2018年01月22日

2115)山男、来社・・・w (不動産)

弊社の名古屋支店の社長室にワインセラーを設置しました。

約100本ほどの小さなセラーなんですけど・・、自宅のほうのセラーは、もう入らないので、会社の社長室に設置しました。

私が、最近、頻繁に飲んでいるワイン、紫鈴(rindo)と、あさつゆ・・・、その他、シャンパン類、もろもろを、70本ほど入れておきました。


しかし、ケンゾーエステートのリンドウは、コスパがいいというか、本当に美味しいワインです。
リンク貼らせていただきました。

年にとって多少違いますが、基本的に、最初は、とてもフルーティーな香りがして飲みやすく、食前酒的な役割をしてくれますし・・・・温度にもよりますが20分ほどで少しずつ開いてきて食事とマッチしてきます・・・食事の後半になると、なんとも言えない優しく深い感じになってきて・・・、最初から最後まで楽しませてくれるワインです。

IMG_1388


とりあえず、上段2段は、全部、紫鈴(rindo) その下2段は、あさつゆ・・・

美味しいワインは、リンドウ・・・私は、コンドウ・・・ってことで・・・(笑)

温度が安定してきたら、もう少し古いものも入れますが、とりあえずは、カリフォルニア系と、シャンパン数本・・・。

これで、ワインやシャンパンをいただいても直ぐにセラーに入れられますし・・、美味しいワインがない店に食事に行く際も、直ぐに持っていけます(笑)

リンクを貼っておいて、失礼かもしれませんが、オーパスワンほどではないですが・・・、紫鈴、相当美味しいです・・・コスパ的には、私は、リンドウの方が上だと思います。

私が、頻繁に飲むワイン .螢鵐疋Α´▲好拭璽譟璽鵝´シャトーラグランジュ どれも、バランスが良く、コスパもいいです。

世の中に高くて美味しいワインは、いくらでもありますが・・・高いワインは、頻繁には飲めないいので・・・コスパ大事ですw

なんだかんだ、ケンソーエステートファンの私ですw


さて、今日の本題に・・・・。

先日、同業者のAさんが、これまた同業?のBさんって人を連れて来てくださり、ご紹介いただいたのですが・・・、こういう事を言うと失礼なのですが・・・、不潔、礼節を知らない人でして・・・。

隣県の田舎のほうの不動産屋で、土木系の会社、ガソリンスタンド、プロパンガス屋をしているとのことで、そちらの地域では、一応、名士という触れ込みで、Aさんから紹介をされたわけですが。


 ,泙此格好が・・・、なんとなく小汚いジャンバーに、小汚いヨレヨレのズボン。

まあ、人を見かけで判断してはいけませんので、これは、良しとして・・・・。

◆,Δ舛亮卍梗爾僕茲討癲△完Щ△垢訌阿忘造辰討靴泙ぁΑΑΑ∋笋、立ってご挨拶をしても、座ったまま名刺を受け取り、汚い財布にしまい・・・、汚い財布から、角が折れ曲がったような名刺を出して・・・、しかも、なかなか名刺が出てこないからなのか、唾をつけて名刺を取り出して・・・私に渡すんですよ。

まあ、どう見てもBさんの方が、私よりも年上ですし・・・、これも・・・良しとしましょう。

 髪の毛は、脂ぎってクチャクチャで・・・、歯は、ヤニっぽい黄色で・・・、なんとなく臭う・・・加齢臭なら仕方がないが、ちょっと違う感じの臭いなんですよね〜。

田舎で、いろんなご商売をされているし、この人は、きっと自ら汗して働く社長さんで、礼節を知らないんだと思って我慢しました。

ぁゞ気読めない・・・、口のきき方も横柄・・・。

ここは、大変申し訳ないのですが・・・最後に、キレました・・・すみません m(_ _)m


こんな感じでした・・・。

Bさんは、社長室に入るなり、ソファーに座って、『あっ〜・・・。 高速渋滞しとったから疲れたわ〜。』と、Aさんに話しかけまして・・・。

Aさんは、いきなり座ることなく、立ったままで、会釈をしながら・・・・。 Bさんに、『大渋滞でしたね〜w』と気を使いながら・・・。


Aさん 『近藤社長、どうも、ご無沙汰しております〜・・・。噂のB社長です。』

 『こんにちは〜w 本年も宜しくお願いします。 まあ、どうぞどうぞ・・・、あっ、お一方は、もう勝手に座っちゃってますけど・・・w Aさんも、どうぞ・・・楽にしてください。  初めまして、千代田不動産の近藤でございます。 』(名刺を出しました。)

Bさんは、私の名刺を片手で受け取り、ボケットから財布を出してその中に私の名刺を仕舞ってしまい、指をペロッと舐めて、財布から、角の折れたような名刺を出しまして・・・・。

Bさん 『どうも、Bです。 』(一応、軽く会釈をされたのですが、キョロキョロ辺りを見渡して、そっぽを向いている感じ・・・。)

Aさん 『あははは・・・(^◇^;) Bさん、シャイなんで・・・・。』



こんな感じで、商談がスタートしたわけですが・・・Bさんの態度と不潔さが気になり、なんとなく不快な感じでした。

商談が、始まるとAさんが、内容を話し出した・・・。

内容というのは、某県の、某組合を解散するので、土地(合計5万坪)を売却したいとのことで、謄本、公図数枚と、大きな地図と、ネットから出した地図に印をしてあるものをいただきました。


Aさん 『現在、Bさんが組合長をされておりますし、不動産業もされておりますので、本日、代表として伺ったわけですが・・・・、どんなもんでしょうね〜? 5万坪とか言われると、私の手には追えないので・・・、実質の売主様である、組合長といっしょに来たわけなんですが・・・。』

Bさん 『昔、ゴルフ場の開発があった時は、この組合を解散するなんてことは思ってもなかったので、断ったんだけど・・・あの時、売っておけば良かったんだけどな〜。 10億で買うって話だあったんだけどな・・・今だと、いくらで売れる???』

 『それより、タバコ吸うときは、いいですか?とか。失礼します!とか言ってほしいですね〜。  まあ、いいか・・・。 う〜〜〜〜ん・・・・・。  現況を見ていませんので、この場、この瞬間に、明確なことは言えませんが・・・、難しいでしょうね〜・・・。 』

Aさん 『因みに、もし、社長のところで買い取るとしたら、いくらですか?』

 『それを、こんだけの資料で・・・今、買取価格を聞く?  う〜ん・・・。 道路もついているし・・・、固定資産税もタダみたいなもんだし・・・・Aさんの顔を立てて、100万円ってところかな? 顔を立てての話で・・・本当はいらんけどね。』

Bさん 『何が、100万円だ・・・馬鹿な事を言っとったらあかんぞ 見てもないのに、俺たちが、長年使ってきた土地を、100万一絡げに話をして、馬鹿にするなよ

 『はっ? タダでもいらんってもんを、Aさんの顔を立てて100万円って言ってる話で・・・馬鹿にしてませんよ。 馬鹿にしてるのは、おたくじゃないですか? 人にアポ入れてきておいて、普通に社長室に入ってきていきなり座り込むし・・・汚い格好で来て、くちゃくちゃの名刺出して・・・、勝手にタバコ吸ってるし・・・、立派な経営者だってお聞きしていますし、組合長までやっていらっしゃるんですよね? 最低限のビジネスマナーってもんがあるでしょう。』

Bさん 『ここ、禁煙か・・・? 灰皿おいてあるからいいんじゃないのか?』

Aさん 『社長、すみません・・・。 Bさん、山男系の社長さんで、相手が誰とかではなく、いつもこういうスタイルなので・・・。 それに、土地の値段の話も、もしも・・・の話で・・・、近藤社長も、Bさんも、喧嘩しないでくださいよ〜・・・。 自分が悪いです。すみません。』

 『山男系w  確かに・・・・。 山男系と言われると、全てが許せる気がする。』

何故か、Aさんの、山男系という言葉で、少し怒りが治ったw

Bさん 『Aくん、いくらなんでも、100万円はないぞ。 とてもじゃないけど、他の組合員に言えんわ。 それに、ここは、背広を着てこないと入ったらいけない場所なのか? おいっ・・・、皇居に行くわけでもあるまいし・・・・

Aさん 『あっ・・・、近藤社長・・・、Bさんは、以前に勲章をいただいているんですよ。 組合長として、ずっと頑張ってこられた方なので・・・。』

 『そうなんですね。  まあ、社会に貢献されてご立派なのはわかりましたけど・・・。 別に勲章もらってたら、人に非礼な振る舞いをしていいってもんじゃないでしょう。 勲章持ってたら、土地が高く売れるわけでもないし・・・。まあ、なんでもいいけど、もう少し、礼節と、現実をご理解いただいてから、また来てもられませんか???』

再び、怒りが・・・、やっぱり、この人・・・あかんわ〜・・・。

Bさん 『あんたな〜・・・。 ここまで、渋滞に巻き込まれて、3時間もかけて来たんだぞ。 そういうことを言ったらあかんぞ。 あんたこそ、非礼無礼だぞ。 一筋縄では売れないことなんてわかっているけどな・・・、Aさんが、近藤さんならって言うので、わざわざ会いに来たんだ・・・。そういう言い方はないだろう。』

Aさん 『近藤社長・・・、Bさん、山男系なんで・・・すみません。 本当にすみません。』

Bさん 『山男って、言い方があるか・・・。 田舎者だと思って馬鹿にしてるのか? 田舎者かもしれんけど、この人が、近藤さんなら何とかしてくれるかmしれないっていうから、わざわざ、来たんだ。 なんだ、非礼とか無礼とか・・・、あんたのほうが、よっぽど失礼だろう。』

 『そうですね。 失礼いたしました。 遠いところをご足労いただきありがとうございます。 でも、まあ、とりあえず、今日は、帰ってください。 で・・・、Aさん、Bさんに、お願いがあります・・・。 採掘権の問題、面している道路の所有者、どんな木が多いのか、わかる範囲でいいので、高低差と、面積のわかるものが役所にないか調べておいてください。 あとは、Bさんは、不動産、土建業、某組合のトップですので、たくさんの情報がいただきたいです。 今度は、私が、そちらに行きます。 それなりの専門家も連れていきますので・・・。』

Bさん 『近藤さん、こっちに来るのか? 100万円では売らんぞ。 組合員のことを考えると、1億以上では売りたい。 車で3時間かかるぞ・・・本当に、こっちまで来るのか?』

このあたりから、私とBさんの間の、何かが変わってきた。

 『行きますよ・・・・。 百聞は一見に如かず・・・。 私が値付けした100万円が、本当に失礼なのか、失礼じゃないのか・・・それも含めて視察に行きます。 Aさん、不動産屋なんだから、もっと情報集めておいてください。 ここだと、市町村だけではなく、国や県も確実に絡むと思います。 私も、調べますし、聞きたいことをまとめておきますので、後日ということで・・・・。』

Aさん 『わかりました。 社長が、動いてくださるということは・・・、何か、あてがあるんですか? めっちゃ田舎ですけど・・・・往復したら、1日潰れますよ。』

 『いいですよ・・・。 その代わり、飯の美味しい店の情報も集めておいてくださいw』

Aさん 『それって、観光も兼ねて来られるということですね?w』

 『人聞き悪いな〜・・・。 違うよ・・・。 Bさんが来てくれたのに、物件も見ないで100万円って言ったことに対して・・・、その件に関しては、失礼だったな〜と思ったから行くんだよ。 こんな田舎の、山を売る自信はないけど・・・、何か売るための糸口がないか、探しに行くって感じかな。 でも、自分の目で見て・・・やっぱり100万円って言ったら、ごめんなw』

Aさん 『ありがとうございます。 旨い店情報集めておきます。』

Bさん 『旨い飯屋なんかあるわけないだろう・・・、近藤さん、俺の家で、飯食って泊まっていけばいいぞ。 昨年、会社と家の間の林の中に露天風呂を作ったんだわ・・・・。 』

Aさん 『近藤社長、Bさんの自宅は、1000坪ぐらいあるんですよ。』

Bさん 『会社と林も合わせたら、3000坪や・・・。』

Aさん 『社長・・・、Bさんのご自宅は、すごいですよ。 石垣で3mぐらい高くなっていますからね。 自宅部分の1,000坪、石垣で囲まれていて、庭がすごいんですよ。 そこから、西に傾斜していて、下のところに会社があって・・・。 近藤社長、Bさんは、山小屋みたいなところに住んでいると思ってるでしょう? 日本家屋に庭園・・・高級旅館みたいな家ですよ。』

 『そっか・・・・。 漫画日本昔話の家を想像してた・・・後で、グーグルアースで見てみるわ・・・・。 でも、Bさん、大変失礼ですけど・・・。 山の中の3000坪ですよね? 』

Bさん 『近藤さん、あんたも口が悪いな〜・・・。 いいから一回、来い!』

 『だから、行くって言ってるじゃないですかw 宿題、やっておいてくださいよ。 でも、勘違いしないでください。 最善を尽くすことはお約束しますが、お望みの結果を出せる可能性は限りなく低いです。 今の私の感覚では、売れません・・・売れても、私が100万円で買う程度だと思っています。 正直、売る自信は、全くありません。』

Bさん 『だから、一回、来いって言ってるやろ〜。 そういう事は、来てから言ってくれ・・・。 旨いものは用意しておいてやるし、調べる事は役所の人に聞いておくし、市会議員でも視聴でも、あんたの都合に合わせて呼んでやるから・・・。 そこで、話をしたら、近藤さんが何か閃くかもしれんだろう。 とにかく、一回来たらいい。』

 『だから、何度も言ってますけど、行くって言ってるじゃないですかw 旨いもん用意してくださるんですよね〜・・・。 ごちそうになりに行きますけど・・・・。 その前に・・・・。 じゃあ、とりあえず、今日は、私のおごりで、鰻の旨いところを取りますので、食べて行ってください。 私は、この後も予定があるので行けませんが、Aさん、***をを予約しておくので、お連れしてください。』

Aさん 『あっ、はい・・・。 ありがとうございます。』

Bさん 『鰻? 鰻だったら、うちの下の川で取れる鰻に勝てる鰻はない! 名古屋のダラっと伸びた養殖鰻なんかより旨いぞ。』

 『お言葉ですが、名古屋の鰻を舐めたらあかんですよ。 とりあえず、食ってから言ってください。 』

Bさん 『あんた、来ないって、本当に失礼な人だな〜・・・。 まあ、いい・・・、鰻食べて帰るわ。』

そんなわけで・・・、Aさんに頼んで、Bさんを鰻に連れて行ってもらいました。

名古屋の有名店****に電話をして、個室を取って、更に、最高の鰻を出すように言っておきました。

駐車場まで見送った際に・・・Aさんに・・・耳打ちをして・・・あるものを渡しました。

 『もし、よかったらだけど・・・、時間が余ったら、無料券あげるから、ここに連れて行ってあげるといいよw 失礼のないように、怒らないように、上手に連れて行ってくださいねw 俺が、10回通って、手に入れたタダ券ですw 山男(Bさん)が使わなかったら、Aさん使って・・・w』

FullSizeRender


大変失礼だとは思ったのですが・・・。めちゃくちゃ、歯が黄色いというか茶色だったので・・・。

私が、週一で通っている、名古屋のホワイトニングクリスタル http://www.whiteningcrystal.jpの無料券をプレゼントしたのでした。


FullSizeRender

一応、リンク貼らせていただきました。


後から、聞いた話ですが・・・、最初は行くのを嫌がっていたようですが、行ったら、けっこう歯が白くなって喜んでいたようですwww

そして・・・名古屋の鰻も、ケチをつけながらも・・・最終的には、名古屋は鰻が旨いので逢なく、タレと焼き方が上手いと絶賛して、鰻屋の名刺を持って帰って行ったそうですwww

山男のBさん・・・最初は、嫌な奴だな〜と思いましたが・・・意外と可愛いw

まあ、しかし・・・、正直・・・、今時・・・山を、どう売るか・・・・。

とりあえず、5万坪なので・・・・、リゾート系のところに話してみるか・・・・、仮に砕石や砂の良いものが出たとしても、街から遠いし・・・、なんとかしてあげたいという思いはあるけど・・・。

とりあえず、調査して、現地に行って見てから、もう一度考えます。

美味しいジビエとか食べられるのかな〜・・・ワイン持って行ってきますw

そんなわけで・・・山男来社というタイトルで書かせていただきました。




本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください





2018年01月17日

2114)東区泉一丁目の土地情報(名古屋 土地)

まずは、今日のブログの前に・・・名古屋は、東区泉一丁目の一等地で物件が出ましたので、お知らせします。

名古屋市東区泉一丁目と言えば・・・、中区の栄、錦、丸の内からの徒歩圏です。

基本的に高級マンション街、オシャレな店舗のイメージがありますが・・・。

今回、住宅用、店舗併用、事務所併用に適した物件(土地)が出てきましたのでお知らせをさせていただきます。


売地  名古屋市東区泉一丁目 約26坪 

住居表示: 名古屋市東区泉一丁目9番32

商業地域   建ぺい率 80%   容積率500%

名古屋市東区泉一丁目921


この土地の魅力は、一見東道路なので、普通の街中の狭い土地(狭小地)に見えますが・・・。

南側に奥への進入路と、その南側に、どんぐり広場がありますので・・・・家やビルを建てた場合、南側が空くので、隣棟感覚が広く取れるということです。


泉一丁目で南に隣棟感覚が大きく取れる土地は、南道路の土地以外、ほとんどありません。

まあ、南東の角地感覚とまではいいませんが、それに近いものがあります。

実は、この土地・・・、8000万円、坪単価約300万円で、買い手がついていた土地なのですが・・・結局、引っ張るだけ引っ張られて、キャンセルになってしまいました。

東区(名古屋市)で、住宅用地、店舗(路面店)、事務所用地を探されている方いらっしゃれば、是非、購入を検討していただきたいです。

プラン的には、大きく分けて2プランが考えられます。

  Π豎を車の駐車場と、玄関、階段、エレベーター、1部屋 もしくは収納スペース
  ・二階にLDKと、風呂、トイレ
  ・三階に 2〜3部屋 広めのベランダ、キッチン
  ・屋上→三階を目一杯居住用にするのであれば、屋上に上がれるようにしてもいいです。

◆ Π豎を店舗、又は、事務所にして、トイレ、給湯室等 階段
  ・二階三階は、住居、もしくは、社員寮等にする。
  ・屋上・・・・。

要するに、―撒錙´店舗併用、又は事業用ということなんですけど・・・・。

※収益物件としては・・・、もう少し広ければ、ワンルーム、1LDKを積み上げてもいいのですが、狭小地だけに、ちょっと難しいと思います。

今回は、土地のみの販売になりますが、建築も同時に考えたいという場合はご相談ください。
プランにもよりますが、2500万円〜3500万円ぐらいかかりますので、土地建物で、9000万円〜1億ぐらいです。

IMG_1375


泉一丁目の一等地で、駐車場付きの戸建てが1億以下で買えれば、お得感があると申しますか・・・、不動産屋的感覚ですが、タワーマンションの上層階をご購入されるよりは、良いお買い物なのではないかと思いますが、いかがでしょうか?

詳しくは、千代田不動産 本社、名古屋、美和、どちらでも構いませんのでお問い合わせください。

一般の方だけではなく、不動産業者、建設業者等もOKです。


さて・・・今日のブログです。

先日、昔からの読者様から、こんな素敵なプレゼントいただきました。

もう、これが、めちゃくちゃ嬉しくて・・・・・。

IMG_1351


これ、何だと思いますか???

なんと・・・・フェアレディー240zの、パソコン用のマウスなんです。


メッセージには、『ブログを書かれている時も、近藤社長の愛車フェアレディーZといっしょにいられすように!』とのことで・・・・。

失礼ながら、そんなに高価なものではないと思うのですが・・・読者様のお気持ちが、めちゃくちゃ、心の奥深くまで浸透しました。


IMG_1349


なんちゅう、気の利いたプレゼントなんでしょう。

心を撃ち抜かれた感じですwww

そして、私も・・・・、パクらせていただくと申しますか・・・、車好きの、不動産コンサルをさせていただいておりますクライアント様に、こういう系のもの(ミニカー、キーホルダー、模型)を、贈ろうと思いました。

不動産投資家の方は、ベンツ、ポルシェ、フェラーリ、ランボ等、名車に乗っている方が多いので、簡単に手に入りそうですし・・・、自分では、なかなか買わないものなので、とても良いプレゼントだな〜と思います。

案をパクって申し訳ないですが・・・、自分がされて嬉しいことは、他の方にも回さないといけませんからね・・・早速、ネットショッピングします。

不幸の手紙は回しませんが、幸福のプレゼントは回さないとあかんです・・・w

そんなわけで・・・本日は、物件紹介と、幸福のプレゼントについて書かせていただきました。






本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください





2018年01月13日

2113)親から子へ 子から親へ・・・相続!

皆さん、こんにちは〜\(^o^)/

鯖缶ダイエットしてますか〜? 

私は、鯖缶ダイエットに、加えて・・・、自転車漕いでます。


IMG_1341


負荷をかけた自転車で・・・3分軽く漕いで、乳酸がでてきて足が痛くなってきたところで、30秒全力漕ぎ・・・、多いときは10セット、少ないときでも3セット・・・頑張っています。

鯖缶+自転車で・・・・体重、8kg減りました・・・w



さて、今日のブログです

不動産投資家のEさんから、今朝、電話がありました。

Eさん 『近藤社長・・・、昨晩、私の両親が死んだんです・・・的な・・・夢を見たんですよ。 悲しかったっすね〜・・・。』

 『えっ・・、夢・・・夢か〜・・・。 その言い方というか、区切り方、やめようよ。 マジで、ビビったじゃないですか〜。 お父様、お母様、お元気なんでしょ???』

Eさん 『まあね・・・。 でも、夢とはいっても悲しかったですね〜。 昔、俺が、親が死んだら、どうこうって言って、近藤社長に、めっちゃ叱られたじゃないですか〜。 その事を思い出しましてお電話をさせていただきました。』

 『Eさんも、大人になりましたね〜w 不動産投資を反対されて、連帯保証人にならなかったお父様とお母様に、テメーら死ね!でしたからね〜www  そりゃ〜、さすがに俺もキレますよ。  でも、そこで、俺が、キレて・・・、お前、親がいなきゃお前もいなんだろ?って、頭つかんで親に謝れって言ったことで・・・、お父様が感謝してくれた、あの物件を買えることになったんだよね〜w あれだけ反対していたのに・・・世の中、何が起こるか、わからんもんですねw』

Eさん 『なつかしいですね〜www  10年以上前の話ですが、昔の事のように思います。 近藤社長・・・、知っての通り、親は子に、何かを残そうとしますよね。 うちのおやもしかり・・・他の親でも同じだと思うのですが・・・自分の子が将来困らないように、何かを残そうとする。 子は、親に何を贈ってあげればいいのでしょうか? 散々、迷惑かけたので・・・、何か、贈ってやりたんですよ。

Eさんが、親に何かを贈りたいという言葉を聞いた時、少し目頭が熱くなりました。

私も、いつも同じ事を思っていて・・・これまでも、親が欲しいであろうものを見つけては、車、旅行、美味しいもの・・・、いろんな意味で贈ってきました。

車を買うたびに、旅行に行くたび、美味しいものを食べに行くたびに・・・、あと何回こうやって、親孝行できるのだろうと思いますし・・・、今、中小とは言っても一応企業の社長である私の事を、ず〜っと心配してくれていまして、この心配を取り覗いてあげたいので、頑張るんですけど・・・、頑張っても頑張っても、どんな成果を出しても、親は子・・・つまり、私を心配しています。

まあ、私の話は置いといて・・・・今回、親に死ねまで言っていたEくんの口から、親に贈りたいもの!という言葉が出た事が、めちゃくちゃ嬉しかったです。

 『まあ、子から親に贈れるものは、親よりも長生きすること、健康でいること・・・、少しでも一緒に時間を過ごしてあげることだと思うな。  俺も、できる限りの親孝行はしてきたつもりだけど・・・、やってもやっても、足りない気がするんですよね〜。 親が子に贈ることも、子が親に贈ることも同じなんだと思いますね〜w まあ、とりあえず、エクシブでも連れて行ってあげたら? 言ってくれたら、予約取りますよ。』

Eさん 『ん〜〜〜〜。 そういうものではないんですよね〜。 私も、最近は、親孝行しているつもりですが・・・、親の愛情には勝てないんですよ。 贈るものより、贈られるもののほうが多く感じていまして・・・、普通で考えると親のほうが先に死ぬわけじゃないですか・・・。 死ぬまでに、きっちり清算して、子から親への贈り物のほうが上回った状態を作りたいわけです。 どうしても、親の愛情には勝てないんですよね〜。』

 『あははははw わかるわかるw それ、めっちゃ分かりますよwww 俺も、そう思ってるけど・・・、それは、生涯、親の愛情には勝てないと思いますよ。  それが、親じゃないですか? Eさんの子が、大人になって、Eさんに親孝行してくれて・・・、でも、その子の親に対する愛情が、Eさんの子への愛情に勝てると思いますか???』

Eさん 『いやいや、うちの子は、親に感謝するなんてことは一生ないと思いますよ・・・。 仮に感謝して親孝行してくれても、親の愛情には勝てないでしょうね。 』

 『だから、Eさんのご両親も同じ気持ちなんですって・・・www 親に死ねとか言ってた時は、こいつは、親孝行することは一生ないと思っていたでしょうし・・・、ご両親も、子の親に対する愛情に、親が負けるとは思っていませんよ。 勝ち負けの問題とも考えていないでしょう。 親は、永久に愛情のチャンピオンで、子は、挑戦しても勝てないんですよw でも、俺は、親がいるうちは、挑戦し続けますけど・・・。 』

Eさん 『それ、かっこいいっすね〜w 俺も、ずっと親に挑戦します。 親の愛情を超える愛情で、親を参ったと言わせてみせます。 親から子へ相続もありますが・・・、子から親への相続というのもありかな〜と・・・。 もちろん、俺が死んで相続ではなく、あの世で親が幸せに暮らしていけるものを相続してあげるんです・・・。 意味わかんない事を言ってすみません。  近藤社長、今年も宜しくお願いします。  すみません、お忙しいところを電話しまして・・・。』

 『いえいえ・・・。 今日は、すごく気分良く仕事ができそうです。 親に死ねって言ってた奴から、親孝行の相談を受けたわけで・・・こんな、ほっこり感をいただけて、とても嬉しいというか、幸せをわけていただいた感じがします。 また、今年も、どうぞ宜しくお願いします。  Eさんが、欲しい物件(名駅、栄のオフィスビル)の件は、了承しております。年内には探しますので・・・、ご安心ください。』

そんなわけで・・・、10年以上前は、俺様は的なEくんの口から・・・、親を思う言葉が聞けて、なんか、とても心が温かくなりました。

Eさんは、とても賢い人で、一流大学を出て、社会に出られて・・・、それなりに苦労したんでしょうけど・・・、どちらかというと、出世街道をス〜〜〜っと来られた方なので、10年前、収益物件を購入しようとした際に、最初、親から反対されて大喧嘩をしまして、親に・・・、お前ら死んだら、俺の財産じゃね〜かなんてことを口走り、連帯保証人の欄に名前を書かせようとしたわけで、とんでもない奴だったのですが・・・。

その際に・・・・、私の考え方だと、親がいて子があり、Eくんも、親がが、お乳を飲ませてくれて、学校に行かせてくれて、大学も出してもらい、下宿代まで払ってもらい育ってきたわけだから、親にそういう言い方をしたらいけないということを、言って叱ったわけです。

もちろん、クライアントであり、購入していただくお客様なのですが・・・、そこは、私も我慢できなくて、私の考えを述べさせていただいたのですが・・・。

まあ、物件が、良かったので・・・・、理論上、Eさんの言ってることは正しかったのですが、親は、子供が何億も借金するとなれば、心配をするわけです。

あの当時、Eさんのお父様は言いました・・・。

『自分が保証人になるならないの前に、そんなことをしなくても、ご飯ぐらい食べられるだろう。 何故、何億円も借金するんだ? うちの資産だって、いずれは全部お前のものだ。 何をそんなに焦っている? 』

この言葉に、Eさんは、キレて死ねという言葉を発したわけですが・・・。

そこから、親子で口論になったわけで・・・、私という他人がいるところで、喧嘩を始めてしまったので、私としては・・・、状況的に、Eさんに、親があって自分があるんだと、私も怒り・・・・必死でその場をおさめたわけですが・・・・・。

まあ、喧嘩をやめさせるには、お二人が怒っている以上に私が怒るというのが一番てっとり払いですからね〜・・・、Eさんのお父さんが、とめてくれるくらい怒りました(笑)

その後・・・・、Eさんのお父様が、『近藤さんは、ご両親を大切に思っていらっしゃるんですね。 立派な息子さんを持たれて羨ましい・・・、(中略)  それに、なかなか人様の子供を、これだけ叱ってくれる人はいないです。 ありがとうございました。 今後とも息子と末長く付合ってやってください。』と言って、連帯保証人の書類に記名押印をしてくださったのです。

私は、なんか、猿芝居で印鑑をもらったみたいに思われるのが嫌だったので、『もう一回冷静になってから印鑑をいただきに上がります。 出直します。』と、言ったのですが・・・、お父様は、『私も沢山人を見てきましたから、近藤さんがどういう人かぐらい分かります。』と言って、物件の資料も見ないで、書類に印鑑を押してくれました。

物件も見ないで印鑑をおされても、それはそれで困るので、説明はさせていただきましたが・・・。

過去に、そんなことが、あったわけで・・・・・。

その後、その収益物件は順調に回り、Eさんは、他の収益物件を増やしていったわけですが・・・。


今回、その時のことを思い出しながら、親孝行したいという話を聞いたので・・・、少しウルっときてしまったのだと思います。

子から親に相続したいというと、逆縁の相続っぽくて、聞こえがわるいですが・・・、Eさんは、そういう意味の相続ではなく、とにかく親を喜ばせたい、生きていて良かったと思わせたい=子から親への相続・・・という表現をされたわけですが・・・。

子から親へは、相続ではなく・・・、贈与という言葉が適切だと思いますが・・・、Eさんの言いたいことを、相続とか、贈与とは、また少し違った意味合いなんですよね〜。

そんなわけで・・・私から、Eさんに、親孝行の5項目を、メールで送ってあげましたwww

/討茲蠢瓩死ぬな・・犯罪も犯すな・・・恥をかかすな!
Eさんが、いつも幸せで、笑顔でいること!
N梢討箸離灰潺絅縫院璽轡腑鵑鯀やす!
ぜ分の子供たちに、自分と嫁の両親を尊敬させ好きになるように許育する!
ノ梢討、いつまでも幸せにいられるように全力を尽くす!

親は子が幸せなのが一番の幸せなんだし、自分や孫や身内、その周りの人たちが幸せであることが嬉しいと思うので・・・、幸せな気持ちにしてあげること、幸せな気持ちのまま生涯を閉じることができるようにしてあげることが、子からできる最高の親孝行であり、Eさんの言葉に変えるなら、子から親への相続であると思います。

私も、若い頃、相当親不孝でしたし・・・別の意味でEさんも親不孝をしてきたと思うわけですが・・・、親不孝した奴ほど、年と経験を経た後に、超スーパー親孝行になるような気がします(笑)

まあ、私としては・・・、Eさんに失敗をさせてしまうと、Eさんの親孝行作戦の邪魔をしてしまうことになりますので、今後も、不動産のプロとして、しっかりとサポートさせていただこうと思っています。


さて、話は変わりますが・・・・。

動画アップしました〜〜〜〜 残念ながら、レクサスが主人公ですw

先日、レクサスLSのエンジン始動を、SNSでアップしたところ・・・、多くの方が興味を持ってくださいましたので・・・、動画を作り、YouTubeにアップしてみました。




フェアレディー240Zも、少し登場しますので、ぜひ、皆さん・・・ご覧いただき・・・、チャンネル登録をしていただきたく存じます。

皆さん、動画のほうが、いかがでしたか?

始めて、最初から最後まで、自分一人で作成したわけですが・・・、効果音とか、バックミュージックとかを選ぶのが、以外と難しく・・・、意味のわからん、ちぐはぐの動画に仕上がっていますw

今まで、動画を作る方々に、あ〜だ、こ〜だ・・・注文をつけてきましたが・・・、いかに難しいものなのか、大変よくわかりまして・・・・、今まで、動画や弊社のPVを作ってくれた人たちのご苦労に、敬意を表するとともに、わがままな注文をつけたり、私感で厳しい評価をしてきたことを深くお詫びいたします。
m(_ _)m

そんなわけで・・・、本日は、親から子へ 子から親へ相続!と、ユーチューブアップを書かせていただきました。

ブログランキングも1位と2位をうろうろしていますので、ぶっちぎり投票をお願いしますw





本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください



2018年01月11日

2112) 罰金と囲炉裏

弊社が、レクサス西営業所で車を車を購入させていただいた際に、お借りしていた代車で、大変申し訳ないのですが・・・弊社の仕事中に、いろいろあって駐禁をしてしまいました。


ここで、2種類の選択ができます。

〜られてくる納付書で違反金を払う。
警察署に出頭して青切符を切られて反則金を払う。



私は、レクサス西営業所の営業さんに、〜られてくる納付書で違反金を払う。というほうでお願いします。 違反金は、払いますと伝えましたが・・・、お断りされて、警察署に出頭して青切符を切られて反則金を払う。ように要請されました。

2018-01-08-15-36-14


皆さんは、これを見てどう思いますか?

レクサス西営業所(愛知トヨタ)の本社から、レクサス西営業所に送られて・・・その後、レクサス西から弊社に送られてきたものです。

えっ・・・選択肢が、ない・・・・!

横線を引かれて、選択の余地はありませんので・・・、出頭して青切符・・・・・・。

以前、他のディーラーさんは、違反金を持参してお詫びしたところ許していただきました。

この駐禁は、違反金を納付すれば処分は終了し、青切符は交付されていないので違反点数は加点されないのですが・・・、わざわざ、出頭するように要請をし、違反金の支払いを拒絶したのです。

まあ、違反は違反・・・、こちらが違反をしなければ、こういうことにはなりませんので、深く反省しておりますが・・・、なんとも杓子定規というか、困った時はお互い様はできない会社なんですね〜・・・、さすが天下のトヨタ関係&天下のレクサス・・・なんとなく、後味が悪い感じです。

今後は、もちろん、このようなことがないようにしますが・・・、私も、今後、レクサスの非は絶対に許しません。

困った時はお互い様という概念は捨てて・・・杓子定規な対応で、責任を追及します。

しかも、納車直前に、この話をされて・・・、納車直後に・・・『もう、出頭していただけましたか?』

BlogPaint


納車おめでとうございます〜・・・ はい、出頭してください・・・って感じで・・・。

まあ、こちらの非が原因ですので仕方ないですけど・・・レクサス西さん、残念な対応でした。


さて、気を取り直して・・・今日のブログです・・・。

昨日、岐阜県瑞浪市のジビエ料理の有名店、柳家へ、行ってきました。

以前、投資家のNさんに連れて行っていただいたことがありまして・・・・、今回、2回目です・・・。

それは、もう、めちゃくちゃ美味しかったのですが・・・、今回も、期待通り、めちゃくちゃ旨かったですね〜w


私は、ここで、ジビエが好きになったと言っても過言ではないと

今回は、岐阜の某企業の社長が予約を取ってくださり、経営者仲間8人で行ってきました。

2018-01-08-18-05-19


まずは、ヤマメ・・・、何とも言えない焼き加減で、麦焼酎で合わせて・・・、頭から、かぶりついて・・・、めちゃ旨かったです・・・。

2018-01-08-18-09-42


何なんでしょうかね〜・・・時間をかけてじっくり焼くからなのか、身がホクホクで、皮も旨いし・・・・、遠赤外線効果?なのか・・・、とにかく、囲炉裏で焼くと味が違うんですよね〜。

その後、カモ、鹿、猪等の、美味しいところを厳選して焼いてくださって・・・・。

2018-01-08-18-19-24


これまた、美味しく焼けるわけですが・・・。

そして、究極は・・・、ワインとジビエの相性がすごく良いことに、長年生きてきて、初めて気づきました。

2018-01-08-18-42-10


柳家さんに方が・・・、私が、ワイン好きだと話すと・・・。

『シャトー・ラトュールの2010年がありますし・・・、2005年もありますよ。」って、勧めてくださったので・・・・。

2010 2005 どちらも同じ値段で出させていただきます・・・との事だったのですが・・・。

いきなりラトュールだと、次に飲むものが困るので・・・私が・・・、もうちょっとコスパの良いのないですか〜?と言うと・・・、コスの良いのがありますよ〜wと、おっしゃったので・・・。

『じゃあ、最初はコスデス・トューネルで行きましょうw』ということで・・・コスで、ワインスタート!

二本目は、ご一緒した方々と相談して、2010年のラトュールにしました。

2005年ではなく、2010年を選ばれるあたりが、流石・・・皆さん、ワインの事、よく知ってらっしゃるんだな〜と思ったわけですが・・・・。

もしも、ラトュール2本行ったら、破産しなくてはいけなくなるので・・・・命拾いしました(笑)

2018-01-08-18-42-41


2010、2005、どちらも、美味しい年なんですけど・・・、2010年の方が好きだし、いやらしい言い方をするわけじゃないですが、原価も2010年のほうが、少し高いです。

しかし、こういう言い方をすると失礼かもしれませんが・・・、岐阜の山奥に、ラトュール2010が、置いてあるとは夢にも思いませんでしたし・・・、柳家の大将が、薦めてくれなかったら・・・、私が、シャトーラトュールを選択することはなかったので・・・、柳家の大将は只者ではないな〜と・・・思いました・・・素晴らしい選択w

ん・・・私だったら・・・どういう選択をしたか・・・。

近藤のジビエに合うワイン・・・、ワイン好きなら、2012年のロベール グロフィエ シャンベルタン・・・、もしくは、万人受けするなら、2005年のオーパスワン・・・あたりがいいかな〜と思います。

すみません・・・ワイン素人の意見です。

もちろん、今回の 2010シャトー・ラトュールも万人受けするワインだと思いますが、そこ来たか〜と、思わず・・・ニヤリとしてしまいました。

結果・・・ラトュールとジビエの、マリアージュって感じで、二人は、私の口の中で永遠の愛を語ってましたwww

そして、ジビエ各種、焼き物を食べた後は・・・・猪鍋・・・・。

2018-01-08-19-30-19


柳家さんの猪鍋は、猪独特のコクのある甘味だけをうまく出していて、臭みがまったくないかんじで、これまた超旨かったです。

何にしても、経営者仲間たちと、囲炉裏を囲んで、飲みながら・・・食べながら・・・話をするのは本当に楽しい・・・・w

レクサスの駐禁の件を話題に出して、ちょっと愚痴ってしまいましたが・・・、皆さん、なくさめてくださり・・・、Aさんから、近々、高岡のレクサス(トヨペット)を紹介してもらうことになり、次は、高岡のレクサスで買おうと思いますw

実は、アルファードは、トヨペットさんから買ったのですが、対応、サービス、気遣い等・・・、素晴らしいな〜と思っていたところだったし・・・そっちのレクサスは、LSラウンジもあるし、栄、錦からも近いのでありがたいです。

今回のメンバーの中に、レクサス高岡に顔の効く方がいらっしゃって・・・、まあ、冗談でしょうけど・・・、『よしっ、俺からも、駐禁貼られた場合に、出頭しろと言わないように言っておいてあげるw』と言ってくれまして・・・、私の愚痴を笑い話に変えてくれて・・・、いい飯、いい酒、いい人たちで楽しかったです。

魚や肉を焼きながら、酒を飲み話をしながら、焼けるのを待つ・・・・囲炉裏というのは、本当に良い物ですね〜。

そして・・・最後に・・・、ジビエと赤ワインは、シャトーブリアンと赤ワイン級に良い組み合わせで・・・、特に、じっくり時間をかけて柔らかく仕上げた鹿肉を食べた後に赤ワインを口にした時の感覚は、最高にワインを美味しく感じる至福の瞬間って感じでした。

今の時期、ジビエが、とても美味しいので、皆さんも、ジビエと赤ワインを試してみてください。

すみません・・・・不動産ブログということを忘れて、完全に、グルメブログになっていますねw

そんなわけで、本日は、罰金と囲炉裏というタイトルで書かせていただきました。



本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください



toshikazy at 02:57|PermalinkComments(21)││営業 経営 | 美食家k

2018年01月07日

2211) 相続の変化・・・相続放棄???

新年、2回目のブログですが・・・・。

その前に・・・先日・・・、名古屋出身のグラドル、森咲智美さんが、名古屋に帰ってきた際に、カラーブロックカフェ&オフィスに遊びに来てくれました。


2018-01


地元名古屋のOSU出身で、今は、全国区で活躍しています。

OSUの時と同じく、明るくて元気いっぱいでしたw

名古屋出身ということもありまして・・・、今後の益々のご活躍を祈念いたします。

また、名古屋に帰ってきた時には、いつでもカラーブロックカフェで、のんびりしてくださいw

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて・・・今日のブログです。


皆さんは、相続という言葉を聞いて、何を連想しますか???

相続といえば、親や配偶者の遺産が貰えると思う方が大半なのではないでしょうか。


それが、最近、そうでもないというか・・・、相続の相談の中に、相続放棄の相談が増えてきたんですよね〜。

まあ、これも、少子高齢化、人口減少が引き起こす、問題のひとつではないかと思う訳ですが・・・。


正月明けに、知人Aから、土地建物の査定の依頼がありました。

約200坪の既存宅地に昭和51年の木造住宅が建っています・・・でも、前面道路幅員が約2mしかなく、その土地に来る前の道路は、他の家の垣根が出っ張っているし、道路ギリギリまで塀を建てている家や、セットバックした部分に、ポールを建てている馬鹿がいて、軽自動車で、ギリギリ入れるような状態なんです。

もしも、この場所で、前面道路幅員が4m以上あって、50坪前後の完成宅地であれば、坪15万円ぐらいで売れるのですが、何分にも普通乗用車が入ってこれない状態なので・・・、査定は、買取不可、仲介査定坪3万円(600万円)とさせていただきました。

正直、この土地建物は、600万円でも、売れるか微妙ですが、あわよくば、売れるかな〜ぐらいの感じです。

そのあたりの事情を説明したところ・・・・。

Aさん 『そうですか〜・・・。 実は、この家の他に、農地がありまして・・・。 畑が、150坪、田んぼが、8筆、合計で1500坪ぐらいあるんですけど・・・。 これも、売れませんかね〜?』

 『住所地番分かりますか? 』

Aさん 『はい! これ、固定資産税の書類と・・・、名寄せ帳もあります。 これでいいですか?』

 『ん〜〜〜・・・・。 はい、大丈夫です。 ちょっと調べてみますね。』

住宅地図と、土地改良の図面を出してきて、地番を合わせてみたのですが・・・、畑を除く、田んぼは、全部、農振地域にあり、青地の農地で、売れないような土地でしたので、『売るのは、厳ししですね〜・・・。』と説明をさせていただきました。

すると。。。 Aさんは・・・。


Aさん 『こういうのって、相続放棄できるんですかね〜?』

 『できますけど・・・・。 その前に、相続放棄というのは、不動産だけ放棄するとか、この農地だけ放棄するとか、できないんですよ。 するなら、全部・・・。 しないなら、全部、相続することになります。 何が、言いたいのかというと、被相続人に、預金系・・・積立保険等、株、有価証券等は、どれくらいありますか? それも放棄しますか?って話です。』

Aさん 『実は、一昨年父が他界しまして、昨年から母も病院に入っておりまして・・・、預金は少しあります。 保険は解約しました。 その他の財産は、ほとんどありません。 私と弟で、病院代を払っているぐらいなので・・・・。』

 『なるほど・・・。 それでしたら、相続放棄もありですが・・・。 ご実家、その他の土地等に、未練はございませんか???』

Aさん 『全くないかと言われれば、私も弟も育った家なので・・・、実家がなくなるのは寂しいですが・・・。 現実問題、私も弟も、自分の家がありますので・・・。 今回、財産を整理しようと思って、相談にきたのですが、家も農地も、売れるかどうか分からないということですよね。 売れないなら、母が亡くなった時には、相続放棄をしたほうが良さそうですね。』

 『うむ〜・・・。 そこは、私が、こうしろ!とは言えないので・・・。 でも、私なら、相続放棄しますね。  でも、現状、お母様は生きておられるわけですから、しばらくは、売りに出しながら、様子をみるということで、どうでしょうか??? 例えば、家を600万円、農地は、坪1000円ぐらいで、売りに出してみて、売れたら儲け物、売れなければ、相続放棄ということで、どうでしょう???』

Aさん 『売れますかね〜???』

 『わかりません。 でも、まあ、家の方は、可能性はありますね。 農地は、相当厳しいと思います。 とりあえず、隣近所の農家の方々に聞いてみてもいいですし・・・、農業資格が欲しいという人も、ちょくちょくいるので、聞いてみることはできます。 でも、農業資格が欲しい人も、これだけ飛び地になっていると、どうなんでしょう? とりあえず、やってみましょうか???』

Aさん 『はい! 宜しくお願いします。売れたら、儲け物という感覚でいたほうがいいですね。 母は、どうかな〜・・・、寝たきりなので、そんなに長くはないと思いますが、こればかりは、分からないです。 1日でも長く生きてほしいと思いながらも、毎月の病院代の事を考えると、私の嫁も、弟の嫁も口には出しませんが、早く逝ってほしいと思っているのではないでしょうか。 私自身も、そう思う事もあります。』

 『うちは、両親が元気なので、1日でも長く生きてほしいとしか思いませんけど・・・・寝たきりとかになったら、そう思うんですかね〜? 今の私には、考えられませんが・・・。 親がいて、私がいるわけですから・・・。 でも、寝たきりとかになっちゃうと、私も、そう思うんですかね〜?』

Aさん 『社長さんは、ご両親がお元気なわけですし・・・金銭的にも余裕があるから、そう思わないのかもしれませんが・・・。 私も弟もサラリーマンですので、こんな状態なら、いっそのこと早く・・・と思ってしまうこともあります。 嫁にしてみたら、血のつながりもないわけですので、そういう思いは強いと思います。』

 『ん〜〜〜〜。 そういうものかもしれないですね・・・。 仕事柄、相続の相談をうけることが多いので、そういうケースは多々あるので、わかっているのですが・・・、私自身は認めなくない自分がいるという感じなんだと思います。  人を悪者みたいに言ってすみません。 そういうつもりで言ってるわけではないのですが・・・。』

Aさん 『はい、わかりますよ。 両親が元気な頃は、私も、今の社長さんと同じように思っていましたので・・・、今は、生まれ育った家を売りにきて、母が亡くなる準備をしているということなので・・・、人は、環境で変わるのかもしれませんね。 正月から、こんなご相談ですみません。』

 『いえいえ。 こちらこそ、なんかすみません。 今、私のできる精一杯の事は、この家と土地を売る事ですので・・・。 売れるとは言い切れませんが、精一杯頑張らせていただきます。』

そんなわけで・・・正月早々、重い話でしたが・・・・・・なんとか、相続放棄ではなく、売却という方向で行きたいと思い、どうやって売るかを、あれこれ考えて、私は、歯切れ悪く、ん〜〜〜、と何度も言いながらも、とにかくやれるだけやってみます。頑張ります!ということで、この話を終えました。

そんなわけで、この田舎の農地と家を売ることになったわけですが・・・。


その後、Aさんの弟さんから電話がありまして、ちょっと怒り気味で・・・。

弟さん 『社長さん・・・、兄から話を聞いたんだけど・・・、売れるか売れないか分からないってどういうこと??? 農地は、ともかく、実家は、家の建つ土地ですし、実際に周りには家が建っているので、売れるか分からないということはないんじゃないの? こっちは素人だからって、ちょっとひどくない?

私は、近隣の住宅地の相場の話をして・・・、前面道路の話をして・・・、『軽自動車しか入れない200坪の土地を購入する人がいますとは言えないので、売れたら儲け物ぐらいの感覚で・・・と言ったわけですが・・、ご納得いかないですか?』と、訪ねた・・・。

すると、弟さんは、自分も知り合いの不動産屋がいるから、聞いてみると言って、不動産屋の知人の名前を、2〜3人並べて・・・、『兄が、おたくにも頼んだみたいだから、売りに出すのはいいけど、俺は俺で、知り合いの不動産屋に頼むからな。』と言い放って、また、知り合いの不動産屋の話をした。

 『そうですか・・・。 じゃあ、この話は、なかった事でお願いします。 でも、おそらく、他所の不動産屋さんは受けないと思いますよ。 もしも罷り間違って受けたとしても売れないんじゃないかな〜。  すみません。 余計な事ですね。 とりあえず、お兄様に、今の話をお伝えください。 弟さんの知り合いの不動産屋さんが、頑張ることになったので、今回の話は、なかったということで辞退したとお伝えください・・・。』

弟さん 『そういう話じゃないだろう 誰も、おたくに売るなっていってないだろう 兄貴が頼んだんだから、おたくは、おたくで売ればいいじゃないか。 俺は俺で、知り合いに頼むと言ってるだけだろ〜

 『いえいえ・・・。 私は、売れるか売れないか・・・。 絶対に売れると言えないので、お兄様には、そのままお伝えしました。 それを、弟さんが電話をしてきて、家の建つ土地が売れないわけないだろ〜? 俺の知り合いの不動産屋に聞いてみて、そちらに頼むと言われたら・・・。 気分悪いんで、やめた〜ってなりますよね〜? 俺は、ご両親の話も聞いて・・・、売れるか売れないか分からんけど、なんとか売ろう! 真剣にやろうって思ってたんですけど・・・、やる気が失せたので、辞退させていただくのです。』

弟さん 『俺の知り合いだって、真剣に売るわ・・・ こっちは手数料払うわけだしな。 おたくは、自分のところが独占しないと仕事しないのか? 自分のところ以外を頼んだら断るのか? 仕事を選ぶのか???』

 『いえいえ。 仕事を選んでいるのではなく・・・、人を選んでいるんですよ。 私、もしくは、弊社の社員が、必死で買主を見つけてきたとしても、電話してきて、あれこれ茶々入れる人がいると思うので・・・。 不動産の売却の依頼を受けたら・・・、受けた以上は全力で取り組みます。 でも、人を選ばないと、買主さんに迷惑をかけてしまうこともあるので・・・、うちは辞退したので、10社でも、20社でも、他所に頼んでください。』

弟さん 『なんだ、その言い方は? 人を選ぶって、お前は、何様のつもりだ?

 『私の言葉が、不適切だと感じた、もしくは不快だったのであれば、お詫び申し上げます。 でも、今時の相続は、プラスの相続だけではなく、プラスにならない相続もありますので、そこのところをご認識いただき・・・。 ん〜、これ、先ほど説明しましたよね・・・。 まあ、とりあえず、辞退させていただくということで、お願いします。 』

新年早々、いきなり電話をかけてこられて、こんな会話で・・・、あまり気分の良い感じではなかったですが・・・

まあ、世の中、いろんな人がいますので、これはこれで、終わりにして・・・・。

最近の相続相談は・・・、相続放棄になりそうな案件が、増えてきました。

前にも書きましたが、人口が減るということは、人は都市部に集まり田舎は過疎化していく傾向にあるので、田舎ほど、過疎化が進んでいますし・・・、過疎化していく地域が増えていますので・・・、仕方がないことなのですが、このまま人口減少が進み過疎化していく地域が増えると、相続放棄も増えていくわけで、これは、人口減少が生み出す問題のひとつであるわけです。

実は、今日のブログは、ここからが重要なのだが・・・・。

相続放棄というのは、部分的に相続するとかできないわけで、全部相続するか、全部相続放棄するか・・・・だと、冒頭に書かせていただいたわけですが・・・、もしも、相続放棄した場合、不動産は、誰のものになり、どうなるのか・・・、原則は、国庫に帰属するということで、覚えた人も少なくないと思います。

まあ、こんな事は、何らか民法をかじった人なら知っていることなのですが・・・、宅建民法でもでてきますし・・・。

でも、不動産屋なら、ほとんどの人は知っていると思いますが、一応、素人さん向けのブログなので書きますが・・・。

無主物の帰属)民法第239条  
所有者のない動産は、所有の意思をもって占有することによって、その所有権を取得する。
2  所有者のない不動産は、国庫に帰属する。


国庫に帰属するのって、簡単に国庫のものになり、相続人の手から簡単に手離れするのか、できるのかというと・・・、自動的に国庫に帰属されるわけではありませんし、簡単にはできないんですよね〜。

これを、書き始めると長くなるので、詳しくは書きませんが・・・。

仮に、相続放棄のできたとして・・・、それでも、基本的に、相続管理の管理責任は相続放棄後も免れることのできないのです。

じゃあ、どうしたらいいのか・・・・。

相続放棄の申し立てと相続財産管理人の選任の申し立てをして、本当の意味で所有権が完全に放棄をされるのです。

しかし、これも、費用の面で、実際に、相続財産管理人の選任の申し立てはしない場合が多いです。

あかん・・・長くなりそうだ・・・w

とにかく、相続放棄は、そんな簡単にはできないということです。


人口減少、空家問題・・・、その先、最終的には、相続放棄問題に発展していくケースが増えてくるわけで・・・もう数年、すると、相続放棄についての問題が、マスコミ等で、大きく取りあげられて、大きな問題に発展していくことでしょう。

相続放棄しても、簡単に他人様のものにはなりませんし、国庫に自動的に帰属されると思ったら大きなな違いで・・・、不動産を含む完全なる相続放棄は、以外と、難しいのです。


そんなわけで・・・本日は、これから増える深刻な問題として・・・相続の変化・・・相続放棄???というテーマで書かせていただきました。



本日も、読者の皆様に、ブログランキングの投票クリックをお願いして失礼いたします

もしよろしければ・・・、インスタグラムと、ツイッターでフォローしていただけると嬉しいです。

インスタグラム   ツイッター  フェイスブック

ブログランキング人気投票


人気ブログランキングへ

今日は何位かな???  

人気ブログランキングは↑こちらをクリック






c-banner


不動産の相談は、何でもお気軽にお問い合わせください