡単に言うと、現代のお金というのは、ほとんどが信用取引で成り立っているわけで、実際に現金が動くほうが少なく数字が動いているだけです。

各国の政府が発行している通貨の大半は、すでに数字が飛び交っている状態なわけで・・・、人は現金を持ちたがらずクレジットカードや、プリペイドカードで決済をするようになってきて・・・、若い人たちは、お金を持たずに、カードや携帯だけを持って買い物に行くなんて時代になってきました。

私は、なんとなく不安なので、少しは、お金を持ち歩いていますが・・・・w

ここで、仮想通貨、つまり暗号通貨のメリットを語らせていただくと・・・、世界共通通貨として、世界中の人で監視をしながら、手軽に使うことができるわけです。

単純に考えると、時代の流れは、仮想通貨(暗号通貨)という結論に至るわけです。

しかし、世界中の国家が、このような事を容認する事は、現段階では考えにくいので、実体経済の中では使えない通貨であり、読んで字のごとく、仮想通貨であることに変わりはありません。

時代は、仮想通貨を求めているが、世界各国が現段階で容認できない状態ということです。

じゃあ、このまま、仮想通貨は、このまま消え去ってしまうのでしょうか???

私の、個人的な考えだと、仮想通貨は生き残ると思います。

厳密に言うと、仮想通貨として、そのままではなく・・・、なんらか政府が変形するか、政府が管理する形で、暗号通貨になるのではないかと考えています。

理由は、簡単です。

もしも、世界中のお金が、暗号通貨になったら・・・、すべてのお金の流れが把握できるわけです。

マネーロンダリングは、限りなく難しくなりますよね〜。

大きなお金も小さなお金も、暗号化して、飛び交うようになると・・・、例えば、各会社の取引も暗号通貨、税金の支払いも暗号通貨・・・会社からの給料は、暗号通貨で各家庭に入り、そこから、食費、光熱費から、お父さんや子供の小遣いまで暗号通貨・・・・。

そうなったら、各国政府は、お金の流れを全て把握できるわけで、とても楽になるというか、こんな便利なことはありません。

現在の、ビットコインやアルトコインが、そのまま残るかというと、それは疑問ですが・・・、時代の流れは、暗号通貨が追い風ですし、各国政府としては、現金をなくして暗号通貨に変えていきたいのではないかと思うわけです。

私としては・・・・、今後、仮想通貨は、形を変えながら、世界共通の暗号通貨として、生き残っていくと考えています。

読者の皆様も、お金の歴史を考えてみてください・・・、なんとなく見えてきませんか?

コインチェック騒動も、政府目線で見ると、仮想通貨業界を管理する絶好のチャンス!って感じなんじゃないかな〜と・・・思うわけです。

もちろん、これは私の個人的な意見ですので・・・仮想通貨に投資をされる方は、自己責任でお願いします。

FullSizeRender


そして・・・私は・・・、コインチェックから出金した日本円を、ビットフライヤーに入れて、速攻で、ビットコインを買ったのでした(笑)

以外と・・・、ビットフライヤーも使いやすいですw


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットフライヤーは、登録も簡単で、初心者にも分かりやすく、セキュリティーも二段階認証で、けっこう安全そうだし・・・、対応も早いし親切です。

これからは、ビットフライヤーでいきますw


まだ、少しだけ、コインチェックに、アルトコイン数種類が残っているわけですが・・・、ネムの補償と、他の通貨の取引再開はいつになるのか・・・・しばらくかかりそうですね〜。

とりあえず、日本円の出金ができたので、少しホッとしましたw

そんなわけで・・・本日は、コインチェック騒動・・・日本円出金ができました&今後の仮想通貨について書かせていただきました。





本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください





toshikazy at 02:31|PermalinkComments(6)││仮想通貨 | ビットコイン

2018年02月13日

2122)リスクの少ない投資!

先日、知人のAさんの関係で、YouTubeで活躍中の評論家と食事をした時の話です・・・・。

その評論家は、私にとって知人の友人ということもあり・・・、評論家も、同じく友人の知人ということで、フレンドリーに話をして楽しく食事をして酒を飲んでいました。

IMG_1589


飲み屋さんネタ・・・車ネタ・・・私は、マリンスポーツの話や、カンボジアの話なんかもしまして・・・その後、ビットコインの話から、投資全般の話になりまして・・・・。

知人も含めて、それぞれの意見を口にしまして、さすが、評論家だな〜と思うような場面もあり、それなりに楽しかったわけですが・・・・。


一番リスクの少ない投資は、なんぞや?って話になりまして・・・・。

これについても、不動産とか、農業とか、どこどこの海外投資だとか・・・話が盛り上がったところに・・・、私が、言うべきか言わないべきか迷いながら・・・、『今、一番リスクの少ない投資は、太陽光発電ですよ!』と言ったわけです。


何故、言うべきか言わないべきか迷ったかというと・・・、実は、この評論家さんが、過去にYouTubeで太陽光発電を否定していたのを知っていたので、めっちゃ言いにくかったのです。

でも、まあ、反論されても論破する自信があったので、口にしちゃいました。

 『これは、何年スパンで考えるかによって変わってきますが、この先20年ということであれば、間違いなく太陽光が、一番リスクが少なく安定した投資でしょうね。 20年間、表面利回り10%で回るんですよ。 今、21円・・・、これが、18円になったとして、表面利回りが9%、8%となっても、それでも太陽光だと思います。 バブルで金利が高い頃の銀行金利以上ですよ。』

知人Aさん 『私も、そう思います。 3年前〜一昨年にかけて、合計2メガ分張りました・・・・。 その時は、100%償却した上に、利回り12%ぐらいでしたら、美味しすぎただけで、100%償却できなくても、利回りが10%以下になっても、安定していますし、手間暇がいらないので、労力と精神的負担を考えると絶対的に太陽光発電が一番の投資ですよね〜。・・・・。』

私は、食事の手を止めて・・・シャンパンを飲みながら、横目で評論家の顔を見た。

IMG_1590


以前、YouTubeで、太陽光発電をボロクソに否定してたので、どう返してくるのか、とても楽しみだったし・・・、YouTubeで言っていた事と同じ内容であれば、確実に論破できる自信があった。

そして、評論家が、私の方を見ながら、話を始めたので・・・キタ〜〜♡ 論破したろ〜wと、ちょっぴり嬉しかったわけですが・・・・。


評論家 『太陽光発電ですか・・・・。 私も太陽光発電は、リスクが少なく安全な投資だと思います。

 『ええええ〜〜〜〜〜〜。 ちょ、ちょっと待ってください。 以前、YouTubeで、否定していらっしゃいましたよね〜??? 三人とも同じ意見では、面白くないじゃないですか。 せっかく、こうやって機会をいただいたわけだし、論破されたかったのですが・・・w』

評論家 『あの動画を撮ったころ太陽光発電は、未成熟なものでした。 猫も杓子も太陽光発電・・・、政府をはじめ電力会社、太陽光事業者も投資家も全員が素人で未成熟だったのです。 それが段々と実が大きくなり、色付いて・・・成熟しました。 ある意味、太陽光発電よりも安全な投資は他にはありません。 もちろん近藤さんのおっしゃられる通り期間限定ですので、20年間という縛りはありますが、子供の代はともかく、我々世代が老後の生活の安定を考えるのであれば太陽光発電は、最も有効な投資といえるでしょう。』

知人Aさん 『先生も、けっこうな数持ってますよね〜。』

 『えええぇぇぇ〜〜!!! それ、嫌だな〜。 先生、自分が一度、YouTubeで否定したなら、最期まで否定し続けてくださいよ!』

評論家 『夏と冬では倍ぐらい違いますが、20年というサイクルで考えると安定していていいですね〜w 近藤さん、先ほど、土地付き太陽光発電分譲をされているとおっしゃっていましたが・・・、良い物件があれば、是非とも分けていただきたい! 今、良い物件は、何かありますか???』

 『21円であれば、これから販売する物件が、いくつかありますけど・・・、表面で10%ギリギリか、9%代ですよ。 でも、なんとなく先生には売りたくないな〜w』

知人Aさん 『そんな事言わないで、先生に回してあげてくださいよ〜。 近藤社長のところなら、なお安心安全・・・太陽光バブルで大きくなった会社とは、責任感が違いますわ〜w』

評論家 『物件は、どのあたりで、パネルとパワコンは、どちらのものをお使いですか?』

 『物件は、三重県の四日市付近・・・・、パネルは、以前はカナディアンだったのですが、最近は、ジンコーソーラーを使っています。 パワコンは、オムロンか、田淵です。』

評論家 『なるほど・・・。 保証面、供給面、価格、性能・・・、とてもバランスが良い組み合わせですね。 カナディアンソーラーも良いですが、供給面では不安がありますが、ジンコーソーラーは、安定した供給と品質、保証面もきちんとしていますし、世界的にも大手ですからね。 それに、ジンコーソーラーは・・・・・(話が長くなるので省略) 表面利回り10%ぐらいのものがあれば、是非、ご紹介ください。』

 『わかりましたけど・・・。 それより、先生・・・。 めっちゃ詳しいですね。 カナディアンやジンコーソーラーのパネルの型番まで、知っているとは思いませんでした。 パネルの数の計算、出力まで・・・。 先生、太陽光業者並みですよ・・・・・。 それ、YouTubeで解説できますよ・・・w』

知人Aさん 『そうなんですよ。 先生の知識は、すごいというか、分野が広いのに、詳細な部分まで網羅されていので・・・本当に、流石だと思います。』

その後も・・・太陽光の話だけではなく、いろんな分野の話で、盛り上がったわけですが・・・・。

イタリアンの会食は通常2時間ほどなのですが・・・・思わず3時間半も・・・話し込んでしまいました。

IMG_1591


流石、評論家だけあって、よく勉強していますね〜・・・。

株、為替、仮想通貨、世界情勢、経済、政治、なんでも話せるし、けっこう核心をついているので、勉強になりました。

まあ、でも、せっかくですから、太陽光をボロクソに否定していただいて・・・・それを論破したかったですw

ちょっぴり残念でしたが、有名な評論家さんとの話は、とても楽しかったです。


さて、少し話は変わりますが・・・・。

現在、大治町砂子で、4カ所の太陽光発電用地の埋め立て工事をしており・・・・、進入路の入口方々や、土木業者に意地悪をされてしまい、思うようにダンプが入らないわけです。

大型と4トン車で搬入していた土を・・・、2トン車で搬入しています。

これにより工期が遅れ、土の仕入先からも約束の量を搬出できないとお叱りをいただき・・・、おまけに、大治町役場も現場にきて、大騒動でございまして・・・大変でした。

‖莪譴凌米路
最初は、土木業者が仮設道路をつくっていたので、仮設道路を通って土を入れていたのですが、仮設道路の地権者の一人が、太陽光の埋め立てに使用させるな!と苦情を言いまして・・・、土木業者は、弊社の下請けさんたちを通してくれなくなりました。
弊社も、進入路の一部を土木業車に貸していたので、弊社の土地に弊社が入るわけなので、進入路を使わせてほしいと頼みましたが、クレーム以降使わせてくれなくなりました。

第二の進入路
進入路は、昔の半軒道しかないので、その奥の方皆さんで、少しずつ土地を出し合って、道路として利用しているのですが・・・・、入口の方が、うちの前は通るな!絶対に通さない! 不法侵入だと言い出しましたので・・・、別のルート第三の進入路を使って搬入をしております。

B荵阿凌米路

現在、第三の進入路を使い、2トン車しか入れないので、2トン車で埋め立てをしておりますが、金曜日は、大治町役場から電話があり、地元と、もめないでくださいとのことで・・・・、夕方、大治町役場が現場にきて、弊社の下請けにあれこれ言ったようですが、こちらの意見も主張したようで、帰っていかれました。

弊社下請けの主張
・´△離襦璽箸通していただけないので、ダンプを小さなものに変えてのルートを通っておりますが、何か問題があるのでしょうか?
・工事に対しては、地元の方々のおっしゃる通りにしていますし、万が一、道路を破損させたら責任を持って直しますし・・・、残る田んぼにも配慮して水の通り道も確保しながら埋めております。
・施主の千代田さんは、この地域に6カ所の土地を所有しておりますが、,瞭口の方、△瞭口の方のように、うちの土地の前を通るなって、千代田不動産の土地の前も、同じように通行止にしましょうか? もちろん、皆さんで使っている道なので、そんなことはしませんが、こちらは、そういう事をやられているんですよ。 どれだけ言いなりになって工事をすればいいのでしょうか?

FullSizeRender

↑分かりづらくて、すみません。

大治町役場の主張
・皆さん共同で出し合っている道路を止められたら困る・・・目には目をみたいな事はやめてください。 それに、ここは農道として利用しているので、土木工事用のものではありません。
とにかく、役場に苦情がきておりますので、苦情が来ないようにしてください!

弊社下請けの主張
工事用の仮設道路が使えなくされたら、こっちから小さな道路を通って手間かかっているんです。
それに、施主の社長からは、この地域の他の地権者に道路を止められたら、警告をした上で、止めていいと言われていますので、本当に、どうしようもなくなったら、施主様の敷地内ギリギリに、エル型擁壁を置いて通れなくします。
農業に影響を与えるかもしれませんが、すでにこちらは、工期も予定よりも遅れで損害が発生しております。
行政として、工事を止めるというのであれば、施主様の所有権に基づき、敷地内に材料を置いて帰ります。あとのことは、施主の顧問弁護士が出てくると思いますので、そちらとお話しください。

大治町役場の見解
自分たちは、苦情があれば対処しなくてはいけません。 苦情の出ないように工事してください。 

弊社下請けの見解
こちらは、ほぼ、いいなりで言う事を聞いて、できる限りのことをして工事をしています。 これ以上、どうしたらいいのでしょうか?

大治町役場の見解
お互いに喧嘩腰ではなく、苦情がこないように工事をしてください。

一部の土地の地権者が、田を埋めさせたくないのでしょうけど、市街化区域だけに阻止できないので、必死に因縁をつけて工事をやめさせようとしているってことであって・・・・。

まあ、役場としても、これしか言いようがないでしょうね〜(笑)

でも、一つ、進展したことが・・・・。
弊社の社員が、地権者の方々数人のところに菓子折りを持ってご挨拶に伺ったのですが・・・、誰の指示だとかは教えてくれませんでしたが、自分たちは何も反対も邪魔もしていない、大変だな〜っというようなことを仰っていただき、弊社の社員としてもお叱りを覚悟して話し合いに行っただけに、ホッとしていました。
要するに、こういう無茶な嫌がらせをするのは、一部の人たちってことです!

埋め立ても残す所、200立米ほどですので、来週中には終われそうですが・・・、太陽光発電の架台、パネル等の設置の際には、また一悶着ありそうで・・・正直、憂鬱です・・・。

ここも、当初は・・・全部を取りまとめて、大型の宅地分譲地にしようとしていたのですが・・・、取りまとめができなくなり、計画を中止して、買えた場所のうちの一部を太陽光発電にしようということになったのです。

この先、分譲地計画が再開し、取りまとめができるようであれば、太陽光は全撤去して、分譲地にしますが・・・、この調子だと、20年の期間満了まで太陽光をやることになってしまいそうですね。

因みに、この場所での太陽光発電所は、途中で事業計画変更になり、太陽光を撤去してしまう可能性がありますので、一般のお客様に販売することはできません。(自社張り、もしくは、私の友達張り)

四日市は、21円で刺しており、まだ、これから事業化していくものもありますので、大丈夫ですけど・・・・。

何にしても、太陽光発電は、現状、人口減少に突入していく中では、田舎のアパマンを購入するよりも安全です・・・、売電が安くなっても、他の投資に比べると、利回りもよく安定しているので・・・、まだ今年も、どんどんやっていこうと思っています。

そんなわけで・・・本日は、リスクの少ない投資!というテーマで書かせていただきました。


ブログランキングの投票もしていただけると嬉しいです。

本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください






toshikazy at 00:22|PermalinkComments(6)││千代田不動産  | 投資

2018年02月10日

2121)市街化区域なのに家が建たない場所(注意!)

市街化区域であり、既に、まあまあ住宅が密集している地域で、公道に面していて、上水下水道も前面道路にあるのに、住宅を建てられない地域があります。

弊社が、5区画の小さな分譲地の開発をしようとしている場所なのですが・・・、市役所も逃げるし、地元の要望が強く・・・新規の住宅を建てさせてもらえないのです。


これが、調整区域であれば、地域の主張や権利を認めるのもありだと思うのですが、すでに市街化を形成している地域で、新規の家は建てられませんと言われてしまうと、けっこうつらいですよね。

まあ、つらいというか・・・、ありえない事です。

行政は、市街化区域として、家が建つ土地であるだけの固定資産税を、毎年、しっかり徴収しているわけです。

でも。。。。 土地所有者である、売主さんは・・・、新規で家を建てられない土地なので・・・売れない!


約400坪の土地なんですけど・・・家が建つ土地と建たない土地の買取価格が、どれくらい違うのかというと・・・。

今回、弊社が出した査定は、開発許可が取れる事を条件に、4000万円(坪10万円)・・・、家が建たない場合は・・・買取不可! 又は、太陽光発電用地として、200万円(坪5000円)・・・・。

もちろん、これは弊社の買取価格なので、一般的な価格ではないが・・・、建物を建てられない市街化の土地は、基本的には売れないか、売れたとしても、かなり安くなってしまうことは間違いない!

でも・・・、固定資産税は、市街化区域だから、高い・・・・(゚o゚;;

当初、設計士兼行政書士に話をさせていたのだが・・・話にならないので・・・弊社の社員が行った。

さすが、中村まさとし・・・! 論破したのか、顔が怖いからなのかわかりませんが・・・、役所と話をつけてきましたw

IMG_1565


まあ、本件とは関係ありませんが、美味しいカプチーノでも飲んでくださいw

話は、もどりますが・・・・↓

でも、現在、家が建っているところは、OKの返事をもらってきましたが・・・、家が建っていない部分は、家を建てたらいけないとのことでしたで・・・・、私が、役所の都市計画課に電話をしました。

都市計画課 『あの地域は、大雨が降ると浸水してしまうので、新規で開発をするというのを地元が許さないのです。 地元同意がないと、こちらとしても、受付できません。』

 『そうですか〜・・・・。 いいこと教えてもらいました。 浸水してもいいように、地盤を高く造成させてもらいますわw  それはそれとして・・・、地元が同意しないと、行政は、開発を受け付けないということですが、そうなると、市街化区域にありながら、下水道の負担金も払って、固定資産税も市街化として払っているのに、あの土地は、使い道がないというか、売れないってことになるわけですよ。 まあ、民の問題ですけど・・・。』

都市計画課 『はあ・・・・。 固定資産税、下水の話は、課が違いますので・・・・、固定資産税の話、下水道の話を、こちらに言われても困ります。 こちらとしては、地元の同意がないと・・・、申し訳ないですけど・・・受付いたしかねます。 あの地域は、大雨が降ると・・・碓氷の行き場がなくなり、下水も溢れて浸水するんです。 それで、地元としては、これ以上、家を増やすなということでして・・・・。』

 『下水道の話は、課が違うんじゃないのか? さっき、おたく、そう言ったよね? 都市計画化なんだから、都市計画の話以外は違う課に話にいかなくてはいけないんでしょ? 都合が悪くなると課が違う・・・、都合が良い時は、他の課の名前を使って抑え込む・・・、それ、あかんだろう? 二度と、他の課の名前を出すな・・・もしくは、出すなら、ちゃんと関連を認めて話せ! どっちにする?』

都市計画課 『ですから、地元が同意を出さないのは浸水の問題があるということを説明しているのであって、税の話や、下水の話は、各課で話してくださいと・・・。』

 『あのね・・・。 都市計画化というところは、読んで字のごとく、都市計画のことじゃんw そしたら、道路の土木課・・・、ライフライン等、上下水道の課・・・、ゴミ取集等の環境課・・・、直接は絡まないけど、税務課も関係するんだよね。 もちろん、各課と協議をしなくてはいけないことは、各課に聞くけど・・・、全体の話をしているときに、逃げるのはやめようよ。』

都市計画課 『何も逃げていませんよ。 話を聞いていますよ。 でも、固定資産税の額とか、下水道の料金の話をこちらにされても分かりませんので、各担当の課で聞いてくださいと申し上げているのです。』

 『なるほど・・・。 俺は、料金を値下げしろって言いたいわけじゃないんだよ。 市街化区域で、道路も上下水もあるところで、きっちり市街化課税をしておいて、家が建ちませんは、ないだろうと言ってるわけよ。 金とってるなら、予算とって整備するなり、できないなら市街化を返上して、調整区域にするかにしろよ!って言ってるんですよ。 金だけ撒き餌げて、権利を阻害するのって・・・怠慢だと思わない? 怠慢というよりは、ある意味、市民を騙しているよねw』

都市計画課 『そう言われましても・・・、地元の同意がないと、受付はできませんので、地元と協議をしていただいて、同意をもらってきていただければ・・・・。』

 『地元は、絶対に建てさせんと言ってるから、それって、どうなんだって、話てるんです。 簡単に言うと、地元の同意なしで、開発を受け付けてくださいって言ってるんです。 そうじゃないなら、市街化返上して、原則、建ちませんって・・・ちゃんと仕分けしてください。 そうじゃないと、土地を売りたい人は、高い金だけ巻き上げられて、土地はタダ同然でしか売れないということになるんですよ。』

都市計画課 『そう言われましても・・・。 受付られないものは、受付られませんので・・・。 私が、固定資産税を決めているわけではございませんので・・・。』

 『あなたは決めてなくても、あなたのお勤めの行政が決めているわけでしょ? まあ、いいや・・・、でも、家たちません、開発受付ませんじゃなくて、例えば、貯留槽をつけるか何らか水害対策をしたら受けるとか、雨量計算書を付けて、どれだけ以上だったら、こうしろとか、行政の指導要綱みたいなものを作ってくださいよ。 じゃないと、納得できません。』

都市計画課 『言いたいことは分かりますが、地元が頑なに・・・・。』

まあ、こんな感じで・・・同じ話を繰り返しているだけで前に進まない・・・・。

 『はい、ここでひとつ質問です。 弊社のものは受け付けないけど、過去に受け付けたことがありますよね? 地元の建築屋は、良くて・・・、他県の者はダメって・・・、そんな話ってありますか???』

都市計画課 『・・・・・。 そういうものが、あるんですか?』

 『どうだろうね・・・w 俺は、あると思うよ。 詳しく調べてみないと分からないけど・・・心当たりはあるんだよね〜。 もし、地元の業者だからって許可しておいて、俺んところを受け付けないって話になったら・・・徹底的に責めるけど・・・そういう因果関係も頭に入れて物を話さんと、人生、間違った方向にいっちゃうかもしれんよw』

都市計画課 『ですから、地元同意があれば、受け付けると話しているじゃないですか。』

 『了解です・・・。 ちょっと面倒くさいけど、そこまでやれってことね。 叩いて埃が出てきてしまったら、ごめんねw 地元の業者は良くて、他県の業者はダメな理由を、しっかりと用意しておいてくださいよ! おたくらは、公平性を保たなくてはいけない立場なんですから・・・。 以外と、地元の市会議員がゴリ押ししたとかで絡んでいたりして・・・あはははははwww』

都市計画課 『・・・・・。 ですから、私どもは、地元の同意があれば受け付けますので、地元の同意をもらってきてください。 』

 『わかりました。 あの地域の過去の開発について徹底して調査して、地元の区長さんと話をして、それから話に行きますね。 でも、その時に、調べすぎて余計な事まで出てきてしまったらすみません。 他所はOK、弊社はダメってことがないといいんですけど・・・。』

そんなわけで・・・、頑張ったんですけど・・・結局、今のところは、開発の受付をしていただけませんでした。

IMG_1564


はぁ〜・・・疲れた・・・美味しいカプチーノを飲ませていただきますw

続き・・・↓

実は、この地域・・・・、地元のデベロッパーだと、開発の同意書に印鑑を押すのですが・・・、他県のデベロッパーには、印鑑を押さないというようなことがあるようなのです。

つまり、大雨が降ると浸水すると、過去の話を持ち出して、印鑑を押さない・・・・、地元の業者が同じように開発をするのは、浸水は関係ない・・・wというような感じなんです。

まあ、今のところは、推測ですが・・・、実際に開発したであろう物件があるので、調査しますが・・・、ほぼ間違いないと思います。

それ以前に、市街化区域で、上下水があって、道路幅員も開発機銃を満たしているのに・・・、雨水を理由に地元の同意の印鑑をもらってこいと言って受け付けず・・・、しかも、地元の印鑑は押してもらえないことを知っていて、地元同意をもらってこいと主張する、このナメ腐った行政の体制に問題があると思います。

直接的ではないですが、間接的に地元業者との癒着があるということで・・・、これは、忖度ではなく、完全なる癒着なので・・・ここを白黒付けます。

これを許してしまうと、どういう事が起きるかというと・・・、地元業者に土地を売らない限り、開発はできないということになり・・・、つまりは、地元業者のお手盛りで、土地の買取ができてしまうわけで・・・、それを、地元の区長が幇助し、役所も目をつむって黙認しているということです。


まあ、田舎では、よくある話ですが・・・、これを、いつまでも許していてはいけません。

土地を買う時も、他社と同条件で競うことができますので、売主さんにとっても良いことですし・・・、今時、癒着、談合みたいなものがあってはいけないのです。

今日の話は、市街化区域なのに家が建たない場所というテーマで書かせていただきましたが・・・、厳密に言うと・・・、地元の業者以外は、市街化区域なのに家が建てられない場所・・・ということです。

愛知県内では、こんな地域は、ほとんどありませんが・・・、他県の田舎に行くと、まだまだこんなお粗末な事が当たり前にあったりしちゃうんですよね〜w

そして、ほとんどの場合・・・、地元同士の結束とかいう感じで・・・、ここに、政治や利権が絡んでいることが多いのです・・・・。

買うも売るも、平等、対等の中で・・・、競争をして買い・・・、試行錯誤して経費を抑えながら、他社に負けないように、良質なものを、できるだけ安く供給する・・・。

それが・・・、すべての人が平等である民主国家でのビジネスなんだと私は思います。



さて。。。 難しい話は、ここで終わりにしまして・・・・。

YouTube、更新しました〜www




車の動画って、かっこいい系ばかりなので・・・ちょっとお茶目に作ってみましたw

時間がある方は、見ていただき・・・チャンネル登録をしていただけると嬉しいです。

読者の皆様・・・・、YouTubeを見ても・・・ブログランキングの投票クリックはお忘れのないように宜しくお願いします・・・m(_ _)m




本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください





2018年02月07日

2120)コインチェック騒動の表と裏を考える

コインチェックプレス(日本円出金の再開の見通しについて)・・・・最後に、リリースされたのが、2018年2月3日・・・。

IMG_1566


・いつになったら、日本円の返金をするのだろう???
・なぜ、日本円を返金しないのだろう???

この疑問について、いろんな噂が飛び交っておりますが・・・何が真実で、何が嘘なのか定かではありません。

でも、まあ、一番気にするところではありますが・・・、今回のコインチェック騒動は、そんな単純なものなのか・・・、私は、何か、コインチェック騒動に気を向けさせられているような気がするんです。


IMG_1567


というのは・・・・。

世の中のことには、表と裏があります。

表は見えるが、裏は、見えにくい・・・・。

私の感覚で、今回のコインチェック騒動を見ると、何か違和感を感じる。


ネムが何者かに盗られてしまい大騒動で、ネムの補償がどうだとか、売買ができるできないとか、日本円が返ってくるとか来ないとか・・・、警察が入ったとか、コインチェックの資産がどうだとか・・・・そんな話ばかりですよね。

まあ、私も、一番の怒りは・・・預けてある日本円を返せ、返金しないのは違うだろう!というところなんだが・・・。

もう少し、引いて・・、木を見るのではなく森を見ると・・・、何かが変なんですよね。

今回のコインチェック騒動で、一番儲かった奴は誰なのか???

IMG_1568


いろんな角度から考えてみてください・・・。

税・・・?

今回、ネムの補償は、円でするとのことで・・・、ということは、仮想通貨が円に変わった時点で、高い税率がかけられるということなのではないだろうか?

仮想通貨はヤバイと思った人が、どれだけいるのか分かりませんが、今回、他の仮想通貨を円に変えたとして、どれぐらいの税が課されるのだろう?

そもそも・・・、こんなに早いタイミングで、補償方法を決めて発表したわけだが・・・、コインチェックは、、円で補償をすると、いとも簡単にきめたように思えるのだが、ネムの相場の変動に気を使ったふりをしているが、ネムの被害者で、利確をしたものが税をかけられることは、当然に分かっている中で、何をどう考えて、誰が決定したのだろうか?


仮想通貨規制?

タダみたいな金額の仮想通貨が、とんでもない価値になり、それが流通しているのに、円に変えなければ税金を払わなくてもいい状況で、ビットコインで決済できる店舗が増えるし、仮想通貨業界自体が、大きく膨れ上がっていたわけです。

これは、少なからず、他の金融市場に影響を与えていましたし・・・、国の管理できないところで動いていたわけです。

何が言いたいのかって・・・。

コインチェックに仕掛けたのは、コインチェックに対しての攻撃ではなく、仮想通貨を潰すための攻撃だったのではないかと・・・。

つまり、仮想通貨が、全面安になり、円に換金したときに得になる奴・・・、それから、仮想通貨から引き上げられた金がどこに行くのかを考えると・・・、面白い答えにたどり着いてしまう。


考えすぎかな???(笑)


仕手のようなものか?

もう一つ・・・、誰が得をしたのかを考えると・・・、コインチェック内部か外部かは別にして・・・、今回のタイミングを知っている奴がいたとしたら、相場を予測できたということで・・・、莫大な利益を出すことができたのではないでしょうか?

私の個人的、勝手な推測だと・・・、皆さんご存知の通りのコインチェック騒動は、表の話で・・・、その意味とか、裏側では何が動いているのかを考えると、いろんなことが推測できるということです。

本当に、表の部分の、コインチェックが杜撰な管理をしていて、ハッカーにネムを盗られて、補償問題をどうするかの話なのか・・・、その裏で動いたものや、裏の理由は・・・、税金徴収なのか・・・、仮想通貨潰しなのか・・・、大がかりの仕手みたいなものなのか・・・。

なんとなくですが、コインチェックに大衆の気を集めている裏で何かが動いたような気がして、この違和感、不自然感は何なんだ・・・、みたいな事を考えてしまうということです。

皆さんは、どう思いますか???

すみません・・・考えている間に・・・ブログランキングのバナーをクリックして、素人さんの為の不動産学校に投票をお願いします。


建設・不動産ランキング

ありがとうございます。

ブログの続きです

まあ、表と裏と・・・いろんな事が考えられるが・・・私の推測だと・・・。

仮想通貨の規制ということではないかと思います。

どこから、この計画があったのか・・・・、それは、推測すらできません。

ここのところ仮想通貨は、世界各国で規制を強化しています。

日本としては、昨年、税金徴収することで、仮想通貨を認めてしまっているので、なかなか規制をしにくい状況でした。





今更ですが、仮想通貨というものを、もう一度考えてみてください。

通常、通貨というものは、国家が担保しているのに対して・・・・、仮想通貨は、民間の利用者同士で管理しているツールみたいなものじゃないですか・・・・。

そして、この仮想通貨市場というものが、急激に成長をしたわけですが・・・・、これが更に、どんどん成長していくと・・・国家の通貨を脅かす存在になっていきますよね。

実際にビットコイン決済のできる店舗も増えていますし・・・。

正直、札や小銭を使ったり、カードで決済したり、各種ウォレットに現金を入れて使ったりするよりも、ビットコイン払いの方が楽というか手軽じゃないですか・・・、公共料金の引き落としも、コンビニも、飲食店も、家電や、その他、諸々・・・手軽でですよねw

この勢いだと、そのうち給料振込みもビットコインで・・・、企業の取引もビットコインで・・・なんてことになったら、大変ですよ。

株や、為替の取引・・・、不動産までも、ビットコインが当たり前なんてことになるかもしれません。

民間の通貨が、国の通貨を超えたら、金融の仕組みも変わるでしょうし、とんでもないことになります。

つまり、最初は、ゲームの中のマネーに毛が生えたくらいだったものが、今や、兆の金が動いちゃっているわけですよ・・・、そんな、とんでもない大きな市場となりまして・・・、世界各国、仮想通貨を容認できないところまで、成長してしまったということです。

ボクシングで言うなら、子供がプロボクシングの真似をしていたら、だんだん強くなり、アマチュアでベルで急成長して強くなり・・・、このままだとプロボクサーを倒すぐらいの強さになるかもしれん・・・、今のうちに、ぶっ叩いて、プロの強さを教えて大人しくさせとくか〜wみたいな感じじゃないですかwww

まあ、どれも・・・、私の、個人的な見方というか・・・裏読みしすぎなのかもしれませんけどね。

しかし・・・、ひとつ言える事は・・・。

日本円の出金や大手のコインチェックでアルトコイン等の売買ができないということで・・・、ユーザーは、どれだけの損害を被り、本件が仮想通貨の相場に、どれだけの影響を与えているのか???


実際に・・・、2月7日時点で・・・、コインチェック騒動勃発時と比べると、仮想通貨の大半が、大きく価格が下がっていますよね。

さて、みなさん・・・、今回のコインチェック騒動で、一番損をしたのは誰でしょう???  今回のコインチェック騒動で、一番得をしたのは誰でしょう???

考えれば考えるほど、いろんなシナリオが想像できますが・・・・。

IMG_1556


とりあえず、私は、鯖缶ダイエットを続けながら、コインチェックからの日本円の出金を待ちたいと思います。

鯖缶ダイエットよりも、コインチェック騒動のほうが気になり痩せたりして・・・。

冗談はさておき・・・、私も含め、皆様の日本円、並びに仮想通貨が戻ってきますように・・・・、また、取引を停止している間の損失補填もしていただけるように祈っております。

これって、金融庁が停止させているんじゃなくて・・・、コインチェックが停止させているだけでしょう?

※本日のブログは、あくまでも私の個人的な見方なので・・・、真相は、わかりません・・・。

そんなわけで・・・、本日は、コインチェック騒動の表と裏を考える!ということで、書かせていただきました。




本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください







toshikazy at 03:24|PermalinkComments(8)││ビットコイン | 仮想通貨